Tシャツくんのサイズをわかりやすく解説します【全部で3サイズ】

Tシャツくんのサイズをわかりやすく解説します【全部で3サイズ】 アイキャッチ画像シルクスクリーン
アキラ

Tシャツくんのサイズっていくつあるの?

全部で3サイズあります。

アキラ

Tシャツくんのサイズって、それぞれどのくらいなの?

Tシャツくんフレームの内寸は、それぞれ以下のとおりです。

  • スモールフレーム:15cm×15cm
  • ミドルフレーム:25cm×25cm
  • ワイドフレーム:25cm×38cm
アキラ

…視覚的にわかると嬉しいな。

承知しました♪

本記事ではTシャツくんのサイズ感を写真付きで解説してます。

この記事を書く私は趣味でシルクスクリーンをやってる愛好家。

これまで次のようなTシャツを自作してきました。

シルクスクリーンを始めるにあたり、迷ったことのひとつが「どのサイズのスクリーンを選ぶか」

大丈夫。

本記事を読めば、あなたが選ぶべきスクリーンのサイズ、Tシャツくんのサイズが完璧にわかります。

結論から先に言うと下記のとおりです。

  • スモール
    ⇒ロゴ等のワンポイントを入れたい人
  • ミドル
    ⇒ワンポイントを入れたい方、大きめな印刷をしたい人
  • ワイド
    ⇒ワンポイントを入れたい方、かなり大きめな印刷をしたい人

 

そんなわけで「Tシャツくんのサイズを写真でわかりやすく解説します【全部で3サイズ】」について書いていきます。

スポンサーリンク

Tシャツくんのラインナップ

Tシャツくんのラインナップは以下の3サイズ。

※タップでジャンプできます

基本的に、そのサイズに対応したスクリーンとフレームをセットで使います。

(スクリーンだけ購入し、フレームは自作するという方法もあります)

内寸とプリント可能範囲の違いに注意

Tシャツくん 内寸とプリント可能範囲の違い

フレームの内寸プリント可能範囲
スモール
フレーム
15cm×15cm12cm×12cm
ミドル
フレーム
25cm×25cm22cm×22cm
ワイド
フレーム
25cm×38cm22cm×36cm

シルクスクリーンをやる上で、1つ注意点があります。

それは、「フレームの内寸 = プリント可能範囲ではない」ということ。

版作りの際は、

  • インクを置くスペース
  • スキージを動かすときの”遊び”

