リードクライミングに必要な道具、あると便利な道具。

リードクライミングに必要な道具、あると便利な道具。クライミングギア

リードクライミング。

高い壁を、美しく、ときに激しく登ります。

ボルダリングをたしなむ方にとって、次にやってみたいクライミングスタイルのひとつではないでしょうか?

本記事では、

  • 「リードクライミングを始めたい!」
  • 「けど、なにから揃えればいいか分からなくて困ってる…。」
  • 「必要な道具一覧と、おすすめ製品があれば知りたい!」

という方に向けて、リードクライミングに必要な道具や、あると便利な道具を紹介していきます。

この記事を書く私はリードクライミング歴5年以上の愛好家。

今までいろいろなジムや岩場でリードクライミングを楽しんできました。

その経験から本記事を書いていきます。


スポンサーリンク

はじめに|本記事におけるリードクライミングの定義

リードクライミングと言っても、その形態はさまざまです。

アイスクライミングにもリードの要素があります。

そこで、本記事では「リードクライミング」を、

シングルピッチのスポーツクライミング

と定義します。

※ただし、クラック・クライミングは含まないものとします。

リードクライミングをやる場所

クライミングジム

リードクライミング ジム イメージ画像

リードクライミングをやる場所としてイメージしやすいのが、リード壁のあるクライミングジムです。

道具のレンタルができたり、講習が受けられたりと、リードデビューにピッタリの環境が整っています。

アキラ
アキラ

私もクライミングジムでリードを始めました!

外岩

城ヶ崎シーサイド 外観

リードクライミングは岩場でも楽しめます。

岩壁をガシッと登る喜びはクライマーしか味わえません。

ただ、外岩で自立してリードクライミングをやるには、ある程度の知識も必要です。

外岩講習会に参加したり、先輩クライマーに教えてもらったりして、少しずつ覚えていきましょう。

アキラ
アキラ

外岩技術の勉強には「イラスト・クライミング」がおすすめ!

【イラスト・クライミング】一家に一冊。ロープクライミングを体系的に学べる技術書
「ロープクライミングの技術を学びたい」「将来的にはマルチピッチにもチャレンジしたい」「外岩でのリードクライミングって、何をどうするの?」こんな方におすすめの技術書があります。イラスト・クライミングです。この本を読めば、リードからマルチ、クラックまで、ロープをもちいたクライミング技術を体系的に学べます。本記事では、そんなイラスト・クライミングの魅力を掻い摘んで紹介します。

リードクライミングの道具|一覧と購入優先順位

これから紹介する道具を一覧でまとめました。

筆者なりに考えた購入優先順位もつけています。

道具名をタップするとその項目にジャンプできるので、よかったらご活用ください。

購入優先順位  道具名(タップでジャンプ)
高い  クライミングシューズ
高い  ハーネス
高い  ビレイデバイス&安全環付きカラビナ
高い  チョークバッグ
高い  ロープ
高い  ビレイグローブ
中くらい  クイックドロー
やや高い  セルフビレイ用クイックドロー1本
中くらい  ロープバッグ
中くらい  ブラシ
やや低い  各種カラビナ&スリング
中くらい  ヘルメット
やや高い  ザック(リュック)
やや低い  トポ
やや低い  アプローチシューズ
中くらい  レジャーシート
中くらい  雑巾
低い  オーキー
低い  ギアスリング
低い  ビレイグラス

リードクライミングで必要な道具|基本編

本項目では、【リードクライミングで必要な道具「基本編」】を書いていきます。

対象となるフィールドはクライミングジムと外岩です。

まずはここから揃えていきましょう。

クライミングシューズ

スポルティバ ミウラ サムネイル

クライミングといえば「クライミングシューズ」です。

リードクライミングに限らず、クライミングの必需品ですね。

ハーネス

リードクライミングで必要な道具 ハーネス1

次に紹介するのが「ハーネス」です。

ロープを結び、安全を確保するのに使います。

リードクライミング ハーネス ペツル アジャマ

私はペツル社の「アジャマ」という製品を使っています。

履き心地とぶら下がった感じ良く、お気に入り。

初めてハーネスを購入するという方は、ひとまず「アジャマ」から試着してみるのがおすすめです。

アキラ
アキラ

身長178cm/体重67kgの私はSサイズを使っています!

