【超簡単】自作したシルクスクリーンの露光機をご紹介!

【5000円以下】自作したシルクスクリーンの露光機を紹介します。 アイキャッチシルクスクリーン

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

これまで以下のようなTシャツをシルクスクリーンで自作してきました。

本記事では、私がシルクスクリーンプリントをするときに使っている露光機(自作)を紹介します。

  • 露光機について調べてる
  • ブラックライトは何本必要?
  • どれくらいのクオリティで作ればいいの?

という方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

自作したシルクスクリーンの露光機|全体像

自作したシルクスクリーン露光機の全体像

▲こちらが自作した露光機の全体像です。

ダンボールにブラックライトを1本乗せるだけという、簡単な作りになってます。

ダンボールのサイズは58×40×24(cm)です。

自作露光機へTシャツくんワイドスクリーンを入れたところ①

自作露光機へTシャツくんワイドスクリーンを入れたところ②

▲Tシャツくんのワイドスクリーン(1番大きいサイズ)が余裕をもって入ります。

自作露光機 アルミホイル貼り

こちらの動画を真似て、内側にはアルミホイルを貼りました。

シルクスクリーン露光機(自作) ブラックライト用切込み

▲ブラックライトを乗せるために、ダンボールには切り込みを入れてあります。

自作露光機にブラックライトを乗せたところ

▲ブラックライトを乗せるとこんな感じです。

自作露光機を用いて感光させたスクリーン

自作露光機を用いて感光させたスクリーン①

▲こちらは自作した露光機で感光させたスクリーン、その①。

デザインがしっかり”抜け”てます。

アキラ
アキラ

露光時間は2分〜2分30秒!

自作露光機を用いて感光させたスクリーン②ー1

▲こちらは感光させたスクリーン、その②。

自作露光機を用いて感光させたスクリーン②ー2

細い線もうまく抜けました。

露光機の作りについては、「こんなに雑で大丈夫かな…」と心配だったのですが、今のところ不満はありません。

露光機自作に使ったモノ

シルクスクリーン露光機を自作するのに使ったモノ

使ったもの

・大きなダンボール(58×40×24)
・ブラックライト
・100均の下敷き(なくてもOK)
・アルミホイル

(大きなダンボールを用意するのが、地味に難しいかもしれません)

シルクスクリーン 使ったブラックライト

使用したブラックライトは「ヤザワ ブラックライト20W(50Hz) BL20」という製品。

点灯スイッチも付いており、これ一つ買えばOKなので楽でした。

ブラックライト選びには、以下のサイトが参考になります。

スポンサーリンク

自作したシルクスクリーンの露光機を紹介 まとめ

シルクスクリーン 自作露光機 使用シーン

本記事は「【超簡単】自作したシルクスクリーンの露光機をご紹介!」について書きました。

シルクスクリーンは調べることが多くて大変ですよね。

けど、うまく刷れたら超嬉しいので、ぜひチャレンジしてみてください!

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


シルクスクリーンの道具/費用を全部まとめて紹介します【自作Tシャツ】
「シルクスクリーンを始めたいけど、どんな道具が必要なんだろう?」「費用はどれくらいかかるの?」こんな疑問に答えます。本記事では、筆者の体験をもとに、シルクスクリーンで使う道具と費用についてまとめました。「シルクスクリーンをやってみたい!」という方のお役に立てば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました