シルクスクリーンキットを5つ紹介。ズバリおすすめはコレとコレ!

シルクスクリーンキットを5つ紹介。ズバリおすすめはコレとコレだ! アイキャッチ画像お役立ち|シルクスクリーン

自宅でも本格的なプリントを楽しめるシルクスクリーン。

しかし、必要な道具が多く、始めるのはちょっと大変です。

そんなときに便利なのがシルクスクリーンキット

この記事では、シルクスクリーンを始めたい方に向けて、通販で購入できるシルクスクリーンキットを5つ紹介します。

結論から言うと、ホリゾン社の「Tシャツくん ジュニアセット」と「Tシャツくんセット|ミドル」が特におすすめです。

本記事を書く私は趣味でシルクスクリーンを楽しんでいる愛好家。

細々とですがハンドメイドブランドも運営しています。

Instagram → solitude climbing

過去に次のようなTシャツを作成してきました。

そんな経験も踏まえて各キットの紹介をしていきます。

なお、本記事の価格情報は2022年1月時点のものです。


スポンサーリンク

シルクスクリーンを始めるにはいくらかかる?

シルクスクリーンの初期費用 ランニングコスト イメージ画像

まずはじめに、筆者がシルクスクリーンを始めるときにかかった費用を書いていきます。

ちなみに私はシルクスクリーンキットを使っていません。

初期費用を抑えるために、すべての道具をバラで揃えました。

その中には100均製品も多く含まれています。

ただ100均製品は使いづらくてイマイチでした。

結局、のちにシルクスクリーン専用の道具を買い足すことに…。

その結果、シルクスクリーンを始めるには約16,000円〜26,000円くらいのお金がかかることが分かりました。

100均を活用した場合が約16,000円、シルクスクリーン専用の道具を一部活用した場合が約26,000円です。

そのときのことは別記事にまとめています。

100均製品を活用した場合のデメリットなど、実際にシルクスクリーンをやってみて感じたことも書いているので、興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

シルクスクリーンの道具/費用を全部まとめて紹介します【自作Tシャツ】
「シルクスクリーンを始めたいけど、どんな道具が必要なんだろう?」「費用はどれくらいかかるの?」こんな疑問に答えます。本記事では、筆者の体験をもとに、シルクスクリーンで使う道具と費用についてまとめました。「シルクスクリーンをやってみたい!」という方のお役に立てば幸いです。

シルクスクリーンキット 5選

本項では、市販されているシルクスクリーンキットの紹介と所感を書いていきます。

先に一覧で紹介すると次のとおりです。

  1. 個人用 スクリーンキット サン描画セット
  2. スリマッカ
  3. ホリゾン社 Tシャツくん ジュニアセット
  4. ホリゾン社 Tシャツくんセット(ミドル)
  5. ホリゾン社 Tシャツくん ワイド製版機

個人用 スクリーンキット サン描画セット

  • 価格:3,000円ほど
  • 版内寸:10.5×17.5cm
  • 用途:ワンポイント
  • スクリーン:付属(180メッシュ/計2枚)
  • インク:別売り

最初に紹介するのは、ゆめ画材が販売している「個人用 スクリーンキット サン描画セット」です。

このセットの魅力は圧倒的な安さ。

3,000円ほどで購入可能です。

露光機が不要のため、省スペースでシルクスクリーンを楽しめます。

ただデザインは手書きか手書きによる転写になるので、デジタルデザインをプリントするのには適していないセットです。

インクは別売りです。

公式サイトでは「ダイカラー」と「ラバダ」のインクがおすすめされています。

インクは、布にも紙にも適した「ダイカラー」や、布地やTシャツに最適な「ラバダ」などがおすすめです。

※インクは付属しておりません。別途お買い求めください。
※Tシャツくんインクは、サン描画スクリーンにお使いいただけません。

引用元:ゆめ画材 個人用 スクリーンキット サン描画セット 製品ページ

ここがおすすめ!
  • 圧倒的に安い(3,000円ほど)
  • 露光機がいらない(省スペース)
ここが気になる…。
  • インクを買い足す必要がある
  • 大きなプリントはできない
  • パソコンで作成したデザインのプリントには向かない

