【ナンガ 焚き火ダウンジャケット レビュー】焚火にも街着にも。シックでアーバンなアウトドアウェア。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 正面キャンプファッション

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事では「ナンガ 焚き火ダウンジャケット」の紹介とレビューをしてます。

  • シックでアーバンな見た目
  • 収納力が高い
  • 難燃性と耐熱性が高い素材を使用
  • 軽くて温かい

焚き火ダウンジャケットには、大まかに以上のような特徴があります。

ノースフェイスでもパタゴニアでもなく、ナンガというブランドが好きな方にとって、冬の選択肢となり得るウェアです。

そんなわけで「【ナンガ 焚き火ダウンジャケット レビュー】焚火にも街着にも。シックでアーバンなアウトドアウェア。」について書いていきます。

スポンサーリンク

ナンガ 焚き火ダウンジャケットの外観/特徴

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 正面

焚き火ダウンジャケット」はアウトドアメーカー「ナンガ」が製造/販売しているダウンジャケットです。

ポリエステルにケブラという素材を混ぜることで、難燃性と耐熱性を高めています。

ダウンに関するスペックは次のとおりです。

  • 羽毛量:122g
    – ダウン80%
    – フェザー20%
  • フィルパワー(FP):650
ナンガ 焚き火ダウンジャケット 色

カラー:チャコールグレー(CHA)

焚き火ダウンジャケットは光沢のないマットな質感をしてます。

アウトドアウェアなのにどこか都会的な印象です。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット ダブルジッパー

▲着用してみるとこんな感じ。

ハイネックなので首元が温かいです。

各ポケットにはジッパーがついており、内容物の落下を防いでくれます。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット ダブルジッパー2

▲フロントはダブルジッパー仕様

寒いときにはジップをすべて閉めても良いですし、写真のようにAラインを強調してもOKです。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット ロゴ

▲左胸にはロゴが縫い付けられてます。

このロゴがパタゴニアのパロディみたいでお気に入り。

アキラ
アキラ

「良く見たらナンガだった」という感じが好きですw

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 袖口

▲袖はベルクロで絞れるようになってます。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット ドローコード

▲裾はドローコードでフィット感やシルエットを調節可能。

▲フードはこんな感じです。

全面左右と後ろにはドローコードが通ってます。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット ロゴ

▲裏地に移り、最初に飛び込んでくるのは「NANGA」のロゴと日の丸マーク。

アキラ
アキラ

NANGAのロゴ、カッコイイですよね!

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 内面ダウン

▲ダウンを包む裏地はこんな感じ。

袖通しが良く、フカフカで着心地が良いです

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 内ポケット1

焚き火ダウンジャケットには内ポケットが2つあります。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 内ポケット2

▲2つ折り財布やスマホ程度のモノだったら、余裕をもって収納可能です。

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 洗濯表示

▲最後に、素材比率と洗濯表示タグを写して焚き火ダウンジャケットの細部紹介を終わります。

ナンガ 焚き火ダウンジャケットのサイズ感

ナンガ 焚き火ダウンジャケット サイズ感1

178cm/61kg:Mサイズ着用

ナンガ 焚き火ダウンジャケット サイズ感2

背面

私の身体的特徴は以下のとおりです。

筆者の身体的特徴
  • 身長:178cm
  • 体重:61kg
  • 胸囲:83.5cm
  • 肩幅:50cm
  • 袖丈:60cm
  • 背が高く痩せ型/手が長い

そんな私は、焚き火ダウンジャケットの「Mサイズ」を着ています。

(購入した当初の体重は65kgだったのですが、それでも問題ありませんでした)

ナンガ 焚き火ダウンジャケットを3年間着てみた感想

私は焚き火ダウンジャケットを2016年12月に購入しました。

購入から2019年12月現在に至るまで、冬に週2〜3回のペースで着てきましたが、大きなダメージはありません。

アキラ
アキラ

街着としてもヘビーユースしてます!

ナンガ 焚き火ダウンジャケット 着続けた結果

多少の羽毛抜けや毛玉は出ましたが、軽くメンテナンスすればキレイな状態に戻りました。

ヘタりもなく、まだまだ長く着られそうです。

ロッククライミング時の防寒着として、岩場にも着ていきます。

一度、岩角に引っ掛けたことがあるのですが、ケブラの耐久性のおかげか、破れませんでした。

温かさについて

焚き火ダウンジャケットは、1枚でも充分に温かい防寒着です。

筆者は横浜在住なのですが、冬の大半を「肌着(エアリズム)+シャツ+焚き火ダウンジャケット」で過ごします。

ただ、もっとも寒くなる時期(1月〜2月)には、間にウルトラライトダウンを着込むこともあります。

個人の感想で恐縮ですが、温かさのイメージとして参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ナンガ 焚き火ダウンジャケット レビューまとめ

ナンガ 焚き火ダウンジャケット ダブルジッパー2

本記事は「【ナンガ 焚き火ダウンジャケット レビュー】焚火にも街着にも。シックでアーバンなアウトドアウェア。」について書きました。

焚き火ダウンジャケットは、コラボ商品の幅広さも魅力の一つ。

本記事で紹介したモデル以外にも、いろいろなデザイン/カラーの焚き火ダウンジャケットが販売されてます。

気になった方はチェックしてみてくださいね。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【6選】男ゴコロくすぐる!ミリタリーな小物達
本記事は、日常生活やアウトドアで役に立つ、ミリタリーな小物を6つ紹介しています。本記事で紹介する小物は、キャンプ/登山愛好家でもありサバゲー愛好家でもある筆者が、すべて実際に使っているモノたちです。キャンプサイトの彩りにいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました