履いてきたクライミングシューズ6足の紹介と感想

クライミングシューズ

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

この記事では、私がこれまで履いてきたクライミングシューズについて、簡単に紹介と感想を書いてみます。

クライミングを始めて早5年、思い返せばいろいろなシューズを履いたなぁとしみじみ感じます。

様々なシューズを履いてみることで自分に合う性能を知ることができました。

私の足の実寸と各シューズのサイズも記載しているので、あなたのシューズ選びのお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク

私の足のサイズ

まずはじめに、私の足のサイズについて以下に表記します。朝一番の、むくんでいないときに測りました。

「ずっと履いていると痛いが、30分くらいなら大丈夫」なサイズ感が好みです。

▼私の足のサイズ▼

自分 足 サイズ①

自分 足 サイズ②

 左足右足
足囲22.3cm21.8cm
足長25.5cm25.0cm
足高6.9cm6.2cm
私に関する補足情報
  • 右足の方がハーフサイズくらい小さい
  • 足型は親指が最も長いエジプト型
  • クライミングシューズは裸足で履く派

【1足目】スカルパ フォース

  • 製造メーカー:スカルパ 
  • 製品名:フォース
  • サイズ:シューズ内表記【EU41】
  • 購入時期:2014年2月(クライミングを始めて1ヶ月)

最初の一足目はフォースを履きました。

エントリー用として大きめを購入しました。

靴の感想

履いてきたシューズの中で脱ぎ履きが最もしやすく、すぐに壁に取り付ける靴でした。

ソールは意外と固めで外岩でもそれほど痛くなかったです。

途中からは外岩(スラブ〜垂直壁)の優しいグレード用の靴になりました。

サイズ感

シューズに表記されているサイズで【EU41】です。

大きめだったため、スラブ壁の小さいホールドに立ち込むときズレを感じました。

シューズの性能云々よりも、サイズが大きすぎたため履かなくなっていきました。

【2足目】スポルティバ パイソン

  • 製造メーカー:スポルティバ
  • 製品名:パイソン
  • サイズ:シューズ内表記【EU40
  • 購入時期:2014年12月(クライミングを始めて約1年)

二足目はパイソンです。

ジムで上手い人がよく履いており、憧れもあって購入しました。

フォースが大きめだったため、フォースよりも足入れが狭く感じるものを選びました。

靴の感想

全体的にとても柔らかい靴で、強傾斜でも足が残ることに感動しました。

履いた6足の中で一番柔らかかったです!

ソールも薄く、フットホールドを足の指で感じることができました。

「足で掴む」ってこういうことなのかな?

またヒールカップが私に合っており、ヒールのフィット感が抜群に良かったです。

サイズ感

シューズに表記されているサイズでEU40です。

フォースよりも攻めたサイズを履いたので、細かいホールドにも立てるようになりました。

しかし、履いているうちにワンサイズくらい伸びました。

ちょっと気になった点

ヒールカップが柔らかいタイプでヒールフックすると痛いことが気になりポイントでした。

潰すヒールフックタイプ、というヤツですかね?

クライミング仲間には「ヒールがホールドの形状に潰れる方が好き」という人もいるので、合う人には合うと思います。

柔らかい靴ということもあり、外岩(スラブ〜垂直壁)の細かいホールドを踏むと足の指がとても痛かったです。

ちょっと我慢できない痛さだったため、外岩用の靴を検討し始めました。

スポンサーリンク

【3足目】スポルティバ ミウラ レースアップ

  • 製造メーカー:スポルティバ
  • 製品名:ミウラレースアップ
  • サイズ:シューズ内表記【EU39
  • 購入時期:2015年10月(クライミングを始めて約1年10ヶ月)

3足目はミウラレースアップです。

クライミングを始めて約1年10ヶ月、パイソンが痛んできたのと、外岩にも行くようになったので購入しました。

2019年現在はレースアップもダウントゥしていますが、私が購入したときはフラットソールでした。

ミウラの個別記事はこちら

【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩安定の名作クライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「ミウラ」のレビューをしています。ミウラは、強傾斜やボテ乗りは少し苦手かもしれませんが、それを補って余りあるエッジング&ヒールフック性能を有しています。本記事は「外岩/マルチピッチ/クラック/アルパイン用のシューズを探している」「ミウラが気になってる人」にオススメです。

