【2020年版】リードクライミングでオススメのクイックドロー 5選

オススメのクイックドロー サムネイルクライミングギア

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

リードクライミングをするには、クイックドローが必要です。

が、一口ひとくちにクイックドローと言っても、たくさんの種類があります。

消耗品ではありますが、頻繁に買い換えるものでもないので、なるべく失敗したくない買い物です。

そんなわけで本記事では、クイックドローの選び方と、オススメ商品を紹介します。

先にオススメ商品を知りたい場合は「オススメのクイックドロー」からチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

クイックドローを選ぶ前に

使用シーンを定める

リードクライミング クイックドロー オススメ クライミングシーン

リードクライミングと言っても、そのスタイルは様々です。

スタイルによってクイックドローに求める要素も変わってきます。

本記事ではリードクライミングを、以下2つのスタイルに分けて解説していきます。

  • シングルピッチのスポーツクライミング
  • アルパイン要素の強いマルチピッチクライミング

シングルピッチのスポーツクライミング

「シングルピッチのスポーツクライミング」とはクライミングジムで行うような、難易度重視のクライミングのことです。

シビアなクリップを求められることもあるので、以下の点に優れたクイックドローが適してます。

重視するポイント
  • 扱いやすさ
  • クリップのしやすさ

アルパイン要素の強いマルチピッチクライミング

「アルパイン要素の強いマルチピッチクライミング」とは、沢登りやアイスクライミングといった、アルパイン要素を含んだクライミングのことを指します。

たくさんの荷物を背負って長時間行動するため、装備の軽量化が大事です。

重視するポイント
  • 軽さ

大切なのはスタイルを決めること

以上2つのスタイルにリードクライミングを分けました。

大切なのは「自分がどちらのクライミングをやりたいのか」を考え、決めることです。

そこが曖昧な方は、少し立ち止まって、自分が1番やりたいクライミングについて考えてみて下さい。

クイックドロー選びはそれからでも遅くありませんよ。

アキラ
アキラ

私の場合は「シングルピッチのスポーツクライミング」です!

クイックドローを選ぶポイント

リードクライミング クイックドロー オススメ 文中画像

さて、ここからは「クイックドローを選ぶときのポイント」について書いていきます。

クイックドロー選びでチェックしたいポイントは、以下の6つ。

▼クイックドローを選ぶポイント

  1. 軽さ
  2. パック製品の有無( ≒ 安いこと)
  3. カラビナのノーズの形状
  4. カラビナの段差の有無
  5. スリングの掴みやすさ
  6. 長さのラインナップの有無
アキラ
アキラ

もう少し詳しく見ていきます。

軽いクイックドローがオススメ

クライミングにおいて、軽さは正義です。

長時間行動をともなうアルパインクライミングでは特に重要な要素となってきます。

パック製品があるクイックドローがオススメ

パック製品があるクイックドローを選べば、出費を抑えられます。

一方で、こんな考え方もあります。

クイックドローは消耗品ですが、長く使えるクライミングギアです。

なので、高くても良い物を揃えた方が、フィールドでの満足度が高かったりします。

アキラ
アキラ

悩みどころです…!

カラビナのノーズがスリムなクイックドローがオススメ

ペツル 安全環付きカラビナ オススメポイント スリムなノーズ

上の写真のように、カラビナのノーズがスリムなクイックドローがオススメです。

ノーズが太いと、

  • 穴の小さいハーケン
  • 岩の凹部にある支点

にクリップできないことがあります。

フィールドでの使い勝手を考えたとき、「カラビナのノーズがスリムか?」という点は考慮すべきポイントです。

カラビナに段差がないクイックドローがオススメ

こんな感じで、カラビナに段差があるクイックドローは扱いにくいです。

アキラ
アキラ

ロープや支点に引っかかることがあります…。

ペツル スピリット エクスプレス キーロックシステム①

段差を廃した滑らかなカラビナがついたクイックドローなら、引っかかるというストレスはありません。

アキラ
アキラ

地味ですが大事な要素です…!

ちなみに

段差を廃したカラビナのことを、”キーロックシステムを採用したカラビナ”と言います。

スリングが掴みやすいクイックドローがオススメ

スリングが太く、掴みやすいクイックドローは重宝します。

スリングを持ってクリップしたり、クイックドローを使った登攀にも便利です。

アキラ
アキラ

太いスリングはじれづらく、安全性も高いです!

クイックドローに軽さを求めるのなら妥協すべき項目ですが、一つの判断ポイントとしてここに記載します。

長さのラインナップがあるクイックドローがオススメ

クイックドローは、適切な長さのモノをセットする必要があります。

アキラ
アキラ

ロープの流れを良くするためです!

なので、長さのことなるクイックドローは必需品です。

長さのラインナップがあるクイックドローなら、ロープの流れを考慮したセットができますし、装備に統一感も持たせられます。

「せっかくなら装備を統一したい」という方は”長さのラインナップがあるか?”という点もチェックしてみて下さい。

▲ クイックドローを選ぶポイントに戻る

2020年 オススメのクイックドロー 5選

前章までの内容をまとめると、クイックドローを選ぶポイントは以下の通りです。

▼クイックドローを選ぶポイント

  1. 軽いこと
  2. パック製品があること( ≒ 安いこと)
  3. カラビナのノーズがスリムであること
  4. カラビナに段差がないこと
  5. スリングが掴みやすいこと
  6. 長さのラインナップがあること

ただ残念ながら、上記ポイントを全て満たすクイックドローはありません。

なので、自身のクライミングスタイルにあったチョイスが求められます。


妥協点も考慮した上で、最新モデルの中から、これらの条件に沿ったクイックドローを集めました。

アキラ
アキラ

それがこちらの5製品!

