【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた素晴らしいクライミングシューズ

スポルティバ スクワマ レビュー 外観①クライミングシューズ

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ、「スクワマ」の紹介とレビューをしています。

スクワマの特徴
  • 強傾斜に強いダウントゥ形状
  • 足裏感覚に優れた柔らかめなソール
  • エッジング/スメアリング性能の両方を有す
  • よく掛かる硬めなヒール
  • 高いトゥフック性能
  • 意外とソフトな足入れ感
  • 細部の耐久性も高い
  • 外岩にも適したオールラウンダー

大まかにですが、スクワマには以上のような魅力があります。

私はこれまで6足のクライミングシューズを履いてきましたが、スクワマが1番のお気に入りです。

その理由については、本文中で解説します。

アキラ
アキラ

サイズ感も詳しく書いてます!

そんなわけで「【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた素晴らしいクライミングシューズ」について書いていきます。

スポンサーリンク

私のクライミングシューズ遍歴

私はこれまで6足のクライミングシューズを履いてきました。

今はスクワマミウラを状況に応じて使い分けています。

クライミングシューズ遍歴
  1. スカルパ – フォース
  2. スポルティバ – パイソン
  3. スポルティバ – ミウラ(レース)
  4. ファイブテン – アナサジ(レース)
  5. スポルティバ – スクワマ
  6. スポルティバ – ソリューションReboot

▶これまで履いてきたクライミングシューズのまとめ記事はこちら

▶スポルティバ ミウラのレビューはこちら

履いてきたクライミングシューズ6足の紹介と感想
この記事ではこれまで履いてきたクライミングシューズについて、簡単に紹介と感想を書いてみます。 私の足の実寸と各シューズのサイズも記載しましたので、あなたのシューズ選びの役にたてれば幸いです。
【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩安定の名作クライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「ミウラ」のレビューをしています。ミウラは、強傾斜やボテ乗りは少し苦手かもしれませんが、それを補って余りあるエッジング&ヒールフック性能を有しています。本記事は「外岩/マルチピッチ/クラック/アルパイン用のシューズを探している」「ミウラが気になってる人」にオススメです。

スクワマの外観/スペック

スポルティバ スクワマ 外観②

スクワマ」はスポルティバが販売しているクライミングシューズです。

スポルティバ スクワマ ダウントゥ形状

▲スクワマは前傾斜に適したダウントゥシューズ。

爪先が下がっていることにより、傾斜のある壁のフットホールドに爪先を掛けやすく、力も伝えやすいという特徴があります。

スクワマを履いてみると、ダウントゥ形状と柔らかめなソールが相まって、強傾斜課題でも足が切れにくいことに驚きました。

スポルティバ スクワマ P3システム

スクワマにはP3システムという、通常よりもダウントゥ形状を長くキープできる仕組みが備わっています。

本記事で紹介しているスクワマは2017年9月に購入しました。

メインシューズとしてハードユースしてきましたが、2020年1月現在でもダウントゥ形状が維持されています。

▲ソールには「ビブラムXS グリップ2」が3.5mmの厚さで貼られています。

ビブラムXS グリップ2は柔らかめで足裏感覚に優れるソール

3.5mmという厚さは、足裏感覚を残しつつも、細かいフットホールドの痛みをあまり感じることのない絶妙な設定です。

アキラ
アキラ

痛いのは苦手なので嬉しい!

本記事のスクワマは一度リソールしたため、シューズ底面の写真は新品のモノと異なります。

リソール時には新品と同様のソール(ビブラムXS グリップ2/3.5mm)を貼ってもらいました

ヒールは硬めで、よく掛かります。

ヒールフック最強とうたわれるスポルティバ ミウラと甲乙つけがたいヒール性能だと感じました。

私の足型はスクワマのヒールカップに合っていたため、ヒール側面がパカパカしたり、かかとがズレたりすることもありません。

アキラ
アキラ

硬いヒールは痛みも少ないです!

▼ちなみに

ヒールカップには新採用のテクノロジー「Sヒール」が使われています。

スクワマの製品ページには、「インサイドのブリッジがヒールフック時、横方向の逃げを抑え確実にホールドをとらえる」と記載がありますが…

私の力量では、Sヒールの繊細な違いを感じることができませんでした。

アキラ
アキラ

ヒールがよく掛かることは分かりました!

スクワマの着脱やフィット感の調節には、一本締めのベルクロバンドを使います。

バンドは太く、金具も強固なため、よほど手荒に扱わない限りはベルクロバンドが千切れたり、金具が破損したりする心配はありません。

現に私はスクワマを2年半ほど履いていますが、上記箇所の不具合は見受けられないです。

アキラ
アキラ

細部の耐久性が高いのは嬉しいですね!

スポルティバ スクワマ トゥラバー

トゥラバーは足の甲の大部分に貼られています。

スクワマは靴自体も柔らかいため、爪先を反り、ホールドに添わせるようなトゥフックが可能です。

アキラ
アキラ

トゥもよく掛かります!

