【ノースフェイス バーブパンツ レビュー】オールシーズン履けるトレッキングパンツ

クライミングウェア

この記事で紹介している製品は旧モデルです。

2019年現行モデルとは異なりますのでご注意ください。

記事内では現行モデルとの違いも記載しています。

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

この記事では登山用パンツ【ノースフェイス バーブパンツ】について紹介します。

トレッキングパンツとして春〜秋、防寒をすれば冬でも履けるパンツです。

一番オススメしたい点は伸縮性の高さ

僕は登山とロッククライミングで履いていますが、動きにくさを感じたことがない逸品です。

他にも3つのオススメ点2つの気になる点があったので書いていきます。

この記事はこんな人にオススメ!
  • バーブパンツの購入を考えている人
  • 登山用パンツを探している人
スポンサーリンク

ノースフェイス バーブパンツとは?

ノースフェイスは言わずと知れたアウトドア製品制作・販売を手がけるアメリカの企業です。

バーブパンツはノースフェイスが制作した登山用パンツです。

バーブパンツ製品情報

公式サイトから一部抜粋

高いストレッチ性を持ち、トレッキングシーンをオールラウンドにサポートするパンツ。

股部分のV字切り替えをなくし、すっきりとしたストレートシルエットのデザインにリニューアルしました。

素材には適度な厚みがあり、防風性と適度な保温力も備えるため幅広いシーズンや用途で活用することができます。

多少の雨天にも対応できる撥水力と、ムレを排出する左右のベンチレーションもアウトドアには欠かせない機能。

ウエストは軽く操作性のよいバックル仕様です。

出典元:ノースフェイス バーブパンツ製品ページ

全面の写真。左右にジッパー付きのサイドポケットがあります。※旧モデルです

 

背面の写真。右側にジッパー付きのヒップポケットがあります。※旧モデルです

 

裏地はありません

ノースフェイス バーブパンツのここがオススメ!

伸縮性がとても高い

伸縮性がとても高いです

バーブパンツは伸縮性が高く、とても動きやすいです。

登山での歩行はもちろん、ロッククライミングで高く足をあげる時にも気になったことはありません。

バーブパンツの一番の魅力は伸縮性の高さです!

ほどよく厚手で耐久性が高い

しっかりとした生地です

生地が薄いパンツは涼しいですが、風が強いときには寒さを感じます。

バーブパンツの生地はほどよく厚手のため、風の冷たさを軽減してくれます。

生地がしっかりしているため、ロッククライミングでハードに使うこともできます。

ベンチレーションで熱を逃がせる

両太もも部にベンチレーション完備

バーブパンツの両太もも部にはベンチレーションがついています。

熱いこときはベンチレーションを開いて熱を逃がせます。

生地が厚いバーブパンツですが、ベンチレーションがあることで幅広いシーズンで履くことができます。

足首にドローコードがついている

太いドローコードがついています

バーブパンツの足首はドローコードで締めることができます。

ドローコードを締めることで靴の中に小石が入ったりするのを防げます。

またロッククライミングで足元を見ながら登りたい時もドローコードが役に立ちます。

ノースフェイス バーブパンツのちょっと気になる点

(長時間行動したときに)ベルトがスレて痛い

しっかりしたベルトですが…

バーブパンツのベルトはしっかりとした素材が使われており、操作性が良いです。

しかし長時間行動したときにベルトが股関節の骨と擦れ、痛くなることがありました。

ザックのウェストベルトの影響もあると思いますが…

対応策

休憩時にベルトを緩めれば痛くなるのを予防できます。

登山パンツに適したベルトとは?

