【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩ならコイツは外せない。そんなクライミングシューズ

スポルティバ ミウラ サムネイルクライミングシューズ

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事ではスポルティバが製造/販売しているクライミングシューズ、「ミウラ」の紹介とレビューをしています。

ミウラの特徴/魅力
  • 鋭いエッジング性能
    – 粒に乗れる!立てる!
  • カチッと掛かるヒール
  • 意外と楽なレースアップ着脱
  • 硬いソールは長時間のクライミング(アルパインなど)にもgood!

大まかにですが、ミウラには以上の特徴/魅力があります。

スメアリングやトゥフックはちょっと苦手ですが、それ以外のスペックが高く、外岩で安定の一足です。

記事内では、筆者がミウラを4年ほど履いた感想を、写真多めで記載しています。

アキラ
アキラ

サイズ感も詳しく解説!

そんなわけで「【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩ならコイツは外せない。そんなクライミングシューズ」について書いていきます。


スポンサーリンク

筆者のクライミングシューズ遍歴

私はこれまで7足のクライミングシューズを履いてきました。

現在のメインシューズはスクワマです。

ミウラはかつてのメインシューズ。

いまは主に外岩用として使っています。

クライミングシューズ遍歴
  1. スカルパ – フォース
  2. スポルティバ – パイソン
  3. スポルティバ – ミウラ(レース)
  4. ファイブテン – アナサジ(レース)
  5. スポルティバ – スクワマ
  6. スポルティバ – ソリューションReboot
  7. スポルティバ –  スクワマ / リピート購入

スポルティバ ミウラの外観/スペック

スポルティバ ミウラ 外観

ミウラ」はスポルティバが製造/販売しているクライミングシューズです。

基本スペック/機能は次のとおりとなっています。

アッパースエードレザー
ソールVibram XS EDGE 4.0mm
サイズ(EU表記)36~46(ハーフサイズあり)
重さ(1/2ペア)約245g
特徴
  • 小さなホールドやヒールフックに最高の精度を発揮
  • ダブルテンションランドにより足を最大限に包み込む
  • ライニングがややソフトになり、足入れ感が向上

参考:ミウラ製品情報ページ

細部を見ていきましょう。

スポルティバ ミウラ ソール

まずはソールについて。

ミウラには「ビブラムXS エッジ」という、やや硬めのゴムが4mmの厚さで貼られています。

ビブラムXS エッジは強い荷重をかけても安定感があるソール

強傾斜では少し弾かれやすいですが、粒に乗る/立ち込むといったシチュエーションに強いです。

スポルティバ ミウラ サイド①

スポルティバ ミウラ サイド②

フリクション性のあるゴムがシューズ側面にも貼られてるため、クラック・クライミングにも対応できます。

スポルティバ ミウラ ターンイン

シューズ先端部はターンインしています。

  • 硬めのソール
  • 硬めのシューズ本体
  • 親指側に力が集まるターンイン形状

以上の要素が相まって、鋭いエッジングが得意です。

スポルティバ ミウラ ヒール ①

ヒールも硬めなため、カチッとしたフックが可能。

これがビックリするほどよく掛かるんです。

初めてミウラを履いたときは、ヒールフック性能の高さに感動しました。

アキラ
アキラ

硬いヒールはフック時の痛みも小さいです!

スポルティバ ミウラ プルタブ

着用時に使うプルタブは太め。

ここが細いと指が痛くなるので、うれしい設計です。

スポルティバ ミウラ レースアップ

ミウラの着脱やフィット感の調節には、レース(紐)を使います。

「レースって大変そう…」と思うかもしれませんが、ミウラの場合、意外と簡単なのでご安心を。

ミウラ独自のシステムにより、レースアップシューズにしてはスピーディーに着脱できます。

ただ、トゥフック時にはレースが干渉してしまう点がウィークポイントです。

トゥフック性能を重視するなら、別のクライミングシューズをおすすめします。

スポルティバ ミウラ レース穴

レースを通す穴は革で頑丈に作られています。

4年以上使っていますが、レース穴に破損はありません。

スポルティバ スクワマ ミウラ レビュー トゥボックス比較

上の写真は、スクワマミウラのトゥボックスを比較したものです。

ご覧のとおり、ミウラのトゥボックスは狭い作りになっています。

このため履くと結構痛いです。


※本記事のミウラは2015年に購入したものです。

現行のミウラはシューズの内側素材が少しソフトになり、足入れ感が向上しています。

参考:ミウラ製品情報ページ


しかし、痛い分、登れる靴でもあります。

  • 狭いトゥボックス
  • ターンイン
  • 硬いソール
  • 硬いシューズ本体

以上を兼ね揃えたミウラは、抜群の立ち込み性能を発揮します。

ミウラを導入することで、それまで乗れなかった粒に乗れるようになりました

スポルティバ ミウラ 4年弱使用レビュー

ここからは、私がミウラを履いてきて感じたことを、ざっくばらんに書いていきます。

ざっとですが、ミウラが得意なこと/苦手なことは次のとおり。

得意
  • 粒に立ち込む
  • ヒールフック
  • 花崗岩(粒子の粗い岩)
  • 長時間のクライミング
苦手
  • ハリボテ(スメアリング)
  • トゥフック
  • 強傾斜

以上から、ミウラは外岩安定のクライミングシューズというのが、私なりの結論です。

硬いソールは”立つ”という行為も補助してくれるため、マルチピッチやアルパインのような長時間のクライミングにも向いています。

アキラ
アキラ

重い荷物を背負ってもソールが負けません!

事実、筆者のアルパインデビューには、ミウラを履いていきました。

私はミウラを外岩用シューズとして使っていますが、インドアでも、

  • 粒への立ち込み
  • ヒールフック

が上手くできないときはミウラを履きます。

それくらいエッジング/ヒールフック性能に優れているのがミウラです。


スポンサーリンク

スポルティバ ミウラのサイズ感について

筆者の足のサイズ

自分 足 サイズ①

自分 足 サイズ②

筆者の足のサイズは以上のとおり。

朝一番の、むくんでないときに測りました。

情報を補足すると、筆者の足には次のような特徴もあります。

  • 右足の方がハーフサイズくらい小さい
  • 足型は親指が最も長いエジプト型
アキラ
アキラ

クライミングシューズは裸足で履く派です。

筆者の体重(64〜67kg)

筆者の身長は約178cm、体重は約67kgです。

いつもだいたい64〜67kgの間で推移しています。

クライミングシューズの使用感(足裏感覚)は体重によっても変化するので、参考までに書かせていただきました。

選んだサイズとその感想

スポルティバ ミウラ サイズ感

そんな私はミウラのEU39を履いています。

私にとって、ミウラは「EU39」がドンピシャです。

良く踏めるし、満足しています。

(欲を言うと、マルチピッチ用にもう少し大きいサイズのミウラが欲しかったりもします。)

スポルティバ ミウラ レビューまとめ

本記事は「【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩ならコイツは外せない。そんなクライミングシューズ」について書きました。

ミウラの特徴/魅力
  • 鋭いエッジング性能
    – 粒に乗れる!立てる!
  • カチッと掛かるヒール
  • 意外と楽なレースアップ着脱
  • 硬いソールは長時間のクライミング(アルパインなど)にもgood!

ミウラは”外”というフィールドで幅広く活躍してくれます。

外岩を志向する方にとって選択肢となり得るクライミングシューズです。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

以上、アキラでした。

ミウラを買うなら送料無料/サイズ交換無料のクライムスワールド(楽天市場店/Yahoo!店)がおすすめです。


履いてきたクライミングシューズ7足の紹介とレビュー
本記事では私が履いてきたクライミングシューズ7足(+1足)の紹介とレビューをしています。サイズ感も詳しく記載したので、クライミングシューズ選びの参考にして頂けたら幸いです。本記事は「良いクライミングシューズを探してる人」「各シューズの情報を探している人」におすすめです。
【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた素晴らしいクライミングシューズ
本記事では、スポルティバが製造/販売しているクライミングシューズ「スクワマ」の紹介とレビューをしています。スクワマは、クライミングを高いレベルでサポートしてくれるシューズです。筆者はもう2年以上履いており、2足目をリピート購入するくらい気に入ってます。本記事は「スクワマの購入を考えてる人」、必見です。
リードクライミングに必要な道具、あると便利な道具。
リードクライミングにはいろいろな道具が必要です。やってみたいけど、道具選びで困っている方も多いのではないでしょうか?本記事では「リードクライミングに必要な道具と、あると便利な道具」を紹介してます。筆者おすすめの製品もあわせて紹介しているので、リードクライミングに興味がある方は必見です。
【2022年】リードクライミングでおすすめなクイックドロー 5選!
本記事では、リードクライミングにおけるクイックドローの選び方の解説と、おすすめ製品を5つ紹介しています。筆者はクイックドロー選びに失敗した過去がありまして、そのときの失敗談を踏まえてこの記事を書きました。「初めてクイックドローを買う」「クイックドロー選びで迷ってる」「おすすめのクイックドローを知りたい」という方、必見です。
クライマーがガチで選ぶクライミング便利グッズ15選!プレゼントにも最適!
私は、登攀に関係しない、いわゆる「便利グッズ」を集めるのが趣味のクライマーです。本記事では、歴7年のクライミング愛好家である筆者が、ガチで選んだクライミング便利グッズを15個ご紹介。「クライミング環境を快適にしたい」「日頃頑張ってる自分にご褒美をあげたい」「クライマーの友人にプレゼントを贈りたい」という方は、ぜひ記事を読み進めてみてください。きっとお役に立てるハズです。
タイトルとURLをコピーしました