【これでOK!】外岩ボルダリングの持ち物を詳しく紹介

外岩 ボルダリング 持ち物 サムネイルお役立ち-Climb

外岩(ボルダリング)に行きたいなぁ。だけどなにを持っていけば良いんだろう?なんとなくは想像できるけど、忘れ物があったら嫌だなぁ。外岩でボルダリングするときの持ち物が知りたいです!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 外岩(ボルダリング)で絶対に必要な物
  • 外岩(ボルダリング)であると安心/便利な物
  • 私が外岩(ボルダリング)に行くときの持ち物

この記事を書いている私(@akira_sotoasobi)はクライミング歴5年ほどの愛好家。

「外岩(ボルダリング)で絶対に必要な物」についてだけ先にお話すると、次の物たちは外せません。

絶対に必要な物
  1. ボルダリングマット
  2. クライミングシューズ
  3. チョークバッグ
  4. ブラシ
  5. 足ふきタオル
  6. 飲食物
  7. トポ(地図)
  8. 救急キット
  9. リュック

これ以外の物については、エリアの特徴や季節によって取捨選択すればOKです。

アキラ
アキラ

上記以外の物については、これ以降に紹介します。

そんなわけで「【これでOK!】外岩ボルダリングの持ち物を詳しく紹介」について書いていきます。

スポンサーリンク

絶対に必要な物

まずはじめに外岩(ボルダリング)で絶対に必要な物について書きます。

外岩(ボルダリング)では以下の物が必要です。

絶対に必要な物
  1. ボルダリングマット
  2. クライミングシューズ
  3. チョークバッグ
  4. ブラシ
  5. 足ふきタオル
  6. 飲食物
  7. トポ(地図)
  8. 救急キット
  9. リュック

外岩 持ち物 クラッシュパッド

ボルダリングマット(クラッシュパッド)です。安全のためにもこれは外せません。

買うと結構お高いですが、岩場によってはレンタルしている店舗があったりします。

ボルダリングマットを持っていない方は、レンタルしている店舗近くの岩場を選ぶのもアリですよ。

アキラ
アキラ

関東なら御岳ボルダーがオススメ!

≪マットレンタル≫ | 中古アウトドア用品・中古登山用品 専門店 : maunga (マウンガ)
≪マットレンタル≫ | 東京御岳山の麓にある中古アウトドアショップです。 販売する商品は、その商品のコンディションに寄って4段階で分類し、適切な修理、処理、クリーニングを施してから販売しています。まだまだ使いことのできるアウトドアギアをより大切に、より長く使う為に。 そんなコンセプトの元、マウンガを運営しています。

外岩 持ち物 クライミングシューズ等

  • クライミングシューズ
  • チョークバック
  • ブラシ
  • 足ふきタオル

以上4点も必要です。特筆するのはブラシと足ふきタオル。

ブラシは登り終わった岩を掃除するために使います。

みんなが気持ちよくクライミングするためにも登ったあとはブラッシングを心がけましょう。

クライミングでオススメのブラシはPAMOとFAZA!
本記事では、私が実際に使ってきて良かったクライミング用ブラシを2本紹介してます。結論から言うと、「パモブラシ」と「ファザブラシ」は良いブラシでした。その理由については記事内の本文中で解説します。この記事は「クライミングにつかうブラシを探している人」にオススメです。

足ふきタオルはクライミングシューズを拭くときに使います。

シューズに土がついたままだとスリップする危険があるので、登る前にはシューズを拭くと安心です。

アキラ
アキラ

マットをお借りする前にも拭いた方が良いですね!