筆者のクライミングハーネス遍歴とおすすめのハーネス3選は別記事にまとめました。

サイズについても詳しく記載したので、ハーネス選びの参考になるかと思います。

よかったら読んでみてくださいね。

おすすめのスポーツクライミング用ハーネス3選と、選び方に関する所感
リードクライミングを始めるにはハーネスが必要です。ただ、一口にハーネスといってもさまざまな種類があります。あまりにもいろいろありすぎて、「どれから試せばいいの!?」とお困りではありませんか?本記事では、これからリードクライミングを始めるという初心者さんに向けて、おすすめのスポーツクライミング用ハーネスと、選び方に関する筆者なりの指針について書いていきます。

ビレイデバイス&安全環付きカラビナ

リードクライミングに必要な道具 ビレイデバイスとHMS型安全環付きカラビナ

リードクライミングは2人1組で楽しむ遊びです。

  • 登る人を「クライマー」
  • ロープを握り、クライマーの安全を確保する人を「ビレイヤー」

といいます。

「ビレイデバイス」と「安全環付きカラビナ」は、あなたがビレイヤーの役割を担うときに使う道具です。

ビレイデバイスについて

ペツル ルベルソ 5 外観2

初心者さんには上のようなバケツ型のビレイデバイスがおすすめです。

なぜなら、構造がシンプルで操作方法がわかりやすいから

バケツ型のビレイデバイスでビレイの基本を覚えましょう。

リードクライミングに必要な道具 おすすめのビレイデバイス ペツル ルベルソ

筆者はペツル社の「ルベルソ」というビレイデバイスを使っています。

これまで3つのビレイデバイスを使ってきたのですが、結論、「ルベルソ」が最強です。

初心者さんから経験者さんまで広くおすすめできます。

ロープの繰り出しがスムーズで、軽く、多機能。

マルチピッチというクライミングスタイルにも対応可能です。

  • マルチピッチに少しでも興味がある
  • 沢登りなどの登山的なクライミングに興味がある
  • 今後さらにいろいろなクライミングに挑戦したい

という方は、絶対に「ルベルソ」を選んだほうがいいです。

私は「最初からルベルソを買っておけばよかった…」と、少し後悔しています。

「ルベルソ」のレビュー記事も書いています。

初期費用を抑えたい方におすすめなビレイデバイスもあわせてまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【ペツル ルベルソ レビュー】ビレイデバイスの完成形!これ買っときゃ間違いない。
本記事ではペツル社が製造/販売しているビレイデバイス、「ルベルソ」の紹介とレビューをしています。ロープの繰り出しがスムーズで、軽く、多機能。使ってみたところ、リードクライミング初心者さんから経験者まで、広くおすすめできるビレイデバイスでした。詳しくは記事内で解説しますね。

安全環付きカラビナについて

リードクライミングに必要な道具 HMS型安全感付きカラビナ

ビレイデバイスとセットで使うのが「安全環付きカラビナ」です。

カラビナにはD型・変形D型・オーバル型といったいろいろな種類があるのですが、ビレイデバイスとセットで使う場合はHMS型の安全環付きカラビナを選びましょう。

アキラ
アキラ

HMS型カラビナにはボディに”H”と刻印されています。

カンプ社 アトムビレイロック

筆者はペツル社の「アタッシュ」という製品を使っています。

追記:「アトムビレイロック」という、新しいHMS(洋ナシ)型の安全環付きカラビナに変えました。

個人的には、ほぼ完璧なビレイ用安全環付きカラビナだと思っています。

アトムビレイロックの特徴は次のとおり。

  • スクリュータイプのHMS型安全環付きカラビナ
  • 少し大きめだが、手にフィットする持ち心地
  • ノーズがなめらかで引っかかりにくい
  • カラーがクールでカッコイイ
  • ロクスノ095号で紹介された
  • カラビナを正しい位置にキープする反転防止機構を搭載
  • 安全環の締め忘れに気づけるセーフティマークつき
  • ただ、セーフティマークがペツル社のようにより明示的だとさらに良かった