靴の感想

全体的に硬い靴で、外岩の尖ったホールドにもしっかり立ちこめます。

外岩のエントリーとしてはフォースを使ってましたが、サイズも大きかったためイマイチ登りにくいと感じていました。

ミウラにした途端、フォースで苦戦していたところをスイスイ登れたので「シューズ性能とサイズってやっぱり大事だな」と感じたことを覚えています。

パイソンでスポルティバ社のヒールカップの素晴らしさを知りましたが、ミウラはパイソンよりヒールが硬いため痛くなく、私にとても合うヒールでした。

脱ぎ履きもそこまで大変ではありませんよ!

サイズ感

シューズに表記されているサイズでEU39です。

薄手の靴下を中に履くこともできるので「素足ならもうハーフサイズ小さくできるかな?」という印象です。

外岩用として今も使っています!

ちょっと気になった点

アウター素材も硬いため、指の関節と接する部分がスレて痛いです。

ミウラは登れますが、履いてきた靴の中で最も痛いという印象ですね…。

ソールも硬いため、インドアジムだと強傾斜で足が弾かれるのを感じました。

なんだかんだジムで登ることが多いため、ジム向きのシューズを探し始めました。

【4足目】ファイブテン アナサジ レースアップ

  • 製造メーカー:ファイブテン
  • 製品名:アナサジ レースアップ
  • サイズ:シューズ内表記【EU40
  • 購入時期:2017年3月(クライミングを始めて約3年2ヶ月)

ミウラを導入し、外岩にも行き始め、燃えている!というときにケガをしてしまい、約1年クライミングをおやすみしていました。

アナサジは復帰後に購入した靴です。

結論から言うと、足型が合わなかったため履く機会が減っていきました。

靴の感想

初めてのファイブテンのシューズでした。

ダウントゥはしていなく、フラットなソールです。

「アナサジレースアップは細身でクラックにねじ込みやすい」というレビューを見かけたため、導入しました。

購入当時はクラックもやりたかったのです

足入れも優しく、スレて痛いということはありませんでした。

癖もなく、オールラウンダーという印象です。

サイズ感

シューズに表記されているサイズでEU40です。

サイズ表記は大きくなりましたが、実際に履くと結構攻めたサイズを導入しました。

靴下とあわせると履けないくらいのサイズ感でした。

ちょっと気になった点

ヒールカップの横がパカパカしてしまい、違和感を感じてました。

「足の細い人向けの靴かなぁ」という印象です。

レースが長く配置されておりフィット感を調整できるのは良い点ですが、ミウラ レースアップと比べて脱ぎ履きが大変でした。

また結局のところ、クラッククライミングをやる機会が少なかったのであまり履かなくなってきました。

いろいろな靴を履いてきて「自分の足に合う靴はスポルティバかなぁ」と考えが固まってきました。

スポンサーリンク

【5足目】スポルティバ スクワマ

  • 製造メーカー:スポルティバ
  • 製品名:スクワマ
  • サイズ:シューズ内表記【EU38
  • 購入時期:2017年9月(クライミングを始めて約3年9ヶ月)

当時はアナサジとミウラを中心に履いていましたが、コンペに出ることになりインドアクライミングに適した靴を導入したくなりました。

そこで導入したのがスクワマ。

今のところ、インドアにおけるベストシューズとなりました。

スクワマの個別記事はこちら

【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた素晴らしいクライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「スクワマ」の紹介とレビューをしています。スクワマは、様々なクライミングの実現を高いレベルでサポートしてくれるクライミングシューズです。欠点らしい欠点がないのも魅力の一つ。本記事は「スクワマが気になってる人」にオススメです。

靴の感想

柔らかめの靴です。

靴の硬さ的には

ミウラ > フォース > アナサジ ≒ スクワマ >> パイソン

という印象です。

スクワマのいいと感じたところ
  • 柔らかいため、強傾斜で足が残る
  • スラブへの立ち込みもこなせる
  • スメアリングがやりやすい
  • ヒールに剛性がある
  • トゥフックもよくかかる
  • バンドが太く、耐久性がある
  • 足入れも悪くない