ただトゥフック性能においては、試着会で履いた、イボルブ「アグロ」の方が優れていると感じました。

スポルティバ スクワマ レビュー プルタブ

▲着用時に使うプルタブは太めで、シューズを履くときに扱いやすいです。

スポルティバ スクワマ レビュー トゥボックス比較

上の写真は、スクワマミウラのトゥボックスを比較したもの。

ご覧の通り、スクワマのトゥボックスは幅広な作りになっています。

このため足入れは割とソフトで、それほど痛みをともないません。

かといって足先のフィットは緩い感じがせず、ジブスへの立ち込みもしっかりできます。

ソールに加え、靴自体も柔らかいため、ハリボテへのスメアリングなんかもやりやすいです。

アキラ
アキラ

絶妙な柔らかさ!

以上でスクワマの外観/スペック紹介を終わります。

スクワマ 2年間使用レビュー

ここからは私がスクワマを履いてきて感じたことを、ざっくばらんに書いていきます。

スクワマは高次元でバランスの取れた素晴らしいクライミングシューズです。

「バランスの取れた」と書くと伝わりづらいと思いますが、スクワマを説明するには「バランスの取れた」という表現がピッタリです。

スクワマは、前述した通り、

  • エッジング
  • スメアリング
  • ヒールフック
  • トゥフック

といったクライミングで必要となる多くの技術に対応できるクライミングシューズ。

ひとつひとつの性能も高く、高レベルなオールラウンダーとも言い換えることができます。

以上より、スクワマには「バランスの取れた」という言葉が最適です。

外岩にも強い

スポルティバ スクワマ レビュー 外岩

柔らかいクライミングシューズは、石灰岩やチャートといった、ツルツルした岩質に適しています。

スクワマもその例に漏れず、上記のような岩質に向いています。

私がスクワマを選んだ岩場
  • 神戸(かのと) – 岩質:石灰岩、垂壁〜薄かぶり
  • 御岳 – 岩質:チャート 
  • 城ヶ崎 – 岩質:安山岩、垂壁〜オーバーハング

柔らかい靴の分類に入るスクワマですが、柔らかすぎないため、硬い靴が適した岩場や課題でも”つぶし”が効きます。

アキラ
アキラ

「インドアがメインだけど、外岩も視野に入れたい」という人にもオススメ!

スポンサーリンク

スクワマのサイズ感について

スポルティバ スクワマ レビュー サイズ感

私が履いているスクワマのサイズはEU38です。

欲を言うと右足だけハーフサイズ小さくしたいのですが、EU38が私にとってちょうどいいサイズでした。

スクワマの適正サイズの目安について、スポルティバの公式サイト内に記述があったので引用します。

適正サイズの目安は、(足長)25.5cmでEU38~38.5くらいです。

引用:スポルティバ スクワマ製品ページ


▼私の足のサイズ▼

自分 足 サイズ①

自分 足 サイズ②

 左足右足
足囲22.3cm21.8cm
足長25.5cm25.0cm
足高6.9cm6.2cm

※朝一番の、むくんでいないときに測りました。

私に関する補足情報
  • 右足の方がハーフサイズくらい小さい
  • 足型は親指が最も長いエジプト型
  • クライミングシューズは裸足で履く派

2020年新色 赤いスクワマ(ブラックポピー)

ブラックイエロー1色(WOMENを除く)だったスクワマですが、2020年に新色が発売となります。

カラーはブラックポピー

個人的に”どストライク”なカラーリングなので、今履いているスクワマがダメになったら、ブラックポピーに乗り換えます(笑)

スポンサーリンク

スクワマ レビューまとめ

本記事は「【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた素晴らしいクライミングシューズ」について書きました。

スクワマの特徴
  • 強傾斜に強いダウントゥ形状
  • 足裏感覚に優れた柔らかめなソール
  • エッジング/スメアリング性能の両方を有す
  • よく掛かる硬めなヒール
  • 高いトゥフック性能
  • 意外とソフトな足入れ感
  • 細部の耐久性も高い
  • 外岩にも適したオールラウンダー

欠点らしい欠点がなく、各スペックが高いのがスクワマのスゴイところ。

クライミングシューズをお探しの方は、スクワマも検討してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

スポルティバのクライミングシューズを買うなら、送料無料/サイズ交換無料のクライムスワールド(楽天店/Yahoo!店)がオススメです。


【クライミング/ボルダリング】2019年、買って良かったもの-8選!
本記事では、リードクライミングからボルダリングまでやっている一般クライマーの私が、2019年に買ってよかったクライミングアイテムを8つ紹介しています。どれもクライミングをより楽しくしてくれるモノばかりでした。本記事はクライマーの方にオススメです。
履いてきたクライミングシューズ6足の紹介と感想
この記事ではこれまで履いてきたクライミングシューズについて、簡単に紹介と感想を書いてみます。 私の足の実寸と各シューズのサイズも記載しましたので、あなたのシューズ選びの役にたてれば幸いです。
【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩安定の名作クライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「ミウラ」のレビューをしています。ミウラは、強傾斜やボテ乗りは少し苦手かもしれませんが、それを補って余りあるエッジング&ヒールフック性能を有しています。本記事は「外岩/マルチピッチ/クラック/アルパイン用のシューズを探している」「ミウラが気になってる人」にオススメです。
【イボルブ アグロ レビュー】とても良い靴!生産が継続されて欲しい!
本記事ではイボルブが販売しているクライミングシューズ「アグロ」のレビューをしています。(…といっても試着会で履き込んだ感想です)1年以上購入しようか悩んでおり、履いた感じも上々でした。本記事は「イボルブ アグロが気になっている人」にオススメです。
タイトルとURLをコピーしました