なめらかなノーズ、セーフティマーク、反転防止機構、サイズ感、デザイン、どれを取ってもよくできています。

カンプ アトムビレイロック セーフティマーク ペツル社との比較

一点だけ欲を言うと、右のカラビナ(ペツル社のアタッシュ)のように、セーフティマークがより明示的だったらさらによかったと感じました。

以上がアトムビレイロックの少しだけ惜しいポイントです。

とはいえ、他のデザインや機能が素晴らしいので、大きなマイナスにはなりません。

アトムビレイロックは、初心者さんから経験者さんまで強くおすすめできるビレイ用安全環付きカラビナです。

ビレイ用安全環付きカラビナ購入時のチェックポイントと、おすすめ製品3選。
リードクライミングをやるにはビレイ用の安全環付きカラビナが必要です。本記事では、これからリードクライミングをはじめるという初心者さんに向けて、ビレイ用安全環付きカラビナ購入時の3つのチェックポイントと、おすすめのビレイ用安全環付きカラビナ3選を解説します。

腰下げ型チョークバッグ

ノースフェイス チョークバッグプロ 外観

リードクライミングでは「腰下げ型のチョークバッグ」を使います。

これは好みで選べばOKです。

お気に入りのチョークバッグを下げてクライミングを楽しみましょう。

ロープ

リードクライミングで必要な道具 シングルロープ

「ロープ」も必需品です。

ジムによってはレンタルできます。

最初のうちは仲間が貸してくれたりもしますが、毎回借りっぱなしはNGです。

アキラ
アキラ

ロープは消耗しやすい道具なので早めに揃えたいですね。

ロープの基礎知識

ロープに関する基礎知識については、YAMAHACKさんがまとめてくださっています。

ロープの性能について

ハイエンドなロープには、撥水加工やキンク(ねじれ)低減加工が施されているモノもあります。

しかし、

シングルピッチのリードクライミングなら、シンプルな性能のロープでいいかな

というのが個人的な意見です。

私のロープも必要最低限のスペックしかありませんが、シングルピッチにおいて特に困ったことはありません。

アキラ
アキラ

雨が降ったら撤退しますし…。

一人のユーザーの声として参考になれば幸いです。

ロープの長さについて

リードクライミングで必要な道具 ロープの長さについて

50mと30mを所有

けっこう悩むのが、最初に購入するロープの長さ。

これにも正解はありませんが、私としては、

  • ジム中心の方:汎用性の高い ”50m”
  • 外岩志向の方:ロングルートに対応できる ”60m”

をそれぞれおすすめします。

ロープ径は9.7〜10mmが安定です。

9mmくらいのロープも軽くて良いのですが、細いため私は心理的に不安を感じます。

なので、ロープ径は9.7〜10mmが安定です。

ビレイグローブ

ビレイ時に手を保護するために使うのが「ビレイグローブ」です。

私は、「M-PACT」というサバイバルゲーム用の製品をビレイグローブとしても併用しています。

着けない人もいますが、ビレイデバイスに指が巻き込まれたりすると痛いし危険なので、着用を推奨します。

ロープをさばくのも楽になるし、寒いときは防寒にもなるので思ったより便利ですよ。

以上で、「リードクライミングで必要な道具|基本編」をおわります。


スポンサーリンク

リードクライミングに必要な道具|外岩編

フィールドを”外”に移すと、必要となる道具は増えていきます。

ハードルは高いですが外岩は最高なので、チャンスがあればぜひ飛び込んでみてほしいです。

ここからは【リードクライミングに必要な道具「外岩編」】を書いていきます。

クイックドロー

外岩でのリードクライミングに必要な道具 クイックドロー

最初に紹介するのが「クイックドロー」です。

外では自分たちで持参し、セットして登ります。

ルートによって必要となる本数はさまざまです。

とりあえず、8〜10本程度を目安に揃えていけば良いかと。

足りない分はパーティで補いつつ、外岩を楽しみましょう。

クイックドローの選び方/おすすめ製品は次の記事にまとめました。

本記事では、特におすすめなクイックドローを2つ紹介します。

ホットフォージクイックドロー

最初に紹介するのは、ブラックダイヤモンド社の「ホットフォージクイックドロー」です。

リーズナブルながらも優れたスペックを有している、コスパの高いパックになります。

アキラ
アキラ

迷ったらコレ!