ヒールはミウラより柔らかく、パイソンより硬いです。

スポルティバのヒールカップがとても気に入っていたので、まさにベストな硬さでした。

「柔らかいけどヒールは硬い靴」を探していた私にピッタリでした。

硬めのヒールが好きです

サイズ感

シューズに表記されているサイズでEU38です。

ちょっと伸びたため、もうハーフサイズ小さくできるかな?と思いますが、EU38が今のベストサイズです。

痛すぎると楽しめないのです…

欲を言うと右足だけハーフサイズ小さくしたいです。

ちょっと気になった点

正直、無いです。

それくらい気に入ってます。

【6足目】スポルティバ ソリューション リブート

  • 製造メーカー:スポルティバ
  • 製品名:ソリューション リブート
  • サイズ:シューズ内表記【EU38-1/2
  • 購入時期:20187月(クライミングを始めて約47ヶ月)

スクワマに穴が開いたタイミングでソリューションを導入しました。

当時は2級をドンドン落とせるようになり、成長を強く実感している時期でした。

クライミングを始めた当初から応援している、野口啓代選手が愛用していた靴でもあったので「いつかこの靴を履くんだ!」という夢もありました。

しかし、攻めすぎて痛くて履けないという残念な結末を迎えることになったのです…。

靴の感想

旧ソリューションよりも柔らかくなったと言えど、履いてきた中では割と硬めの靴でした。

ミウラ > ソリューションR > フォース > アナサジ ≒ スクワマ >> パイソン

という印象です。

爪先一点に力が集中するような作りでした。

作りとしては旧ソリューション系列(ソリューションR、スクワマなど)なので、スクワマが合う人には合うと思います。

ヒールの剛性も高く、私好みなヒールでした。

サイズ感

シューズに表記されているサイズでEU38-1/2です。

外岩で限界ギリギリの課題をやるには良いサイズ感ですが、インドアで履き続けるには痛みが強かったです。

もうハーフサイズ大きいものがベストだったかな、と思います。

ちょっと気になった点

フィット感を調節するバンドが細く、耐久性が心配な点が気になりました。

旧ソリューションよりも太くなったとはいえ、気をつけて使わないとすぐに切れてしまいそうでした。

スポンサーリンク

おわりに

以上が私の履いてきたクライミングシューズです。

今は次のように使い分けています。

  • インドア用:スクワマ
  • 外岩用  :ミウラ

しばらくはミウラとスクワマで頑張ろうかなと思っています。

クライミングは自分で試行錯誤しないと登れないところが魅力ですよね。

しかし、最後のワンプッシュを助けてくれるのがシューズです。

自力をあげるのはモチロンですが、自分に合う靴を履いて届かなかったホールドを取りにいきましょう!

この記事があなたの役に立ったなら幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

クライミングシューズを買うなら、送料無料/サイズ交換無料クライムスワールド(楽天市場店/Yahoo!店)がオススメです。


【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩安定の名作クライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「ミウラ」のレビューをしています。ミウラは、強傾斜やボテ乗りは少し苦手かもしれませんが、それを補って余りあるエッジング&ヒールフック性能を有しています。本記事は「外岩/マルチピッチ/クラック/アルパイン用のシューズを探している」「ミウラが気になってる人」にオススメです。
【スポルティバ スクワマ レビュー】高次元でバランスの取れた素晴らしいクライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「スクワマ」の紹介とレビューをしています。スクワマは、様々なクライミングの実現を高いレベルでサポートしてくれるクライミングシューズです。欠点らしい欠点がないのも魅力の一つ。本記事は「スクワマが気になってる人」にオススメです。
【クライミング/ボルダリング】2019年、買って良かったもの-8選!
本記事では、リードクライミングからボルダリングまでやっている一般クライマーの私が、2019年に買ってよかったクライミングアイテムを8つ紹介しています。どれもクライミングをより楽しくしてくれるモノばかりでした。本記事はクライマーの方にオススメです。
タイトルとURLをコピーしました