【オススメも紹介】いろいろあって、「登山の靴下は二重にする」に至りました。

登山 靴下 二重 重ね履き サムネイル登山ウェア

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

この記事では登山における靴下について、私がやっている方法を紹介します。

結論から言うと、薄手の5本指ソックスと厚手のウールソックスを重ね履きしています。

  • どんな靴下を履いているの?
  • なんで二重履きになったの?

ということについて記事内にまとめました。

登山における一つのアイディアとして、あなたの参考になれば幸いです。

そんなわけで「【オススメも紹介】いろいろあって、「登山の靴下は二重にする」に至りました。」について書いていきます。

スポンサーリンク

私が履いている靴下紹介

登山 靴下 二重 例

上の写真は、私が登山で使っている靴下を写したモノです。

いろいろと試行錯誤の結果、「薄手の5本指ソックスと厚手のウールソックスの二枚重ね」というスタイルに落ち着きました。

春〜冬の低山までこのスタイルで山に登っています。

アキラ
アキラ

夏でも厚手のウールソックスを履いています!

薄手:ペーパーファイバー5フィンガーソックス

薄手の靴下はC3fit社のペーパーファイバー5フィンガーソックスというモノ。

トレイルランニングを少しだけやっていたときに導入した靴下です。

ペーパーファイバー5フィンガーソックスには、いろいろとオススメポイントがありますが、1番の魅力はドライ感が持続するところ。

この靴下を導入する前は、安い5本指ソックスを履いてました。

が、安い5本指ソックスと厚手の靴下の二枚重ねで履いていると、靴の中がムレて不快感があったんですよね…。

ところが薄手の靴下をペーパーファイバー5フィンガーソックスに変えてみたところ、ムレを全くと言っていいほど感じなくなったのです。

アキラ
アキラ

明らかに快適になりました!

それ以来、ペーパーファイバー5フィンガーソックスを愛用していますし、登山仲間にもオススメしています。

筆者の普段の靴のサイズは27.0cm

足の全長(実寸)は【左足:25.5cm / 右足:25.0cm】です。

そんな私は、ペーパーファイバー5フィンガーソックスのMサイズを履いています。

厚手:トレッキングヘビークルー

スマートウール トレッキングヘビークルー 外観

厚手の靴下はスマートウールのトレッキングヘビークルーというモノ。

トレッキングヘビークルーには、ウールの中でも上質なメリノウールという素材がメインで使われています。

メリノウールには、

  • 保温性
  • 除湿性
  • 防臭効果

があるという点が大きな特徴です。

トレッキングヘビークルーはメリノウールの特徴に加え、程よく厚手でクッション性が高く締め付けも優しいので、長時間歩いても足が痛くなりにくい靴下でした。

私の普段の靴のサイズは27.0cm

足の全長(実寸)は【左足:25.5cm / 右足:25.0cm】です。

そんな私は、トレッキングヘビークルーのMサイズを履いています。

なぜ靴下の二重履きに至ったのか?

最初は一枚履きでした

登山を始めた初期の頃は、足裏サポート機能がついた厚手の靴下を1枚で履いていました。

足裏サポート機能は歩行が安定して良かったのですが、締め付けが強いため、1日中歩くと足が痛くなってしまったんですよね…。

アキラ
アキラ

あととても臭くなりました…。

スマートウールの靴下を導入

スマートウール トレッキングヘビークルー 別角度

足が痛くなる点とニオイがストレスで、足元環境の改善に乗り出しました。

「メリノウールがいい」という話を聞いたので、スマートウールのトレッキングヘビークルーを導入。

靴下をトレッキングヘビークルーに変えたところ、締め付けによる足の痛みとニオイは大きく軽減されたので良かったです。

スマートウール トレッキングヘビークルー クッション性高い

私は登山でカカトが痛くなりやすいのですが、トレッキングヘビークルーはクッション性も高く、カカトの痛み軽減にも効果がありました。

ところが少し気になる点も…。

トレッキングヘビークルーはゆったりとした靴下のため、足の指と指の間に空間ができてしまいます。

そこに汗をかいたとき、汗が乾きづらく、不快感があったのです。

アキラ
アキラ

汗は靴擦れの原因にもなります。

5本指ソックスを追加で導入(重ね履きデビュー)

登山 靴下 二重履き 最初のインナーソックス

足の指と指の間にかいた汗をどうにかしたくて、5本指ソックスを導入。

このときから、登山の靴下は二重で履いています。

5本指ソックスと厚手の靴下の組み合わせは上手くいき、汗の不快感は解消できました。

最初は600円ほどの安い5本指ソックスを使っていたのですが、ペーパーファイバー5フィンガーソックスに変えてみたところ、更に快適性が上がりました。

スタイルの完成

登山 靴下 二重 例

いろいろと試行錯誤した結果、「C3fitにスマートウールの靴下を重ね履きする」というスタイルが完成しました。

今はとても満足してるので、しばらくはこの組み合わせで登山を続けたいと思います。

登山靴下の二重履きについて まとめ

本記事は「【オススメも紹介】いろいろあって、「登山の靴下は二重にする」に至りました。」について書きました。

靴下は登山道具の中でも比較的リーズナブルに揃えられるアイテムです。

しかし、その使用頻度は最も高く、靴下を良くすれば登山の快適性はグッと上がります。

アキラ
アキラ

ある意味、コスパの高い装備!

登山の足元関係にお悩みの方は、靴下から見直してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

私の普段の靴のサイズは27.0cm。

足の全長(実寸)は【左足:25.5cm / 右足:25.0cm】です。

そんな私は、各靴下を以下のサイズで履いています。

  • ペーパーファイバー5フィンガーソックスのMサイズ
  • トレッキングヘビークルーのMサイズ

【C3fit|ペーパーファイバー5フィンガーソックス レビュー】靴の中スーパードライ!この靴下にはマジでビビった。
本記事ではC3fitが製造/販売しているトレイルランニング用靴下、「ペーパーファイバー5フィンガーソックス」の紹介とレビューをしてます。この靴下のオススメポイントは、とにかくムレにくいところ。汗をかいてもドライ感が持続します。筆者はこの靴下を履くたび、そのムレにくさに感動してます。本記事は「ランナー」「トレーニー」「登山愛好家」の方にオススメです。
【アウトドアUV レビュー】ベタベタしない日焼け止め。SPF50+で防御力も高い!
本記事はアウトドア向けの日焼け止め「アウトドアUV」の紹介とレビューをしています。スティックタイプで塗りやすく、テクスチャもサラサラで肌なじみが良い日焼け止めです。SPF50+、PA+++で防御力も高く、アウトドアに最適な日焼け止めです。詳しくは記事内にてお読み下さい。
タイトルとURLをコピーしました