【レビュー】プロクライマー御用達!スピリット エクスプレスは最強のクイックドローだ!

【レビュー】プロクライマー御用達!スピリット エクスプレスは最強のクイックドローだ! アイキャッチクイックドロー
こんな人におすすめの記事
  • スピリット エクスプレスの使用感を知りたい
  • おすすめのクイックドローを知りたい
  • スポーツクライミングに適したクイックドローを知りたい

どうも、クライミング愛好家のアキラです。

リードクライミングは5年以上やってます。

本記事では、ペツル社が販売しているクイックドロー、「スピリット エクスプレス」の紹介とレビューをしていきます。

プロクライマーの野口啓代さんと、安間佐千さんも使用している逸品です。

大まかにですが「スピリット エクスプレス」には次の特徴があります。

特徴
  • クリップしやすい
  • カラビナの形状が使いやすい
  • スリングを掴みやすい
  • スリングがねじれにくい
  • 長さが豊富(3種類)

価格は高いですが、その特徴から、スポーツルートのリードクライミングを志向する人に強くおすすめできるクイックドローです。

本記事では、そんなスピリット エクスプレスの魅了を写真多めで解説していきます。

※記事内の価格情報は2022年2月時点のものになります。


スポンサーリンク

ペツル スピリット エクスプレスの製品情報

スピリット エクスプレスの製品情報
長さのラインナップ11cm / 17cm / 25cm
1本あたりの重さ約93g(11cm) / 約100g(17cm) / 約103g(25cm)
1本あたりの価格約3,960円(11cm/17cm) / 約4,240円(25cm/自作)
特徴
  • 長さのラインナップが豊富
  • 25cmは自作する必要アリ
  • クリップしやすい
  • スリングがとても掴みやすい
  • プロクライマーも使ってる

スピリット エクスプレス」の製品情報(抜粋版)は以上のとおりです。

次の項目では、外観や特徴、使用感などについて書いていきます。

ペツル スピリット エクスプレスの外観、特徴、レビュー

ペツル スピリット エクスプレス 17cm 外観

17cmモデル

スピリット エクスプレス」はペツル社が販売しているクイックドローです。

「スピリット」はカラビナの名前、「エクスプレス」はスリングの名前を指しています。

カラビナ(スピリット)について

ペツル スピリット ストレートゲート 外観

支点へクリップする側のカラビナには、「スピリット(ストレートゲート)」が使われています。

ゲートには溝が切ってあり、指掛かり良好。

開けやすい構造のストレートゲートカラビナです。

ペツル スピリット ベントゲート 外観

ロープをクリップする側は、「スピリット(ベントゲート)」というカラビナです。

ベント(bent)とは”曲がった、湾曲した”という意味。

その名のとおりゲートが湾曲してます。

「クリップのやりやすさ」は、リードクライマーにとって重要な要素。

ジムや岩場で複数のクイックドローを使ってきた私ですが、スピリット エクスプレスのクリッピング性能はかなり優秀だと感じてます。

その理由はスピリット(ベントゲート)にあります。

ペツル スピリット ベント フラットなゲート

スピリット(ベントゲート)のゲート側面はフラットになっており、ロープとの設置面積を多く取れます。

これにより、ロープが安定し、スムーズにクリップできるという仕組みです。

カラビナのサイズ感やゲート開口幅も絶妙で、総じて、とてもクリップしやすいクイックドローだと感じました。

他にもおすすめポイントがありますが、私は「スピリット エクスプレス」のクリップしやすいところがもっとも気に入ってます。

アキラ
アキラ

クリッピング性能が神!

一方で、「バネが強めでクリップしにくい」という意見もあります。

他のカラビナに比べると、ゲートのバネはたしかに強めです。

人によってはクリップしにくいと感じるかもしれませんので、その点はご留意ください。

スピリットの形状に関する特徴

ペツル スピリット ベント ストレート

「スピリット」の形状に関する特徴を紹介していきます。

先に一覧で挙げると以下のとおり。

スピリットの特徴
  • ノーズがスリム
  • 段差を廃したキーロックシステムを採用
アキラ
アキラ

ひとつずつ解説していきます。

ペツル スピリット エクスプレス スリムなノーズ

まず、ノーズがスリムです。

これにより、ノーズが太いカラビナではクリップできないような厄介な支点にもクリップできます。

厄介な支点ってなにかと言うと、

  • 穴の小さいハーケン
  • 岩の凹部にある支点
  • 鎖の輪っか

といったモノ達です。

ノーズがスリムなスピリットなら、いろんな種類の支点にクリップできます。

ペツル スピリット エクスプレス キーロックシステム①

「スピリット」は段差のない構造であることもイチオシポイントです。

段差のないカラビナのことを”キーロックシステムが採用されたカラビナ”といいます。

上の写真は、段差のあるカラビナの例。

カラビナに段差があると、ロープや支点に引っかかってしまいます。

大したトラブルではありませんが、引っかかるとけっこうイラッとするので、私は段差があるカラビナがあまり好きではありません。

アキラ
アキラ

キーロックシステムが採用されたカラビナを好んで使ってます。

ペツル スピリット エクスプレス キーロックシステム②

「スピリット」にはキーロックシステムが採用されているため、滑らかです。

引っかかりによるストレスを感じたことはありません。

スピリットの特徴をまとめると以下のとおりです。

スピリットの特徴
  • ノーズがスリム
  • キーロックシステムを採用
  • ストレートゲートには溝が切ってある
  • ベントゲートの側面がフラット

以上で「スピリット」についての説明をおわります。

次はスリングの「エクスプレス」について説明していきます。

スリング(エクスプレス)について

ペツル エクスプレス スリング 外観

スリングの名称は「エクスプレス」といいます。

その特徴は次のとおり。

エクスプレスの特徴
  • 太く、掴みやすい
  • ねじれにくい
  • 岩の形状に沿ってくれる
アキラ
アキラ

ひとつずつ解説していきますね。

ペツル スピリット エクスプレス 掴みやすい

まず、エクスプレスはとても掴みやすいので、スリングを握ってクリップしたり、セルフビレイをとるときに便利です。

スリングを握ってクリップするようなときって、結構ギリギリな状態なことが多いので助かります。

クイックドローを買うときはスリングが掴みやすいものを選ぶと良いですよ。

ねじれにくいことに関する補足

捻じれやすいクイックドローの例②

こちらは別のクイックドロー。

写真からわかるように、状況によっては、クイックドローがねじれてしまうなんてことも起こり得ます。

捻じれやすいクイックドローの例①

極端な場合、こうなります。

この状態で落ちると、クイックドローからロープが外れる可能性が高く、とても危険です。

ペツル スピリット エクスプレス 捻じれにくい

スピリット エクスプレス」のスリングはねじれづらく、ロープを正しい位置に保持してくれます。

出っ張ってる岩にも沿ってくれるため、ロープの流れを損ないません。

スピリット エクスプレスのスリングには、「掴みやすい」以外にも、これらのおすすめポイントがあるのです。

アキラ
アキラ

使って分かる安心感!

長さのラインナップは3種類 (11cm/17cm/25cm)

おすすめのクイックドローの特徴 長さのラインナップがあること

17cm / 25cm

長さのラインナップ
  • 11cm
  • 17cm
  • 25cm(自作する必要アリ)

スピリット エクスプレス」には3種類の長さがあります。

ゆえに、屈折したルートやオーバーハングなどで、ロープの流れを考慮したセットが可能です。

アキラ
アキラ

装備を統一できるのもうれしい!

25cmは自作する必要あり

ペツル スピリット エクスプレス 25cm 外観

25cmのスピリット エクスプレス(自作)

25cmは、カラビナとスリングを個別に購入し、自作する必要があります。

以下に販売ページへのリンクを張っておくので、よかったらご活用ください。


スポンサーリンク

唯一のネックは価格が高いこと

スピリット エクスプレス」唯一のネック、それは価格が高いこと。

1本約3,960円もします。(2022年2月時点)

アキラ
アキラ

おサイフと相談ですね…。

ただ、クイックドローって滅多に壊れません。

購入したら長く使っていくことになります。

私は、見当違いな考えでクイックドローを選んだ結果、失敗しました。

そのエピソードは別記事(リードクライミングでおすすめなクイックドロー 5選)に書いてます。

当時購入したクイックドローは今でも使ってます。

壊れる気配は全然ありません。

使い勝手に違和感を覚えながらも、買い替えるのももったいないので、

  • メインは最初に購入したクイックドロー
  • 要所でスピリット エクスプレス

といった形で使い分けてます。

そんなこんなで、クイックドローは良いものを選ぶことを個人的にはおすすめします。

ペツル スピリット エクスプレスのレビューまとめ

本記事は「【レビュー】プロクライマー御用達!スピリット エクスプレスは最強のクイックドローだ!」について書きました。

スピリット エクスプレスの特徴
  • クリップしやすい
  • カラビナの形状が使いやすい
  • スリングを掴みやすい
  • スリングがねじれにくい
  • 長さが豊富(3種類)

スピリット エクスプレス」は、野口啓代さんや安間佐千さんも使っているクイックドローです。

価格は高いですが、その価値があります。

外岩でのリードクライミングに燃えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【2022年】リードクライミングでおすすめなクイックドロー 5選!
本記事では、リードクライミングにおけるクイックドローの選び方の解説と、おすすめ製品を5つ紹介しています。筆者はクイックドロー選びに失敗した過去がありまして、そのときの失敗談を踏まえてこの記事を書きました。「初めてクイックドローを買う」「クイックドロー選びで迷ってる」「おすすめのクイックドローを知りたい」という方、必見です。
リードクライミングに必要な道具、あると便利な道具。
リードクライミングにはいろいろな道具が必要です。やってみたいけど、道具選びで困っている方も多いのではないでしょうか?本記事では「リードクライミングに必要な道具と、あると便利な道具」を紹介してます。筆者おすすめの製品もあわせて紹介しているので、リードクライミングに興味がある方は必見です。
タイトルとURLをコピーしました