【ノースフェイス チョークバッグプロ レビュー】やっと見つけた!ちょうどいいサイズの腰下げ型チョークバッグ
本記事では「ノースフェイス チョークバッグプロ」というチョークバッグをレビューしています。スマートな外観をしていますが、手が大きい人でもチョークアップしやすいアイテムです。ロゴも控えめで気に入っています。本記事は腰下げ型のチョークバッグをお探しの人にオススメです。
あなただけのチョークバッグ、SheLL、レビュー
本記事では、インダストリアス インダストリーが製作/販売している床置き型チョークバッグ、SheLL(シェル)のレビューと紹介をしています。利便性もさることながら、カスタムオーダーができる点がSheLL最大の魅了。オリジナルなチョークバッグが欲しい方にオススメです。

外岩 持ち物 救急セット、トポなど

  • 救急セット
  • トポ(地図)
  • 飲食物

以上の物も必要です。飲食物(昼ごはんや飲み物、おやつ)は岩場に入る前に準備しておきましょう。

私はよくオニギリを握って持っていきます。

トポとは岩場の情報が載っているクライミング専用の地図です。

正直、トポがないと岩場に着いてからどうしたら良いか全くわからなくなります。

(一番のオススメは、その岩場に行ったことがある人に案内してもらうことです)

救急セットはケガをしたときに使います。

中身については以下の記事が参考になるかと思います。

【自作】登山に持っていくファーストエイドキットの中身紹介
登山のエマージェンシーキット/ファーストエイドキットの中身をどうしようかお困りではないですか?本記事では私が登山で携行しているファーストエイドキットの中身を紹介しています。今の装備に至った過程や課題も書いています。本記事は登山の非常時用装備にお悩みの方/新たなアイディアを探している方にオススメです。
外岩 持ち物 リュック
外岩 持ち物 デイパック

絶対に必要な物、最後はリュックです。写真のようなデイパックがオススメ

登山用のリュックだと、体の前面で担いだときに雨蓋で足元が見えづらいです。

ボルダリング用のリュックをこれから買う人は、デイパックタイプが良いですよ。

アキラ
アキラ

容量は30リットルほどの物がオススメ!

アマゾン「デイパック 30L」検索結果

あると安心/便利な物

ここからは外岩(ボルダリング)であると安心/便利な物を紹介します。

これ以降で紹介する物については、エリアの特徴や季節によって取捨選択すればOKです。

アキラ
アキラ

「持って行き過ぎ」も移動が大変になるので注意です

まずは外岩(ボルダリング)であると安心/便利な物を一覧でご紹介。

あると便利/安心な物
  • 防寒着
  • 雨対策アイテム
  • 着替え/温泉セット
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 虫除けスプレー/蚊取り線香
  • 携帯トイレセット
  • ヘッドライト
  • スマホ充電器
  • スマホ三脚
  • サンダル
  • サブマット
  • カラビナ&スリング
  • レジャーシート
  • トートバッグ

以上です。次の項目からは個別に紹介します。

▼追記

外岩は、時期や場所によってはとても寒いので、ホッカイロを持参することを強くオススメします。

アキラ
アキラ

手やクライミングシューズを暖めるのに重宝しますよ!

衣類系

外岩 持ち物 着替え類

  • 防寒着
  • 雨対策アイテム
  • 着替え/温泉セット
  • サングラス

あると安心/便利な物たちの中でも比較的優先度が高い4点です。

シーズンや天候によって必要になってきます。

【パタゴニア ナノパフジャケット レビュー】濡れても温か!洗濯できる!プリマロフト使用の凄いヤツ
本記事ではパタゴニア ナノパフジャケットの紹介とレビューをしています。プリマロフトという素材が使われており、濡れても保温性が落ちにくく、メンテナンスも簡単。私はもう3年着ていますが、家で手軽に洗濯できるのが本当に楽です!本記事は登山の中間着/防寒着をお探しの方、ナノパフジャケットの情報が知りたい方にオススメです。
【ナンガ 焚き火ダウンジャケット レビュー】焚火にも街着にも。シックでアーバンなアウトドアウェア。
本記事ではナンガが製造/販売している「焚き火ダウンジャケット」の紹介とレビューをしてます。合わせやすいシンプルなデザインと、軽い着心地が大きなオススメポイント。特に気になる点もなく、買ってよかったアウトドアウェアです。記事内では、サイズ感なども含めて詳しく解説してます。

岩場で快適に過ごす系

外岩 持ち物 日焼け止めや携帯トイレ

  • 日焼け止め
  • 虫除けスプレー/蚊取り線香
  • 携帯トイレセット

以上の3つがあると嬉しいときもあります。

岩場に通い詰める猛者たちはよく蚊取り線香を焚いてますね。

アキラ
アキラ

携帯トイレは念のため…

デジタル/照明系

外岩 持ち物 ヘッドライト等

  • ヘッドライト
  • スマホ充電器
  • スマホ三脚

以上3点があっても安心です。

山はスグに暗くなってしまうため、ヘッドライトは山に入っていくようなエリアでは必需品です。

スマホ充電器と三脚は記念写真&動画撮影のために。

せっかく外岩に行くのなら、記録に残すと更に楽しい思い出になりますよ。

▼ちょっと小話

スマホ三脚の中でも、上の写真に写っているモノは、とてもオススメです。

  • 軽量/コンパクト
  • 撮影角度を自由に調整可能
  • 半年以上ヘビーユースしているが不具合ナシ

レビュー記事も書いているので、気になった方は読んでみて下さい。

【JOBY グリップタイトONE GPスタンド レビュー】アングル調節、自由自在なスマホ三脚
本記事ではJOBYが販売しているスマホ三脚、「グリップタイトONE GPスタンド 」のレビューを写真多めで行ってます。軽くコンパクト、耐久性も高く、グネグネと動かせる脚はアングル調節の自由度も高いです。グリップタイトONE GPスタンドは、ボルダリング/登山/キャンプといったアウトドアをする方に特にオススメの三脚です。

ボルダリング補助系

  • サンダル
  • サブマット
  • カラビナ&スリング(マットの固定のために)
  • レジャーシート
  • トートバッグ

これらの物があるとボルダリングするときに便利です。

サブマットやレジャーシートなんかは何枚あっても助かります

荷物を置いたり、ボルダリングマットの下に敷いたりと様々な使い方ができます。

あと、地味にオススメしたいのがトートバッグ。

荷物を適当に詰められるので、エリアチェンジのときに楽です。

アウトドアをもっとシンプルに。無印良品ミニトートバッグ【ポリエチレンシート使用】
アウトドアで使えるシンプルなデザインのバッグをお探しですか?本記事では、そんなアイテムをお探しの人にオススメのバッグ「無印良品 ポリエチレンシート・ミニトートバッグ」をご紹介しています。特にキャンプ好きの方、必見です。

私が外岩(ボルダリング)に行くときの持ち物

これまでは持ち物リストのような形で記事を書いてきましたが、ここで私が外岩(ボルダリング)に行くときの基本装備を紹介します。

一覧で書くとこんな感じです。

  • クライミングシューズ2足
  • チョークバッグ
  • ブラシ
  • 足ふきタオル
  • おにぎり、水筒、おやつ
  • トポ
  • 救急セット
  • 32リットルのリュック
  • 無印良品のトートバッグ
  • ホッカイロ2つ
  • 防寒着
  • 折りたたみ傘
  • 着替え/温泉セット
  • 日焼け止め
  • 虫除けスプレー
  • 携帯トイレセット
  • ヘッドライト
  • スマホ充電器
  • スマホ三脚
  • 100均のレジャーシート数枚
アキラ
アキラ

ボルダリングマットはレンタルしたり、友人のを貸してもらいます!