「個人用 スクリーンキット サン描画セット」のおすすめポイント、気になるポイントは以上のとおり。

初期費用をあまりかけずにシルクスクリーンを楽しみたい人に適したセットです。

スリマッカ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

surimacca(@surimaccaplus)がシェアした投稿

  • 価格:4,000円〜
  • 版内寸:組み立て次第
  • 用途:ワンポイント〜Tシャツプリント(大)
  • スクリーン:別途注文
  • インク:別売り

次に紹介するのは、JAMが販売している「スリマッカ」です。

パーツを組み合わせて版を作るという新しい製版スタイル。

スリマッカ独自サイズ(縦長/横長)の版が作れるところが魅力です。

ただスクリーンを作るためにはデータ入稿が必要となっており、その点は少し面倒に感じます。

ここがおすすめ!
  • 独自サイズ(縦長/横長)の版が作れる
  • パソコンで作成したデザインにも対応できる
ここが気になる…。
  • インクを買い足す必要がある
  • データ入稿が少々面倒

「スリマッカ」のおすすめポイント、気になるポイントは以上のとおり。

縦長/横長な版が作れるのは魅力的ですが、製版を自分だけで完結できないのがちょっとネックですね…。

感光乳剤を使ってスクリーンを自作するようになったら大活躍してくれそうなセットです。

ホリゾン社 Tシャツくん ジュニアセット

  • 価格:15,000円ほど
  • 版内寸:15×15cm
  • プリント可能範囲:12×12cm
  • 用途:ワンポイント
  • スクリーン:付属(120メッシュ/計6枚)
  • インク:付属(赤青黒黄/計4色)

3つ目に紹介するのは、ホリゾン社(旧:太陽精機)が販売している「Tシャツくん ジュニアセット」です。

以降に登場するTシャツくんセットの中で、もっとも小さいサイズのキットです。

大きなプリントはできませんが、「ロゴを入れたい」みたいな要望はドンピシャで叶えてくれます。

ここがおすすめ!
  • 意外と安い(15,000円ほど)
  • 収納が省スペースで済む
  • 必要なものがひと通り揃っている
  • パソコンで制作したデザインにも対応できる
ここが気になる…。
  • 大きなプリントはできない

「Tシャツくん ジュニアセット」のおすすめポイント、気になるポイントは以上のとおり。

Tシャツへのワンポイントだけでなく、ハンドメイド小物にロゴを入れたい方にも適したセットです。

筆者は「Tシャツくん ジュニアセット」のフレームをバラで購入し、サブで使っています。

ホリゾン社 Tシャツくんセット(ミドル)

  • 価格:32,000円ほど
  • 版内寸:25×25cm
  • プリント可能範囲:22×22cm
  • 用途:ワンポイント〜Tシャツプリント(中)
  • スクリーン:付属(120メッシュ/計7枚)
  • インク:付属(白赤青黒黄緑/計6色)

4つ目に紹介するのは、ホリゾン社(旧:太陽精機)が販売している「Tシャツくんセット(ミドル)」です。

版内寸は25×25cmと、大きめなプリントにも対応できるキットです。

本記事で紹介している5つのキットの中で、もっとも付属品が充実しています。

アキラ
アキラ

インクが6色も付いてくるのはうれしい!

ここがおすすめ!
  • 大きめなプリントができる
  • 応用すれば小さいプリントもできる
  • 必要なものがひと通り揃っている
  • パソコンで作成したデザインにも対応できる
ここが気になる…。
  • 価格は少し高め?(32,000円ほど)

「Tシャツくんセット(ミドル)」のおすすめポイント、気になるポイントは以上のとおり。

ある程度の大きさにも対応でき、付属品も充実。

道具をバラで揃える場合の手間を考えると、価格も決して高いとは感じません。

バランスの取れた良いシルクスクリーンキットです。

ホリゾン社 Tシャツくん ワイド製版機

  • 価格:75,000円ほど
  • 版内寸:25×38cm
  • プリント可能範囲:22×36cm
  • 用途:ワンポイント〜Tシャツプリント(大)
  • スクリーン:付属(120メッシュ/計7枚)
  • インク:別売り

