【2020年実施】シルクスクリーンで使った道具まとめ【自作Tシャツ】

シルクスクリーン 自作Tシャツ 道具 サムネイルシルクスクリーン

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

先日、シルクスクリーンプリントを使ったTシャツ作りにチャレンジしました。

いろいろと調べることが多く大変でしたが、納得の行くTシャツができてホッとしています。

▼完成したTシャツはコチラ

▼工程を撮影した動画はコチラ

本記事では、シルクスクリーンプリントで使った道具をまとめています。

「シルクスクリーンをやってみたい!」という人のお役に立てれば幸いです。

アキラ
アキラ

ぜひ動画とセットでご覧ください!

スポンサーリンク

シルクスクリーンで使った道具まとめ

アマゾンで購入

ミドルスクリーン(35cm×35cm)-メッシュ120

用途:デザイン画の感光、印刷版作成のため。


自作Tシャツ シルクスクリーン 道具 太陽精機 インク 黒

Tシャツくんインク 300g ブラック

用途:Tシャツへのデザイン印刷のため。

DAISOで購入

▲コルクボード-30cm×30cm(外枠を含む)

用途:プリント版作成のため。

ミドルスクリーン(35cm×35cm)-メッシュ120」と組み合わせて使うのにちょうど良いサイズです。


▲[左]フォトフレーム-L判-パステルカラー/グリーン(約8.9cm×12.7cm)
▲[右]フォトフレーム-ハガキサイズ-パステルカラー/グリーン(約10.2cm×15.2cm)

用途:プリント版作成のため。

小さいロゴを印刷するための版として、予備も含めて用意しました。

ホッチキスの針が通りやすくて良かったです。

サイズが違うのは売り切れていただけなので、深い意味はありません。


自作Tシャツ シルクスクリーン 道具 100均 スキージ

▲Multipurpose Scraper(マルチプロポーズ スクレッパー)

用途:インクを落とすスキージとして。

■追記

柔らかすぎてイマイチでした。今は専用のスキージの導入を考えてます。


▲まな板-薄型軽量タイプ-2枚セット(305mm×380mm×0.6mm)

用途:工作シート、Tシャツの中敷き(インク移り防止のため)として。

大判のため随所で役に立ちました。

が、ちゃんとした工作シートの方が滑らなくて良さそうです。


自作Tシャツ シルクスクリーン 道具 100均 スプレーのり

▲のりスプレー(70ml)

用途:スクリーンとOHP(透明)フィルム接着のため。

接着しても簡単に剥がせるので便利。

■追記

ダマになってしまうため、イマイチでした。


自作Tシャツ シルクスクリーン 道具 100均 ハケ 筆

▲[左]万能用ハケ(50mm) [右]書道用ほそふで

用途:

  • 万能用ハケ(50mm):スクリーンの感光乳剤を洗い流すため。
  • 書道用ほそふで:スクリーン補修用。不要な箇所が抜けたときにネイルコーティング液と合わせて使う。(今回は未使用)

自作Tシャツ シルクスクリーン 道具 100均 マスキングテープ

▲一般塗装用マスキングテープ(幅24mm/長さ16m)

用途:スクリーン補修や作業箇所養生に。

なんだかんだ出番が多かったので、一個あると便利です。

その他で購入

YAZAWA BL-20 ブラックライト

用途:スクリーン感光のため。

ライトはいろいろ種類があって迷いましたが、「YAZAWA BL-20 ブラックライト」で上手くいきました。

ヨドバシ.comで購入。

アキラ
アキラ

梱包されていたダンボールは、露光機として再利用しました!


▲OHP(透明)フィルム

デザインをスクリーンに写すために使うシートです。

私はプリンターを持っていないので、オンデマンド印刷サービスを活用しました。

家にあった物

  • アルミホイル / 露光機作りに
  • クッキングシート / アイロン時に使用
  • ドライヤー / インク等を乾燥させるために
  • アイロン / インク定着のために
  • 料理用シリコンヘラ / インクを落とすスキージとして
  • ホッチキス / 版作成時のタッカーとして
  • ネイルコーティング液 / スクリーン補修に(今回は未使用)
  • ハサミ、カッター、ペンチ
  • 定規、メジャー
  • いらないTシャツ
  • etc…
アキラ
アキラ

料理用シリコンヘラは大活躍でした!

こっちを買えば良かったと思うモノ

これまで挙げてきた道具で一通りの工程はこなせました。

概ね満足しているのですが、「こっちを買えば良かった」と思うモノがいくつかあるので紹介します。

もっと大きなスクリーンを買えば良かった

私が今回購入したスクリーンは、ミドルスクリーン(35cm×35cm)-メッシュ120というモノ。

これの印刷範囲は、だいたい以下の写真くらいになります。

シルクスクリーン 自作Tシャツ 印刷範囲 ミドル

私はこれからもっと大きなプリントにもチャレンジしていきたいので「ミドルスクリーン(35cm×35cm)-メッシュ120」のサイズだと、やや小さめです。

ワンサイズ上の「ワイドスクリーン(48cm×35cm)-メッシュ120」をチョイスしておけば良かったな、と少し後悔してます。

アキラ
アキラ

値段も1000円くらいしか変わりません!

専用の版があっても良かった

シルクスクリーン 自作Tシャツ 版

費用節約のため、今回は100均の写真立てやコルクボードを木枠として使いました。

が、ホッチキスでスクリーンを張る工程は難しく、時間も掛かるため、専用フレームがあっても良かったです。

上記の道具があれば時間短縮とクオリティ向上が図れます。

(小さい版は作成が楽なので、写真立てでも良いかなと思います)

いろんなカラーのインクを買えば良かった

自作Tシャツ シルクスクリーン 道具 太陽精機 インク 黒

費用を抑えるため、今回は黒インク1色しか買いませんでした。

それだと単色プリントしかできないので、複数色のセット品にすれば良かったと思ってます。

アキラ
アキラ

2色刷りなども試してみたくなりました。

おわりに

本記事は「【2020年実施】シルクスクリーンで使った道具まとめ【自作Tシャツ】」について書きました。

シルクスクリーンプリントをやってみたい人の参考になれば幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

▼私が使った道具(一部抜粋)

▼こっちにすれば良かったなぁ、と思うモノ

タイトルとURLをコピーしました