次の項目からは、解説を交えつつ、それぞれの製品を紹介します。

ホットフォージクイックパック

「ホットフォージクイックパック」はブラックダイヤモンド社が販売している6本セットのクイックドローパックです。

  1. パック製品がある ( ≒ 安い)
  2. カラビナのノーズがスリム
  3. カラビナに段差がない
  4. スリングが掴みやすい
  5. 長さのラインナップがある

といったように、「クイックドロー選びの6ポイント」の内、5つを満たしてます。

リーズナブル帯に属している製品ですが、なかなかに良い性能を有しており、コスパの高いパックです。

ホットフォージクイックパックはシングルピッチのスポーツクライミングに適しています。

アキラ
アキラ

重さは1本103gです!

▲ オススメのクイックドローに戻る

ミニワイヤークイックパック

「ミニワイヤークイックパック」は軽量なクイックドローが6本セットになった製品です。

  1. 軽い
  2. パック製品がある( ≒ 安い)
  3. 長さのラインナップがある

と、「クイックドロー選びの6ポイント」を3つ満たしています。

ミニワイヤーの魅力はその軽さ。

1本の重量はわずか55gです

最初に紹介したホットフォージが103gなので、だいたいその半分の重さですね。

ミニワイヤーの圧倒的な軽さは、フリー寄りのマルチピッチクライミングで重宝します。

ただ、カラビナに段差があったりするので、使い勝手は少し悪いかもしれません。

(正直なところを言うと、オズというクイックドローをオススメしたかったのですが、廃番になってしまいました)

▲ オススメのクイックドローに戻る

ジン アクセス

「ジン アクセス|6本パック」はペツルが販売しているクイックドローパックです。

  1. パック製品がある( ≒ 安い)
  2. カラビナのノーズがスリム
  3. カラビナに段差がない
  4. スリングが掴みやすい
  5. 長さのラインナップがある

ジン アクセスは「クイックドロー選びの6ポイント」の内、5つを満たしてます

ジン アクセスはシングルピッチのスポーツクライミングに向いています。

アキラ
アキラ

1本107gです!

▲ オススメのクイックドローに戻る

スピリット エクスプレス

「スピリット エクスプレス」はペツルが販売しているクイックドローです。

  1. カラビナのノーズがスリム
  2. カラビナに段差がない
  3. スリングが掴みやすい
  4. 長さのラインナップがある

スピリット エクスプレスは「クイックドロー選びの6ポイント」の内、4つを満たしています。

それに加え、次のような独自の特徴も有した優れもの。

  • 長さのラインナップが11cm/17cm/25cmの3種類
    (※25cmモデルは自作する必要アリ)
  • ロープクリップがとてもやりやすい

価格は高めですが、その分クオリティの高いクイックドローです。

スピリット エクスプレスシングルピッチのスポーツクライミングに適しています。

アキラ
アキラ

11cmモデルの重さは1本93gです!

▲ オススメのクイックドローに戻る

アンジュ フィネス

「アンジュ フィネス」はペツルが販売しているアルパインクライミングに特化したクイックドローです。

  1. 軽い
  2. カラビナのノーズがスリム
  3. カラビナに段差がない
  4. スリングが掴みやすい
  5. 長さのラインナップがある

カラビナ「アンジュ」とスリング「フィネス」のセット、それが「アンジュ フィネス」です。

カラビナにはSとLの2サイズがあり、使用シーンに応じて選択できます。

アキラ
アキラ

重さは以下の通りです!

スリングの長さカラビナの組み合わせ重量
10cmアンジュS + アンジュS63g
17cmアンジュS + アンジュS66g
17cmアンジュS + アンジュL72g
17cmアンジュL + アンジュL78g

63gという重量は、クイックドローの中でも軽量なカテゴリに属します。

アンジュ フィネス扱いやすさの観点から見てもピカイチなギアで、沢登りやアイスクライミングを含む、幅広いアルパインクライミングで活躍してくれます。

▲ オススメのクイックドローに戻る


スポンサーリンク

リードクライミングでオススメのクイックドロー 5選 まとめ

本記事は「【2020年版】リードクライミングでオススメのクイックドロー 5選」について書きました。

筆者イチオシのクイックドローは、ブラックダイヤモンド社の「ホットフォージクイックパック

同社の従来モデルよりもノーズが細くなっており、使いやすそうです。

クイックドローの中では廉価なカテゴリに入る「ホットフォージクイックパック」ですが、2020年モデルはかなりコスパの高いセットとなってます。

あわせて検討してみてはいかがでしょうか?

この記事があなたのクイックドロー選びの参考になれば幸いです。

▲ オススメのクイックドローをもう一度見る


【ペツル スピリット エクスプレス レビュー】本ッ当にクリップしやすいクイックドロー
本記事はペツルが販売しているクイックドロー「スピリット エクスプレス」の紹介とレビューをしています。オススメポイントは多々ありますが、クリップしやすく、スリングが握りやすいところが特に気に入っています。スポーツルートのリードクライミングをやりたい/やっている人に適したクイックドロー(ヌンチャク)です。
【2020年版】リードクライミングに必要な道具、あると便利な道具。
リードクライミングにはいろいろな道具が必要です。やってみたいけど、道具選びで困っている方も多いのではないでしょうか?本記事では、リードクライミングに必要な道具と、あると便利な道具を紹介してます。リードクライミングを始めたい方、必見です。
スクリュータイプの安全環付きカラビナにペツルをオススメする3つの理由
本記事ではペツルの安全環付きカラビナ(ねじ式)の紹介と、「なぜペツルがオススメなのか?」という理由を解説してます。マルチピッチクライミング等のロープを使うクライミングをやりたい/やっている人、必見です。
タイトルとURLをコピーしました