最後に紹介するのはホリゾン社(旧:太陽精機)が販売している「Tシャツくん ワイド製版機」です。

ジュニア・ミドルよりも付属品が少なく、製版に主軸を置いたセットとなっています。

Tシャツに大きなデザインを刷りたい方におすすめです。

ここがおすすめ!
  • 大きなプリントができる
  • パソコンで作成したデザインにも対応できる
ここが気になる…。
  • 価格が高すぎる(75,000円ほど)
  • インクを買い足す必要がある
  • 付属品が少ない

「Tシャツくん ワイド製版機」のおすすめポイント、気になるポイントは以上のとおり。

大きなデザインの版が作れるのは魅力的です。

しかし、価格がちょっと高すぎますね…。

購入には思い切りがいるキットという印象です。

筆者は「Tシャツくん ワイド製版機」のフレームをバラで購入し、メインで使っています。

露光機は自作しました。

各シルクスクリーンキットの比較表

 価格版内寸スク
リーン
インク
サン描画
セット

3,000円
ほど
10.5×17.5
cm
付属
計2枚
別売
スリ
マッカ
4,000円
組立
次第
別途
注文
別売
Tシャツくん
(ジュニア)

15,000円
ほど
15×15
cm
付属
計6枚
付属
計4色
Tシャツくん
(ミドル)

32,000円
ほど
25×25
cm
付属
計7枚
付属
計6色
Tシャツくん
ワイド製版機

75,000円
ほど
25×38
cm
付属
計7枚
別売

スポンサーリンク

ホリゾン社のシルクスクリーンキット|プリント範囲について

本記事で紹介したホリゾン社のシルクスクリーンキットは次の3つ。

それぞれに付属する版のプリント範囲は、おおよそ次のとおりです。

関連する記事も書いているので、よかったらどうぞ。

Tシャツくんのサイズをわかりやすく解説します【全部で3サイズ】
Tシャツくんのサイズは、スモール、ミドル、ワイドの3種がラインナップされています。それぞれのサイズ感について、Tシャツやトートバッグ、A4用紙を使って解説してみました。本記事は「シルクスクリーンを始めたい人」「Tシャツくんのサイズを具体的に知りたい人」「自作Tシャツに興味がある人」にオススメです。

おすすめのシルクスクリーンキットはこの2つ

筆者が特におすすめするシルクスクリーンキットは以上の2つです。

どちらも付属品が多く、ワンセットあれば充分にシルクスクリーンを楽しめます。

お値段はジュニアセットが約15,000円、ミドルが約32,000円です。

すべての道具をバラで揃えたら16,000円〜26,000円くらいかかったことを考えると、価格的にも”アリ”なラインではないでしょうか。

付属の露光機による感光工程があるのもシルクスクリーンらしくて良いです。

おすすめの人はそれぞれ次のとおりとなっています。


スポンサーリンク

自宅にプリンターがない方へ

パソコンで作成したデザインを刷るにはプリンターが別途必要です。

私はプリンターを持っていないため、キンコーズという印刷チェーン店を活用しました。

具体的な方法については別記事にまとめています。

参考までにどうぞ。

Tシャツはユナイテッドアスレで決まり!

シルクスクリーン道具 ユナイテッドアスレのTシャツ

Tシャツもイチオシがあるので、あわせて紹介させていただきます。

ズバリ、ユナイテッドアスレの「5.6ozハイクオリティーTシャツ」です。

ユナイテッドアスレの中でも高品質な製品で、単体でも充分に”勝負”できます。

アキラ
アキラ

それでいて約1,000円という価格も魅力的!

正直、アスレを選べば間違いないです。

ボディ選びで迷っている方はぜひチェックしてみてください。


スポンサーリンク

シルクスクリーンキット 5選 まとめ

本記事は「シルクスクリーンキットを5つ紹介。ズバリおすすめはコレとコレ!」について書きました。

筆者が特におすすめするシルクスクリーンキットは、「Tシャツくん ジュニアセット」と「Tシャツくんセット(ミドル)」です。

にそれぞれ適しています。

シルクスクリーンは自宅でも本格的なTシャツを作成できるプリント手法です。

シルクスクリーンキットを活用して、あなただけのオリジナルTシャツをぜひ作ってみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事がシルクスクリーンを始めたい方の参考になれば幸いです。

以上、アキラでした。

タイトルとURLをコピーしました