【完全網羅】これで安心!外岩の持ち物、ボルダリング編!

これで完璧!外岩の持ち物、ボルダリング編。 アイキャッチ画像クライミングギア
  • ボルダリング楽しい!
  • 外岩にも行ってみたい!
  • けど、右も左もわからない…。
  • なにを持っていけば良いんだろう?
  • 外岩へ行くときの持ち物が知りたい!
アキラ
アキラ

こんな疑問にお答えします!

本記事を書く私は歴7年のクライミング愛好家。

筆者の経験をもとに、外岩の持ち物をまとめました。

この記事を読めば外岩へ行くときの持ち物がわかります。

本記事が外岩への足がかりになれば幸いです。

ボルダリング編ではなくリードクライミング編が読みたいという方は、次の記事をチェック!


スポンサーリンク

外岩の持ち物|一覧表

外岩の持ち物について一覧でまとめると下記のとおり。

文字をタップすると説明箇所へジャンプできるので、よかったらご活用ください。

外岩の持ち物 まとめ
必需品クライミングシューズ
チョーク&チョークバッグ
クラッシュパッド
ブルーシート
柄の長いブラシ
ファーストエイドキット
トポ
ヘッドライト
飲食物
足ふきタオル
30Lくらいのリュック
場合によっては
必要なもの
雨具
防寒具
ホッカイロ
虫除けグッズ
日焼け止め
携帯トイレ
あると便利なものアプローチシューズ
サンダル
サブマット(お風呂マット)
トートバッグ
調理セット
スマホ三脚
モバイルバッテリー

外岩の持ち物|必需品

まずはじめに、外岩の必需品を11個紹介していきます。

クライミングシューズ

外岩の持ち物 ボルダリング編 必需品 クライミングシューズ

最初に紹介するのはクライミングシューズです。

岩質によって合う合わないはありますが、最初は深く考えず、いま履いているシューズを持っていきましょう。

チョーク&チョークバッグ

外岩の持ち物 ボルダリング編 必需品 チョークとチョークバッグ

次に紹介するのはチョークとチョークバッグです。

基本的に普段使っているものを使えばOKですが、一点だけ注意点があります。

それは、チョークにロジン(松脂)が含まれているか否か。

ロジンが含まれている液体チョークは、ロジンが岩に残ってしまうためNGです。

外岩で登る際はロジンフリーのチョークを使うよう、よろしくお願いします。

クラッシュパッド

外岩の持ち物 ボルダリング編 必需品 クラッシュパッド(ボルダリングマット)

外岩は自分たちでマットを持参し、敷いて登ります。

なので、クラッシュパッド(ボルダリングマット)も必要です。

クラッシュパッドの選び方と、5つのおすすめ製品については次の記事にまとめました。

TATAMI
clife

御岳(東京)にはクラッシュパッドをレンタルしてるお店もあるので、上手に活用しつつ、外岩を楽しみましょう。

アキラ
アキラ

御岳に電車で行くときはレンタルが楽ですよ。

レジャーシートorブルーシート

「レジャーシートorブルーシート」は、クラッシュパッドを汚れや水濡れから守るために、下に敷いて使います。

100均のレジャーシートとかでも良いですが、ちゃんとしたブルーシート(シルバーシート)のほうがタフで便利です。

荷物置き場や休憩スペースにもなります。

サイズは汎用性の高い1.8×1.8mのものがおすすめです。

柄の長いブラシ

「登ったあとはブラッシング」

これは、外岩のマナーです。

高いところにあるホールドも掃除できるよう、柄の長いブラシも必需品となってきます。

パーティで1本あればOKなので、同行する仲間に確認し、必要に応じて準備しましょう。

アキラ
アキラ

パモブラシが安定!