外岩 持ち物 筆者の場合

以上の荷物が32リットルのリュックに収まります。

着替え/温泉セットだけは青色のトートバックに入れ、車に置いて登りにいきます。

車にスペースがないときには着替え/温泉セットは省くことも。

サンダルは嵩張かさばるのであまり持っていきません。

クライミングシューズはソールが固いものと柔らかいものを2足、持っていくようにしてます。

【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩ならコイツは外せない。そんなクライミングシューズ
本記事ではスポルティバが製造/販売しているクライミングシューズ、「ミウラ」の紹介とレビューをしてます。「外岩ならコイツは外せない」と思えるほど、ミウラは"外"というフィールドに特化したクライミングシューズです。フリー、クラック、マルチピッチ(アルパイン含む)なんでもござれ。筆者にとって無くてはならないシューズです。
【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた最高のクライミングシューズ
本記事では、スポルティバが製造/販売しているクライミングシューズ「スクワマ」の紹介とレビューをしてます。スクワマは、クライミングを高いレベルでサポートしてくれるシューズです。筆者はもう2年以上履いており、2足目をリピート購入するくらい気に入ってます。本記事は「スクワマの購入を考えてる人」、必見です。
【メレル モアブ ローカット レビュー】長靴代わりにもなって便利!アースカラーが格好良いトレッキングシューズ。
本記事では、メレルが製造/販売しているトレッキングシューズ、「モアブ ローカット」の紹介とレビューをしてます。筆者のモアブは、購入してから2年くらい経ちました。結論を言うと良い靴です。ただ、「適した使用シーン」と「やや適していない使用シーン」に分かれます。記事内では、そんな使用シーンについても書いてます。
【外岩にも対応】私のクライミングジムバッグとその中身を紹介します
飲み物や軽食、小物など、クライミングって意外と細かいモノが多くて大変ですよね。本記事では私のジムバッグとその中身を紹介しています。一つの例としてクライマーの方のお役に立れば幸いです。

スポンサーリンク

おわりに

本記事は「【これでOK!】外岩ボルダリングの持ち物を詳しく紹介」について書きました。

✓本記事のまとめ

外岩(ボルダリング)で…

絶対に必要な物
  1. ボルダリングマット
  2. クライミングシューズ
  3. チョークバッグ
  4. ブラシ
  5. 足ふきタオル
  6. 飲食物
  7. トポ(地図)
  8. 救急キット
  9. リュック
あると便利/安心な物
  • 防寒着
  • 雨対策アイテム
  • 着替え/温泉セット
  • 携帯トイレセット
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 虫除けスプレー/蚊取り線香
  • ヘッドライト
  • スマホ充電器
  • スマホ三脚
  • サンダル
  • サブマット
  • カラビナ&スリング
  • レジャーシート
  • トートバッグ

✓ 私が外岩ボルダリングに行くときの基本装備

  • クライミングシューズ2足
  • チョークバッグ
  • ブラシ
  • 足ふきタオル
  • おにぎり、水筒、おやつ
  • トポ
  • 救急セット
  • 32リットルのリュック
  • 無印良品のトートバッグ
  • ホッカイロ2つ
  • 防寒着
  • 折りたたみ傘
  • 着替え/温泉セット
  • 日焼け止め
  • 虫除けスプレー
  • 携帯トイレセット
  • ヘッドライト
  • スマホ充電器
  • スマホ三脚
  • 100均のレジャーシート数枚

外岩でボルダリングをするときは、本記事で紹介したアイテムがあれば基本的にOKです。

外岩にハマっていくと、雪が積もっている中でも課題にトライするために雪かき用のスコップを持っていくなんて方もいます。

他にもキレイな動画を取るために本格的な撮影機材を持っていったり、コーヒーセットやキャンプ道具を持っていったりと、外岩の楽しみ方は十人十色です。

本記事がきっかけとなり、あなただけの外岩の楽しみ方が見つかることを願っています。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