特徴
  • カラビナの先端がスリム
  • カラビナ形状が滑らか
  • スリングが太く、掴みやすい
  • 長さのラインナップ:2種類
  • リーズナブル

スピリット エクスプレス

次に紹介するのは、ペツル社の「スピリット エクスプレス」です。

野口啓代さんや安間佐千さんも使っている製品になります。

アキラ
アキラ

予算に余裕があるならコレ!

  • クリップしやすい
  • スリングが掴みやすい
  • 長さのラインナップが豊富

といった、扱いやすいクイックドローの特徴をすべて備えています。

価格は高いですが、それだけの価値があるクイックドローです。

特徴
  • カラビナの先端がスリム
  • カラビナ形状が滑らか
  • スリングがとても掴みやすい
  • 長さのラインナップ:3種類
  • 価格は少々お高め

別記事に使用感をまとめたので、よかったらチェックしてみてくださいね。

セルフビレイ用のクイックドロー1本

外に限らず、ジムでのリードクライミングにおいても「クイックドロー」が1本あると良いです。

リードクライミングに必要な道具 クイックドロー1本 使用イメージ

上の写真のような感じで、レストしたり作業したりするときに使います。

これをセルフビレイといいます。

なにかトラブルがあった際の安全確保手段にもなるので、ハーネスに1本ぶら下げておくと安心です。

セルフビレイに使うクイックドローは、16cmくらいの少し長めのモノが扱いやすいですよ。

ロープバッグ

ロープを地面に直置きするのは汚れるし痛むのでNGです。

なので、レジャーシート等を引いてあげる必要があります。

ロープバッグ」を使えば、使用から収納までがワンストップで済むので便利です。

リードクライミングであると便利な道具 IKEAの袋

筆者は「IKEAのフラクタ キャリーバッグ L」を活用しています。

アキラ
アキラ

軽くて安いのでおすすめです!

リードクライミングであると便利な道具 カモシカスポーツのロープバッグ

ロープの収納には、「カモシカスポーツオリジナルのロープケース」を使っています。

これはもしかしたら廃番になってるかもしれません。

ブラシ

FAZAブラシ ラ・ランブラ 外観

登ったあとの清掃に、「ブラシ」

馴染み深いアイテムだと思うので、説明は省略させていただきますね。

各種カラビナ&スリング

外岩でのリードクライミングに必要な道具 各種スリングとカラビナ類

次に必要となるのが「各種カラビナとスリング」です。

以下の用途で使用します。

  • 各種カラビナ:支点構築や、細かい道具をハーネスにぶら下げるため。
  • スリング:支点構築や、危険箇所での安全確保のため。

主にはトップロープ支点の構築に使います。

なにがどれだけ必要かを書き出すとキリがないので、本記事では省略させていただきます。

すみませんが、同行する先輩クライマーに教えてもらってください。

ビレイグローブ等はハーネスに下げると便利

ビレイグローブやブラシはハーネスにぶら下げておくと便利だったりします。

ヘルメット

外岩でのリードクライミングに必要な道具として、「ヘルメット」も挙げられます。

外では落石があったり、インドアよりもフォールのリスクが高かったりするので、被ったほうが安全です。

ウェアにあわせやすいよう、白やグレー系のカラーを選ぶのを個人的にはおすすめします。

ザック(リュック)