トポ

外岩の持ち物 ボルダリング編 必需品 トポ

トポとは、課題や岩場の情報が掲載されているクライミング専用の地図です。

トポをみて岩を探したり、ライン(課題)を探したりします。

一口ひとくちにトポといっても、複数エリアが網羅されたものや、ひとつのエリアに特化したものなど、様々です。

私はなるべく自分で準備するよう努めてます。

岩場の情報は「日本フリークライミング協会」のWebサイトでも発信されてます。

岩場に関する最新情報なども掲載されているので、登りに行く前にサラッと目を通しておくことを、個人的には推奨します。

ファーストエイドキット

外岩の持ち物 必需品 ファーストエイドキット

怪我をしたときのためにも、ファーストエイドキットの準備は必須です。

アキラ
アキラ

特に「骨折、出血」には充分に対応できるようにしておきたいですね。

ヘッドライト

外岩の持ち物 ボルダリング編 必需品 ヘッドライト

「登るのに夢中で、気がついたら暗くなってた」なんてこともあります。

外岩は不安定な道が多い場所。

なので、片手がふさがってしまう光源(例:スマホのライト等)は危険です。

両手がフリーになるヘッドライトを備えておきましょう。

飲食物

外岩の持ち物 必需品 飲食物

大自然の中で遊ぶので、非常食も兼ねて、飲食物は「ちょっと多いかな?」くらいが安心です。

寒い日のカップラーメンは最高なので、ぜひお試しあれ。

足ふきタオル

外岩の持ち物 必需品 足ふきタオル

足ふきタオルはクライミングシューズを拭くのに使います。

ソールに土が付いているとスリップする危険があるためです。

岩に取りつく前にソールの汚れを落としておくと、安心してトライできます。

30Lくらいのリュック

外岩の持ち物 ボルダリング編 必需品 30Lくらいのリュック

外岩の必需品、最後に紹介するのはリュックです。

容量は30Lくらいのものをおすすめします。

普段使っているもので全然OKなので、すでにお持ちの方は新たに買い足す必要はありません。

以上で「外岩の持ち物|必需品」の紹介をおわります。

外岩の持ち物|場合によっては必要なもの

ここからは、外岩で場合によっては必要なものを6つ紹介していきます。

アキラ
アキラ

季節や天候によって取捨選択をお願いします!