ベルトの素材は細い紐でも体に食い込んで痛くなってしまいます。

いろいろ考えた結果、登山パンツのベルトには次のような素材が適していると思います。

登山用パンツのベルトに適した素材
  • ベルトに横幅がある
  • 素材が薄くてペラペラ

バーブパンツのベルトも「横幅がある」という点では良かったです。

ベルトに横幅があると体にかかる負担が分散されます

操作性は落ちますが「ベルトがもっと薄い素材だったらよかったかな?」と感じています。

(ハーネスを履いた時)太もも部にポケットがあると良かった

ハーネスのループがポケットと重なってしまいます

ハーネスを履くとハーネスがサイドポケットに干渉し、ポケットが使いにくくなってしまいます。

「太もも部にもポケットがあるともっと便利だな」と感じました。

スポンサーリンク

バーブパンツを選んだ理由

この時もバーブパンツを履いています。とても動きやすいです。

僕は次のようなシーンで使える登山パンツを探していました。

  • 春〜秋の日帰り/テント泊登山
  • 雪山入門
  • ロッククライミング

他の候補としてはファイントラック ストームゴージュアルパインパンツがありました。

ファイントラック製のパンツは太ももポケットもあり、使いやすそうです。

そんな中バーブパンツを選んだ理由は以下の通りです。

バーブパンツを選んだ理由
  • ファイントラックのものはバーブパンツに比べて生地が厚く、暑そうだった
  • バーブパンツのデザインが好みだった

僕は夏山を中心に登るので、生地が厚すぎるのはNGでした。

最終的にはデザインで決めてしまいましたが、買って4年経った今でもお気に入りの一本なので正解だったと思います。

寒いときはタイツを履けばOK!

2019年現行モデルで新しくなったこと

この記事で紹介しているバーブパンツは「旧モデル(商品型番:NB31505)」です。

2019年現行モデル(商品型番:NB31805)とは異なりますのでご注意ください。

旧モデルと2019年現行モデルとの大きな違いは以下の通りです。

2019年現行モデルで新しくなったこと
  • ヒップポケットにフラップがついた
  • ヒップポケットが1つ増えた
  • ベルトバックルが変更された
  • サイズ感が変更された

サイズ感については全体的に変更されました。

大まかに言うとウェストがゆったり目になりました。

サイズについては旧モデルと現行モデルは別物という印象ですので、購入するときは試着することをオススメします。

旧モデル(NB31505)のサイズ抜粋

 ウエスト脇丈※
S72cm97cm
M75cm101cm
L78cm105cm

現行モデル(NB31805)のサイズ抜粋

 ウエスト脇丈※
S76cm96cm
M79cm100cm
L82cm104cm

※脇丈とは「ウエストの上端から裾までの長さ」のことです。

178cm/61kgの僕は「旧モデルのMサイズ」を履いています!

バーブパンツ製品ページで詳しいサイズを確認できます。

スポンサーリンク

ノースフェイス バーブパンツのサイズ感

旧モデルのMサイズを履いています

僕は身長178cm/体重61kgで身長が高く痩せ型です。

僕はバーブパンツを【旧モデルのMサイズを裾直しせず】に履いています。

特に履きにくさは感じないので、良いサイズ感だったのでしょう。

5kg太っていたときでも快適に履けましたよ!

具体的な身体サイズは以下のページにてご確認ください。

私の体のサイズについて
ここでは私の体のサイズを記載しています。 ウェアのサイズ感把握に役立ててもらったらと思います。 素人採寸のため、多少の誤差はご容赦ください。

ノースフェイス バーブパンツ レビューまとめ

以上でノースフェイス バーブパンツの紹介を終わります。

バーブパンツについてまとめると以下の通りです。

オススメ点
  1. 伸縮性がとても高い
  2. ほどよく厚手で耐久性が高い
  3. ベンチレーションで熱を逃がせる
  4. 足首にドローコードがついている
気になる点
  1. (長時間行動したときに)ベルトがスレて痛い
  2. (ハーネスを履いた時)太もも部にポケットがあると良かった

バーブパンツは気になるポイントを打ち消すくらい、伸縮性が高く履きやすいです。

オールシーズン、いろいろな登山体系で履けるパンツです。

ファスナーの動作も滑らかですし、生地のヘタリも感じなく「まだまだ履けるなぁ」と思っています。

登山用パンツを検討中の方、バーブパンツも考えてみてはいかがでしょうか?

この記事があなたにとって役に立つものであったなら幸いです。

それでは

この記事で紹介している製品は旧モデルです。

2019年現行モデルとは異なりますのでご注意ください。

記事内では現行モデルとの違いも記載しています。

タイトルとURLをコピーしました