アマゾン「デイパック 30L」検索結果


【JOBY グリップタイトONE GPスタンド レビュー】アングル調節、自由自在なスマホ三脚
本記事ではJOBYが販売しているスマホ三脚、「グリップタイトONE GPスタンド 」のレビューを写真多めで行ってます。軽くコンパクト、耐久性も高く、グネグネと動かせる脚はアングル調節の自由度も高いです。グリップタイトONE GPスタンドは、ボルダリング/登山/キャンプといったアウトドアをする方に特にオススメの三脚です。
【自作】登山に持っていくファーストエイドキットの中身紹介
登山のエマージェンシーキット/ファーストエイドキットの中身をどうしようかお困りではないですか?本記事では私が登山で携行しているファーストエイドキットの中身を紹介しています。今の装備に至った過程や課題も書いています。本記事は登山の非常時用装備にお悩みの方/新たなアイディアを探している方にオススメです。
【ノースフェイス チョークバッグプロ レビュー】やっと見つけた!ちょうどいいサイズの腰下げ型チョークバッグ
本記事では「ノースフェイス チョークバッグプロ」というチョークバッグをレビューしています。スマートな外観をしていますが、手が大きい人でもチョークアップしやすいアイテムです。ロゴも控えめで気に入っています。本記事は腰下げ型のチョークバッグをお探しの人にオススメです。
あなただけのチョークバッグ、SheLL、レビュー
本記事では、インダストリアス インダストリーが製作/販売している床置き型チョークバッグ、SheLL(シェル)のレビューと紹介をしています。利便性もさることながら、カスタムオーダーができる点がSheLL最大の魅了。オリジナルなチョークバッグが欲しい方にオススメです。
クライミングでオススメのブラシはPAMOとFAZA!
本記事では、私が実際に使ってきて良かったクライミング用ブラシを2本紹介してます。結論から言うと、「パモブラシ」と「ファザブラシ」は良いブラシでした。その理由については記事内の本文中で解説します。この記事は「クライミングにつかうブラシを探している人」にオススメです。
【パタゴニア ナノパフジャケット レビュー】濡れても温か!洗濯できる!プリマロフト使用の凄いヤツ
本記事ではパタゴニア ナノパフジャケットの紹介とレビューをしています。プリマロフトという素材が使われており、濡れても保温性が落ちにくく、メンテナンスも簡単。私はもう3年着ていますが、家で手軽に洗濯できるのが本当に楽です!本記事は登山の中間着/防寒着をお探しの方、ナノパフジャケットの情報が知りたい方にオススメです。
【ナンガ 焚き火ダウンジャケット レビュー】焚火にも街着にも。シックでアーバンなアウトドアウェア。
本記事ではナンガが製造/販売している「焚き火ダウンジャケット」の紹介とレビューをしてます。合わせやすいシンプルなデザインと、軽い着心地が大きなオススメポイント。特に気になる点もなく、買ってよかったアウトドアウェアです。記事内では、サイズ感なども含めて詳しく解説してます。
【オクトス スタッフバック】パッキングが楽になるアイテム
スタッフバックとは着替えや食料を小分けにして収納するための袋のことです。この記事ではオクトス社のスタッフバックについて紹介します。使っていて感じた5つのオススメポイントと2つの気になるポイントについても記載します。
【外岩にも対応】私のクライミングジムバッグとその中身を紹介します
飲み物や軽食、小物など、クライミングって意外と細かいモノが多くて大変ですよね。本記事では私のジムバッグとその中身を紹介しています。一つの例としてクライマーの方のお役に立れば幸いです。
アウトドアをもっとシンプルに。無印良品ミニトートバッグ【ポリエチレンシート使用】
アウトドアで使えるシンプルなデザインのバッグをお探しですか?本記事では、そんなアイテムをお探しの人にオススメのバッグ「無印良品 ポリエチレンシート・ミニトートバッグ」をご紹介しています。特にキャンプ好きの方、必見です。
【メレル モアブ ローカット レビュー】長靴代わりにもなって便利!アースカラーが格好良いトレッキングシューズ。
本記事では、メレルが製造/販売しているトレッキングシューズ、「モアブ ローカット」の紹介とレビューをしてます。筆者のモアブは、購入してから2年くらい経ちました。結論を言うと良い靴です。ただ、「適した使用シーン」と「やや適していない使用シーン」に分かれます。記事内では、そんな使用シーンについても書いてます。
【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩ならコイツは外せない。そんなクライミングシューズ
本記事ではスポルティバが製造/販売しているクライミングシューズ、「ミウラ」の紹介とレビューをしてます。「外岩ならコイツは外せない」と思えるほど、ミウラは"外"というフィールドに特化したクライミングシューズです。フリー、クラック、マルチピッチ(アルパイン含む)なんでもござれ。筆者にとって無くてはならないシューズです。
【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた最高のクライミングシューズ
本記事では、スポルティバが製造/販売しているクライミングシューズ「スクワマ」の紹介とレビューをしてます。スクワマは、クライミングを高いレベルでサポートしてくれるシューズです。筆者はもう2年以上履いており、2足目をリピート購入するくらい気に入ってます。本記事は「スクワマの購入を考えてる人」、必見です。
タイトルとURLをコピーしました