雨具

外岩の持ち物 ボルダリング編 場合によっては必要なもの 雨具

天候が怪しい日には雨具があると安心です。

山の天気は変わりやすいと言いますし、備えておいて損はありません。

私はいつもリュックの片隅に忍ばせてます。

防寒着

外岩の持ち物 ボルダリング編 場合によっては必要なもの 防寒着

外岩には暖房がありません。

なので、寒さには耐えるしかないです。

そして、外岩はあなたの想像以上に寒いところです。

「いかに体を冷やさないか?」というのも、外岩におけるテクニックになってきます。

寒い時期は防寒をしっかりしていきましょう。

おまもりとして、ユニクロのウルトラライトダウンをリュックに入れておくと安心です。

ホッカイロ

防寒具としてはホッカイロも外せません。

クライミングシューズを温めるのにも使えます。

冷えたシューズを履くのは苦痛でしかありません。

寒い時期のホッカイロは、個人的に必需品です。

虫除けグッズ

暑い時期には虫に注意です。

快適に楽しみたいなら虫除けグッズも必要となってきます。

「とにかく虫に刺されたくない!」という方には、第二類医薬品に該当するような強力な虫除けスプレーがおすすめ

肌が弱い方やお子さん向けには、天然成分配合で肌に優しいものもあります。

日焼け止め

外岩の持ち物 ボルダリング編 場合によっては必要なもの 日焼け止め

陰ができる山の中ならそこまで気にしなくてOKですが、ひらけたスポットで登るときは紫外線にご注意を。

日焼けしたくない方には日焼け止めがあるといいですよ。

携帯トイレ

外岩の持ち物 ボルダリング編 場合によっては必要なもの 携帯トイレ

筆者の携帯トイレセット

持っててよかった携帯トイレ。

リュックに入れておくだけで心にゆとりが生まれます。

お腹が弱い人はぜひ備えておきましょう。

以上で「外岩の持ち物|場合によっては必要なもの」の紹介をおわります。


スポンサーリンク

外岩の持ち物|あると便利な物

ここからは、外岩であると便利なものを7つ紹介していきます。

アプローチシューズ

外岩の持ち物 ボルダリング編 あると便利なもの アプローチシューズ

アプローチシューズは、クライミングに特化したアウトドアシューズです。

アークテリクスのアプローチシューズ、コンシールFL2 GORE-TEX ソール クライミングゾーン

クライミングゾーンという箇所があり、簡単なクライミングができるようになってます。

ただぶっちゃけ、アプローチの優しい岩場では絶対必要というわけではありません。

アキラ
アキラ

買うか買わないか非常に迷うアイテムです。

筆者はある岩場(城ヶ崎シーサイド・ロック)に行ったときに必要性を感じたので購入しました。

そのときのエピソードは下記の記事に書いてます。

一足持っていれば便利は便利だし、安心は安心。

外岩が決まったタイミングで「えいや!」と買ってしまうのもアリです。

サンダル

サンダル(クロックス)を持っていく人も多いです。

岩場でちょっと移動するときに重宝します。

サブマット(お風呂マット)

クラッシュパッドのサブとしてお風呂マット(バスマット)があると便利です。

クラッシュパッドの隙間を埋めたり、座った状態からスタートするときに使います。

価格も安く、手を出しやすいところかと。

装備がまだ揃いきってない初心者さんでも手軽にパーティに貢献できるアイテムです。

アキラ
アキラ

お風呂マットは超便利!

トートバッグ

外岩の持ち物 ボルダリング編 あると便利なもの トートバッグ

無印良品のミニトートバッグ

個人的にプッシュしたいのがトートバッグ。

荷物を簡単に素早くまとめられるので、エリアチェンジのときに便利です。

おすすめ製品は以下の2つ。

どちらの製品も、「軽く」「安く」「かさばらず」「水に強い」ため、アウトドアでの使用に適してます。

【1000円以下】私のクライミングジムバッグと、その中身を紹介します!
意外と細かい持ち物が多いクライミング。使用頻度の高いものは、ジムバッグにまとめておくと便利です。本記事では、私のクライミングジムバッグと、その中身を紹介してます。参考になれば幸いです。

調理セット

外岩の持ち物 ボルダリング編 あると便利なもの 調理セット

せっかくのアウトドアなので、ソトメシを楽しんではいかがでしょうか?

調理セットがあれば、簡単なアウトドア料理が作れます。

アキラ
アキラ

外で食べる温かいごはんは美味しいですよ!

