【アライテント エアライズ2 レビュー】お一人様に強くオススメしたい山岳テント

登山 テント エアライズ2テント泊装備
  • 山岳テントが欲しいんだけど、どれがいいのかな?
  • アライテント エアライズ2って、実際どうなの?

こんな疑問にお答えするために、本記事では山岳テント「エアライズ2」のレビューをしています。

この記事を書いている私(@akira_sotoasobi)は登山歴5年の愛好家。

2016年4月にエアライズ2を購入し、これまで(2019年10月現在)使ってきました。

エアライズ2を一言で説明すると「一人用なら間違いない山岳テント」です。

  • 設営方法が直感的でわかりやすい
  • パーツが最小限に抑えられている
  • 癖のないダブルウォール構造
  • アフターサービス/オプションアイテムが充実
  • 重量と居住性のバランスが良い

エアライズ2には主に以上のようなオススメポイントがあります。

少し気になるところもありますが、その多くは簡単な対策で改善可能

改善できない唯一の欠点は「人と被る」ことでしょうか、それについてはよくご検討ください。

そんなわけで「【アライテント エアライズ2 レビュー】お一人様に強くオススメしたい山岳テント」について書いていきます。

スポンサーリンク

アライテント エアライズ2のスペック

登山 テント エアライズ2 外観

エアライズ2はアウトドア用品メーカー、株式会社アライテントが販売している山岳用テント。

主なスペックは以下の通りです。

エアライズ2

重 量
1550g(本体+フレーム+フライシート)
サイズ
設営時:間口130×奥行210×高さ105cm
収納時:本体30×15φcm、フレーム38cm
カラー
本体:クリーム
フライシート:オレンジ、フォレストグリーン
グランドシート・フレームスリーブ:チョコレート
素 材
本体:28dnリップストップナイロン(東レ『ファリーロ』中空糸)
フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング
シート:40dnナイロンタフタPUコーティング
フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)

▲エアライズには全サイズとも「張り綱」「ペグ」「シームコート」「リペアチューブ(緊急フレーム補修用チューブ)」がセットされています。
▲エアライズの付属品(ペグ、張り綱)の重量は約220gです。

引用元:アライテント エアライズ製品ページ

エアライズ2 テント本体

▲テント本体はこんな感じ。クリーム色をしてます。

アライテント エアライズ2 付属品一覧

上はエアライズ2の付属品をすべてを写した画像です。

基本的に「なにか買い足さないといけない」という心配はなく、エアライズ2という商品を1つ買えば山でテントが張れます。

エアライズ2の付属品
  • テント本体
  • 張り綱(テント本体に付属)
  • フライシート(テント外身)
  • フレームポール
  • リペアスリーブ1個
  • ペグ13本
  • シームコート
  • 説明書

エアライズ2の細部がわかる動画を紹介

本記事を書くにあたり、「どうやってエアライズ2の細部を伝えよう?」と悩んだのですが、YOUTUBEにエアライズ2をとてもわかりやすく紹介した動画がありました。

ぶっちゃけ動画の方がわかりやすいので、細部やサイズ感ついては下に貼らせて頂いた動画にてご確認下さい。

アキラ
アキラ

役に立つ小技も紹介されていますよ!

実際にエアライズ2を使った感想

ここからは私がエアライズ2を使った感想を書いていきます。

ただひたすら使いやすい

  • 設営方法が直感的にわかる
  • 本体とフライシートをバックルで接続する方式がとても良い!
  • 張り綱が本体に固定されており、無くさない(パーツが最小限)
  • カヤがあり、虫が入らない
  • 癖のないダブルウォール構造

以上5点が「エアライズ2って使いやすいなぁ〜」と感じたポイントです。

エアライズ2 バックル アップ

「エアライズ2の1番のオススメポイントを挙げろ」と言われたら、私は本体とフライシートをバックルで接続する機能します。

アキラ
アキラ

これがホントにいいんです…!

バックルで付け外しが簡単なのはモチロン、フライシートの前後を気にしなくて良い、ということがエアライズ2を設営する上でとても便利です。

「フライシートを被せたら入り口が反対だった」というプチストレスを感じなくて済みます。

バックルは視覚的/感触的にもわかりやすくて良いですね。暗くてもテントを張りやすいです。

以上がバックル接続をオススメする理由です。

エアライズ2 本体 スリーブのアップ

▲なにげにフレームを通すスリーブが天面まで通っている点もGood。天面のスリーブが空いてるモノは設営しづらいです。

アフターサービスが充実

エアライズ2はアフターサービスが充実しているところも魅力的。

  • 各種パーツがバラで販売されている
  • オプション品が充実している
  • 登山用品店に修理に出せることもある

私は一度、エアライズ2のフレームを折ってしまったことがあるのですが、そのときは好日山荘さんに修理に出しました。

「新しいフレームを買わないとダメかなぁ」と考えてましたがその必要はなく、たしか2000円ほどの修理費で済んだと思います。

エアライズ2って登山用テントとしては定番商品なので、そういったアフターサービスや登山用品店独自のサービスを受けやすいのも強みですね。

エアライズ2にオススメのオプション品

アライテント エアライズ2 アンダーシート ギアハンモック

エアライズ2はオプション品も充実しています。

  • テント本体の汚れ防止に、「アンダーシート」
  • テントの天井につける小物置き、「ギアハンモック」

私は以上の2点を使っています。

アンダーシートは100均のレジャーシートなどでも代用できますが、それだとけっこう嵩張かさばので、アライテント純正品がオススメですよ。

アキラ
アキラ

テント本体に以上2つを追加した重量は、約2kgです!