を考慮する必要があります。

フレーム内寸ギリギリまで使うのは難しいです。

「フレームの内寸 = プリント可能範囲ではない」

以上がシルクスクリーンをやるときの注意点のひとつです。

次の項目からは、Tシャツくんシリーズのラインナップを紹介していきます。

スモールスクリーン&スモールフレーム

Tシャツくんのラインナップの中で、もっとも小さいサイズのモノです。

ワンポイントにちょうどいいサイズで、

  • オシャレなワンポイントTシャツを作りたい
  • ハンドメイドアイテムにブランドロゴを入れたい

という人に適してます。

ミドル/ワイドよりもリーズナブルかつ、コンパクトで取り回しやすいのもメリットです。

以下、詳細。

スモールスクリーンのサイズ21cm×21cm
スモールフレームの内径15cm×15cm
プリント可能範囲12cm×12cm

▲セット製品も販売されてます。

ミドルスクリーン&ミドルフレーム

Tシャツくんのラインナップの中で、中くらいサイズのモノです。

スモールスクリーン&スモールフレームよりも広い範囲に印刷できます。

ミドルスクリーン&ミドルフレームは、

  • ワンポイントを入れたい
  • 大きめなデザインもプリントしたい

という人に適してます。

以下、詳細。

ミドルスクリーンのサイズ35cm×35cm
ミドルフレームの内径25cm×25cm
プリント可能範囲22cm×22cm

▲セット製品も販売されてます。

ワイドスクリーン&ワイドフレーム

Tシャツくんのラインナップの中で、もっとも大きいサイズのモノです。

Tシャツの背面のような、広い範囲へのプリントにも対応できます。

筆者はバックプリントが映えるTシャツを作りたかったので、本製品を選びました。

ワイドスクリーン&ワイドフレームは、

  • ワンポイントを入れたい
  • かなり大きめなデザインをプリントしたい

という人に適してます。

以下、詳細。

ワイドスクリーンのサイズ35cm×48cm
ワイドフレームの内径25cm×38cm
プリント可能範囲22cm×36cm

セット製品も販売されてはいるのですが、付属品が少なかったり、価格が高すぎたりと、正直イマイチです。

関連記事を書いているので、よかったらチェックしてみてくださいね。

サイズ感を解説していきます

以降の項目では、各スクリーン&フレームのサイズ感を画像を使って解説していきます。

サイズ感をイメージするために、Tシャツとトートバッグを用意しました。

ユナイテッドアスレ 5.6ozハイクオリティーTシャツ Mサイズ サンプル

まずはTシャツ。

ユナイテッドアスレの「5.6ozハイクオリティーTシャツ」という製品です。

サイズはMでいってみましょう。

IKEA 和柄トートバッグ 外観

次にトートバッグ。

IKEAで購入した和柄のトートバッグです。

以上2点を使って解説していきます。

スモールスクリーン&スモールフレームのサイズ感

Tシャツくん スモールフレーム

スモール(Jr)スクリーン」&「スモールフレーム」のサイズ感を解説します。

クリアファイルをスモールフレームの内寸サイズ(15cm×15cm)にカットしました。

これをTシャツとトートバックの上に置いてみます。

Tシャツの場合

スモールフレームをTシャツの上に置いてみた

スモールフレーム

スモールフレームのイメージをTシャツの上に置くと、このくらいです。

ワンポイントプリントに適したサイズ感ですね。

茶色い四角形は外枠(フレーム)をイメージしてます

トートバッグの場合

スモールフレームをトートバッグに置いてみた

スモールフレーム

スモールフレームのイメージをトートバッグの上に置くと、このくらいになります。

スポンサーリンク

ミドルスクリーン&ミドルフレームのサイズ感

Tシャツくん ミドルフレームの内寸イメージ

次に、「ミドルスクリーン」&「ミドルフレーム」のサイズ感について。

筆者は当初、ミドルサイズでシルクスクリーンをやってました。

そのとき使っていた100均の額縁を用いて解説します。

  • ミドルフレームの内寸:25cm × 25cm
  • 100均額縁の内寸:27cm ×27cm

以上のとおり、100均額縁はミドルフレームよりも少し大きいです。

その点にだけご承知おきの上、お読みください。

Tシャツの場合

Tシャツくん ミドルフレーム プリントサイズイメージ1

ミドルフレーム/イメージ

ミドルフレームのイメージ(100均額縁)をTシャツの上に置くと、このくらいです。

けっこう大きめなプリントができます。

トートバッグの場合

Tシャツくん ミドルフレーム プリントサイズイメージ2

ミドルフレーム/イメージ

ミドルフレームのイメージ(100均額縁)をトートバッグの上に置くと、このくらいになります。

ワイドスクリーン&ワイドフレームのサイズ感

Tシャツくん ワイドフレーム 外観

最後に、「ワイドスクリーン」&「ワイドフレーム」のサイズ感について。

ワイドフレームの内寸は、25cm × 38cmです。

これは現物があるので、現物を使って解説しますね。

Tシャツの場合

Tシャツくん ワイドフレーム 内寸イメージ1

ワイドフレーム/縦

ワイドフレームをTシャツの上に置くと、このくらいです。

かなり大きいプリントができます。

Tシャツくん ワイドフレーム 内寸イメージ2

ワイドフレーム/横

横にしてもOKです。

トートバッグの場合

Tシャツくん ワイドフレーム 内寸イメージ3

ワイドフレーム

ワイドフレームをトートバッグの上に置くと、このくらいになります。

ワイドフレームについてはレビュー記事も書いてるので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

以上でスモール/ミドル/ワイドのサイズ感に関する説明をおわります。

スポンサーリンク

Tシャツくんの各サイズを並べてみた

本項目では、スモール/ミドル/ワイドの画像を順番に表示させていただきます。

Tシャツの場合

(画像タップで拡大できます)

トートバッグの場合

(画像タップで拡大できます)

Tシャツくん各サイズとA4用紙の比較

A4用紙との比較も載せてみました。

(画像タップで拡大できます)

スポンサーリンク

Tシャツくん各サイズの寸法一覧表

スクリーン
寸法
フレーム
内寸
プリント
可能範囲
スモール21 × 21cm15 × 15cm12 × 12cm
ミドル35 × 35cm25 × 25cm22 × 22cm
ワイド35 × 48cm25 × 38cm22 × 36cm

スモール、ミドル、ワイドの寸法一覧表です。

よかったらご活用ください。

以上で本記事はおわりです。まとめに入ります。

まとめ

本記事は「Tシャツくんのサイズをわかりやすく解説します【全部で3サイズ】」について書きました。

❏ もう一度読む

※タップでジャンプできます

Tシャツくんのサイズは、スモール、ミドル、ワイドの3種類です。

各サイズ毎のおすすめな人は、それぞれ次のとおりとなります。

  • スモール
    ⇒ロゴ等のワンポイントを入れたい人
  • ミドル
    ⇒ワンポイントを入れたい方、大きめな印刷をしたい人
  • ワイド
    ワンポイントを入れたい方、かなり大きめな印刷をしたい人

あなたにあったTシャツくんのサイズはイメージできたでしょうか?

シルクスクリーンは楽しいので、やってみようか悩んでいる人は是非チャレンジしてみてくださいね。

本記事があなたの”シルクスクリーン道”のお役に立てれば幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

タイトルとURLをコピーしました