リードクライミングで必要な道具 ザック

クライミングギア運搬のためにも「ザック(リュック)」は必須です。

私は約40リットルのモノを使っているのですが、「もっと大きいサイズにすればよかった…」と、後悔しています。

アキラ
アキラ

外岩装備を入れるとスグ満杯になっちゃうんですよね…。

今はなんとかなっていますが、クライミングギアが増えたら確実に詰みます。

なので、ザックは50〜60リットルのモノがおすすめです。

※インドアの場合は30〜40リットルのザックで大丈夫です。

トポ

外岩でのリードクライミングに必要な道具 トポ

アプローチやルートを調べるのには「トポ」が要ります。

パーティで1冊あればOKなので、購入優先度は低めかと。

けっこう嵩張かさばるし、雨に濡れるとシワシワになるので、「電子書籍バージョンもアリかな」と最近は思います。

アプローチシューズ

アークテリクスのアプローチシューズ、コンシールFL2 GORE-TEX 外観

岩場までの道のりのことをアプローチといいます。

林道のような”やさしい道”ならいいのですが、落ちたら死んでしまうような”ヤバい道”を歩くときは専用の靴があると安心です。

アプローチ専用の靴、それが「アプローチシューズ」です。

ぶっちゃけトレッキングシューズ等でも代用できます。

が、前述したとおり、アプローチが危ない岩場(例:城ヶ崎シーサイド・ロック)に行く場合はあったほうがいいです。

私は必要性を感じたので購入しました。

以上、「リードクライミングで必要な道具|外岩編」でした。

実際にはヘッドライトや救急セット等も持っていきますが、記事が長くなるため割愛しました。

外岩の持ち物については「外岩の持ち物、ボルダリング編!初心者さんに向けてわかりやすく解説」という記事でも触れているので、よかったらチェックしてみてください。

リードクライミングであると便利な道具

ここからは、【リードクライミングで「あると便利な道具」】について書いていきます。

レジャーシート

リードクライミングであると便利な道具 レジャーシート

外岩で「レジャーシート」は何枚あっても困りません。

荷物やロープ置き場になって便利です。

雑巾

リードクライミングであると便利な道具 雑巾

「雑巾」はクライミングシューズのソールを拭くのに使います。

オーキー

リードクライミングであると便利な道具 オーキー

リードクライミングで落下すると、ロープの結び目がキツく締まり、解きづらくなってしまうことがあります。

オーキー」は、そんなストレスを解消してくれるアイテムです。

ロープの結び目に差し込んでおけばロープの締まりすぎを予防できます。

ギアスリング

ギアスリング」は、登攀時にたくさんのギアを運搬するための道具です。

クラック・クライミングやマルチピッチ向けの道具なのですが、シングルピッチのリードクライミングにおいてもけっこう重宝します。

リードクライミングであると便利な道具 ギアスリング 使用イメージ

このようにクライミングギアをまとめておけば岩場での移動が楽です。

荷物を置いたあと、すぐにルートへ向かえます。

ただ、ギアをまとめるだけなら普通のスリングでも十分なので、ぶっちゃけ無くてもいいアイテムです。

ビレイグラス

ビレイヤーはクライマーから目を離してはいけません。

しかし、上を見続けていると首が痛くなります。

ビレイグラス」は、そんな首の痛みを軽減してくれるアイテムです。

メトリウス アップショットビレイグラス レビュー アイキャッチ

メトリウス社のアップショットビレイグラス

プリズムの反射により、前を向いていても上部を確認できるという仕組みです。

リードクライミングであると便利な道具 ビレイグラス 着用した画像

かけてみるとこんな感じ。

メガネをしていても使えるという、メガネクライマーにも優しい設計です。

以上で「リードクライミングであると便利な道具」の紹介をおわります。


スポンサーリンク

リードクライミングで必要な道具/あると便利な道具 まとめ

リードクライミングで必要な道具/あると便利な道具 まとめ

購入優先順位  道具名(タップでジャンプ)
高い  クライミングシューズ
高い  ハーネス
高い  ビレイデバイス&安全環付きカラビナ
高い  チョークバッグ
高い  ロープ
高い  ビレイグローブ
中くらい  クイックドロー
やや高い  セルフビレイ用クイックドロー1本
中くらい  ロープバッグ
中くらい  ブラシ
やや低い  各種カラビナ&スリング
中くらい  ヘルメット
やや高い  ザック(リュック)
やや低い  トポ
やや低い  アプローチシューズ
中くらい  レジャーシート
中くらい  雑巾
低い  オーキー
低い  ギアスリング
低い  ビレイグラス

本記事は「リードクライミングに必要な道具、あると便利な道具。」について書きました。

リードクライミングには、ボルダリングとは違った魅力があります。

終了点から見える景色は最高です。

世界が広がる遊びなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

タイトルとURLをコピーしました