火気厳禁の岩場もあります。ご注意ください。

スマホ三脚

外岩の持ち物 ボルダリング編 あると便利なもの スマホ三脚

クライミング動画を撮影するとき、やっぱり便利なのがスマホ三脚です。

筆者はコンパクトなものを使ってます。

使い勝手を優先したい場合は、ある程度しっかりしたものがおすすめです。

モバイルバッテリー

外岩の持ち物 ボルダリング編 あると便利なもの モバイルバッテリー

動画を撮っているとスグに電池がなくなってしまいます。

そんなときのために、モバイルバッテリー。

Ankercheeroの製品なら間違いないでしょう。

以上で「外岩の持ち物|あると便利なもの」の紹介をおわります。

外岩における筆者の基本装備

筆者の外岩基本装備は下記のとおりです。

品目をタップすると説明箇所へジャンプできるので、よかったらご活用ください。

筆者の外岩基本装備
品目要否
クライミングシューズ必ず持参
チョーク&チョークバッグ必ず持参
クラッシュパッドパーティで足りるよう調整
ブルーシート必ず持参
柄の長いブラシパーティで足りるよう調整
トポ必ず持参
ファーストエイドキット必ず持参
ヘッドライト必ず持参
飲食物必ず持参
足ふきタオル必ず持参
30Lくらいのリュック必ず持参
雨具必ず持参
防寒具季節による
ホッカイロ季節による
虫除けグッズ季節による
日焼け止め必ず持参
携帯トイレ必ず持参
アプローチシューズ必ず持参
サンダル持っていかない
サブマット(お風呂マット)必ず持参
トートバッグ必ず持参
調理セット余裕があれば
スマホ三脚必ず持参
モバイルバッテリー必ず持参

かなり整備された岩場(例:御岳)に行く場合は、雨具を省くなど、もう少しラフな装備になります。

このあたりの感覚って、パーティによって違ったりしますし、実際に岩場に行ってみないと分からないので難しいです。

はじめて外岩に行く方は、私の装備を参考にしつつ準備していただけたらと思います。


スポンサーリンク

外岩の持ち物 まとめ

本記事は「【完全網羅】これで安心!外岩の持ち物、ボルダリング編!」について書きました。

最初は貸していただけたりするものもありますが、自立したクライマーになるためにも「外岩の必需品」については早めに揃えたいですね。

外岩は最高なので、チャンスがあればぜひ飛び込んでみてください!

本記事があなたのお役に立てば幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【1000円以下】私のクライミングジムバッグと、その中身を紹介します!
意外と細かい持ち物が多いクライミング。使用頻度の高いものは、ジムバッグにまとめておくと便利です。本記事では、私のクライミングジムバッグと、その中身を紹介してます。参考になれば幸いです。
履いてきたクライミングシューズ7足の紹介とレビュー
本記事では私が履いてきたクライミングシューズ7足(+1足)の紹介とレビューをしています。サイズ感も詳しく記載したので、シューズ選びの参考にして頂けたら幸いです。本記事は「良いクライミングシューズを探してる人」「各シューズの情報を探している人」にオススメです。
【ナンガ 焚き火ダウンジャケット レビュー】焚火にも街着にも。シックでアーバンなアウトドアウェア。
本記事ではナンガが製造/販売している「焚き火ダウンジャケット」の紹介とレビューをしてます。合わせやすいシンプルなデザインと、軽い着心地が大きなオススメポイント。特に気になる点もなく、買ってよかったアウトドアウェアです。記事内では、サイズ感なども含めて詳しく解説してます。
【アウトドアUV レビュー】ベタベタしない日焼け止め。SPF50+で防御力も高い!
本記事はアウトドア向けの日焼け止め「アウトドアUV」の紹介とレビューをしています。スティックタイプで塗りやすく、テクスチャもサラサラで肌なじみが良い日焼け止めです。SPF50+、PA+++で防御力も高く、アウトドアに最適な日焼け止めです。詳しくは記事内にてお読み下さい。
アークテリクスのアプローチシューズ、コンシールFL2 GTXを徹底レビュー!
本記事では、アークテリクスが製造/販売しているアプローチシューズ、「コンシールFL2 GTX」の紹介とレビューをしてます。アーバンなデザインと、軽快な歩行性。ビブラムソール搭載で滑りづらく、”登れる”シューズです。歴7年のクライミング愛好家が、クライマーの観点から切り込んでいきます。「コンシールFL2 GTX」が気になっている方、必見です。
【JOBY グリップタイトONE GPスタンド レビュー】アングル調節、自由自在なスマホ三脚
本記事ではJOBYが販売しているスマホ三脚、「グリップタイトONE GPスタンド 」のレビューを写真多めで行ってます。軽くコンパクト、耐久性も高く、グネグネと動かせる脚はアングル調節の自由度も高いです。グリップタイトONE GPスタンドは、ボルダリング/登山/キャンプといったアウトドアをする方に特にオススメの三脚です。
タイトルとURLをコピーしました