【ソロキャンプ】2019年、買って良かったもの 4選!

ソロキャンプ 買って良かったもの 2019 サムネイルキャンプ道具

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事では、キャンプ愛好家の私が、「2019年に買って良かったもの」を4つ紹介します。

アキラ
アキラ

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

【2019年】買って良かったキャンプアイテム 4選

【ナルゲン】キッチンジャー 125ml

ナルゲン キッチンジャー 125ml 外観

【ナルゲン】キッチンジャー 125ml」は、キャンプにおけるコーヒーセットを完成させたいと思い導入した食品ストッカーです。

安心と信頼の「ナルゲン製」ということで、そんなに心配せずに購入しました。

マグカップ3杯分(約700ml)の挽いたコーヒーを入れることができ、ソロキャンプやピクニックに適したサイズです。

ナルゲン キッチンジャー 125 広口

口が広いため、コーヒー粉を直接フィルターに入れることができます。

もちろん、中身が漏れるなんてことはありませんでした。

【シートゥサミット】キャンプカトラリー

シートゥサミット キャンプカトラリー 外観

カモシカスポーツ横浜店にて1本100円で売っていたため、衝動買いしてしまったカトラリーです。

シートゥサミット キャンプカトラリー スプーン 深い①

シートゥサミット キャンプカトラリー スプーン 深い②

キャンプカトラリー」の良い点は、スプーンが深いところ。

スープが飲みやすく、大皿料理の取り分けなんかにも便利です。

柄も長く使いやすいため、我が家では普段使いの食器としても重宝しています。

ヨメ
ヨメ

コスパの高いカトラリーです!

【JOBY】グリップタイトONE GPスタンド

JOBY グリップタイトONE GPスタンド 外観

グリップタイトONE GPスタンド」はガジェットメーカー、JOBYが販売しているスマホ三脚です。

以前は1000円くらいの安い三脚を使っていたのですが、スグに壊れてしまったので、グリップタイトONE GPスタンドに交換しました。

  • 家での動画試聴やブログ用写真撮影
  • フィールドでの記念写真撮影
  • タイムラプス撮影

以上のように、「グリップタイトONE GPスタンド」は私の生活における登場回数が多いです。

2019年5月26日に購入し、ヘビーユースしてきましたが、壊れることなく使い続けられてます。

▲ジョイントの一つ一つに、滑り止めのゴムがついてます。

良いところ
  • 軽く/コンパクト
  • 耐久性が高い
  • 細かい画角の調整が可能
  • 滑り止めゴムがついている
  • 自撮り棒にもなる

グリップタイトONE GPスタンドには以上のようなオススメポイントがあります。

自在に動く脚やネックを動かして画角を決めるので、アングル調整は少し手間ですが、アウトドア向けな軽量性と携行性、耐久性のバランスがとれた良い三脚でした。

脚がフレキシブルに動くため「枝やポールに巻き付けて撮影する」といった使い方もできます。

【Naturehike】多機能LEDライト 1300LM

ネイチャーハイク 多機能LEDライト 1300LM 外観

【Naturehike】多機能LEDライト 1300LM」は、アウトドア用のLEDライトです。

使用可能時間(フル充電の場合)
– マックス光量:約7〜9時間
– ミニマム光量:約150〜180時間

バッテリー持ちが良く、キャンプなどでの定点照明に適しています。

アキラ
アキラ

バッテリー容量は9000mAh(※)です!

※バッテリー容量の目安は以下のとおり

iPhoneXを1.8回、Iphone 6Sを4.5回、 Galaxy S7を2.5回くらいフル充電できます。

引用:アマゾン「Naturehike 多機能LEDライト」

【Naturehike】多機能LEDライト 1300LM モバイルバッテリー

【Naturehike】多機能LEDライト 1300LM コネクタ端子

Naturehike 多機能 LEDライト」はモバイルバッテリーにもなる優れもの。

  • Micro USB Type-B(幅広い電子機器)
  • USB-Type-C(macbookなど)
  • Lightning(iPhoneなど)

以上のコネクタに接続できるケーブルが付属しており、それぞれに対応する電子機器の充電も可能です。

Naturehike 多機能LEDライト 1300LM 付属品

付属品は以上のとおりとなってます。

ミニ三脚もオマケで付いてくるため、スグにフィールドで使えます。

アキラ
アキラ

これは嬉しいですね!

上は、70ルーメンのヘッドライト(左)Naturehike 多機能LEDライト(右)の光量を比較した画像です。

Naturehike 多機能LEDライトの光量は1300LM(ルーメン)

その光量の具合は、上の画像を見れば一目瞭然です。

ただ、光を直接見るとかなり眩しいのでその点はご注意ください。

操作方法は上のような感じです。

  • 4種類の光パターン
    (白色光/自然光/暖色光/SOS点滅)
  • 無段階に光量調節可能
  • LEDで熱くなりにくい
  • 三脚固定用のネジ穴あり
  • 電子機器の充電もできる

コンパクトなボディに多くの機能を有している、ひとつあれば何かと便利なアイテムです。

アキラ
アキラ

物撮りの間接照明としても重宝してます!

【2019年】買って良かったキャンプアイテム まとめ

本記事は「【ソロキャンプ】2019年、買って良かったもの 4選!」について書きました。

2019年は天候に恵まれず、あまりキャンプができませんでしたが、上記のアイテムはピクニックや日常生活でも大いに役立ちました。

気になったものがあったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【2020年】買ってよかったキャンプ用品 BEST3
本記事では、筆者が2020年に買ってよかったと感じているキャンプ用品を、ランキング形式で3つ紹介します!
【ナルゲン キッチンジャー(125ml)レビュー】ソロキャンプ用コーヒーキャニスター
本記事ではナルゲンが販売しているキッチンジャー(125ml)の紹介とレビューをしています。密閉性が高いコンパクトな食品ストッカーで、キャンプなどのアウトドアユースにも適しています。私はソロキャンプやピクニックのコーヒーキャニスターとして使っています。本記事はキャンパーの方にオススメです。
【シートゥサミット キャンプカトラリー レビュー】柄が長く、使いやすいアウトドアカトラリー
本記事ではシートゥサミット キャンプカトラリーの紹介とレビューをしています。癖がなくシンプルなデザインで使いやすいアウトドアカトラリーです。特にスプーンが気に入っています。本記事は「キャンプで使う食器をお探しの方」にオススメです。
【JOBY グリップタイトONE GPスタンド レビュー】アングル調節、自由自在なスマホ三脚
本記事ではJOBYが販売しているスマホ三脚、「グリップタイトONE GPスタンド 」のレビューを写真多めで行ってます。軽くコンパクト、耐久性も高く、グネグネと動かせる脚はアングル調節の自由度も高いです。グリップタイトONE GPスタンドは、ボルダリング/登山/キャンプといったアウトドアをする方に特におすすめの三脚です。
【Naturehike 多機能LEDライト レビュー】軽量コンパクトでモバイルバッテリーにもなるLEDランタン!
この記事では「Naturehike 多機能LEDライト」のレビューをしてます。軽量コンパクトでモバイルバッテリーにもなるスグレモノです。最大光量は1300ルーメンで、フィールドに圧倒的な光量を提供してくれます。少々の気になるポイントはあるものの、LEDランタンをお探しの方にとって選択肢となり得るアイテムです。詳しくは記事内で解説します。
タイトルとURLをコピーしました