雪山で寒いとき用に「外張」なんていうオプションもあります

イマイチなところと対応策

良いとこだらけのエアライズ2ですが、ちょっと気になるポイントも。

本項目にまとめます。

気になるポイント
  • 収納袋にコードロックがない
  • 張り綱の自在の操作性がイマイチ
  • テント入り口のファスナーが生地に埋まる
  • オレンジのフライシートは虫が寄りやすい
対応策
  • コードロックを取り付ける
  • 自在の向きを変える
  • 細引きでファスナー延長コードを作ればOK
  • グリーンのフライシートを選ぶ

以上、こんな感じです。ちょっとした工作で改善できるので、ぜひお試しあれ。

フライシートの色だけは悩みどころですね。

オレンジは目立つため、遭難時に発見されやすいというメリットがあります。

フライシートの色については良くご検討ください。

エアライズ2の収納サイズについて

エアライズ2 収納サイズ

  • テント本体
  • フライシート(テント外身)
  • フレームポール
  • リペアスリーズ1個
  • ペグ
  • アンダーシート
  • ギアハンモック

私が実際に山に持っていっているエアライズ2関連アイテムをすべて手に持ってみると、上の写真のくらいのサイズになりました。

※ギアハンモックはテント本体の中に付けっぱなしです。

アキラ
アキラ

重さは約1.93kgでした

スポンサーリンク

私のテント内レイアウトについて

エアライズ2 テント内 レイアウト

  • 前室に登山靴と調理器具
  • テント半分にマットと寝袋
  • もう半分にその他の物
  • 天井にはよく使う小物

私のエアライズ2内のレイアウトは以上のような感じになっています。

特に狭いとは感じません、居住性が高くて良いですよ。

エアライズシリーズには更に軽い”1”もありますが、単独テント泊がはじめての人にはエアライズ”2″がオススメです。

軽さは正義ですが、軽さを求めるあまり利便性が犠牲になってもいけません。

テントの中で過ごす時間って意外と長いもの。居住性も考えたテント選びを推奨します。

私が考えるに、エアライズ2は単独テント泊にちょうどいい重量と居住性のバランスを持っています。

メモ

エアライズ”1”と”2”の重量差は190gです。

アライテント エアライズ2はこんな人にオススメ!

  • テント泊登山入門から雪山まで、幅広い登山をやりたい人
  • 単独テント泊登山をやりたい人

エアライズ2は以上のような人にオススメです。

癖のないスペックと使いやすさもあいまって、最初の一張ひとはりに強く推せる山岳テントです。

こんな人にはオススメしない

  • テントが人と被ったら嫌な人
  • とことん軽量性を求める人
  • とことん居住性を求める人

エアライズ2は以上のような人にはオススメできません。

登山用テントとして定番商品のエアライズ2、使っている人も多く、山のテント場ではけっこう被ります。

また軽量性/居住性どちらかを追求する人にも向いていないかと。

軽量性/居住性どちらかを求める人は別のテントをチョイスすることをオススメします。

スポンサーリンク

アライテント エアライズ2 レビューまとめ

登山 テント エアライズ2

本記事は「【アライテント エアライズ2 レビュー】お一人様に強くオススメしたい山岳テント」について書きました。

まとめ

エアライズ2の良いところ
  • 設営方法が直感的でわかりやすい
  • パーツが最小限に抑えられている
  • 癖のないダブルウォール構造
  • アフターサービス/オプションアイテムが充実
  • 重量と居住性のバランスが良い
  • 総じて、間違いない山岳テント

✓気になるポイントは簡単な方法で改善できる

✓人と被ったら嫌な人や、軽量性/居住性どちらかを追求する人にはオススメできない



本記事を書くにあたり、他の山岳テントのことも調べたのですが、調べれば調べるほどエアライズ2の魅力に取りつかれていきました。

やっぱりバックルを使ったカチッとロックがメチャクチャいいです。

「シンプルだけどよく考えられた作りだな」と実感します。

山岳テントをお探しの方は、エアライズ2も検討してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【耐久性/居住性も大事】テント泊登山にオススメの装備品5選
本記事ではテント泊登山にオススメの装備品を5つ紹介しています。内訳は、テント / シュラフ / スリーピングマット / 座布団 / 照明補助小物 です。(どれも筆者が実際に使ってるモノです)軽さが正義な登山ですが、耐久性や居住性も重視しました。本記事は「テント泊登山初心者さん」「テント泊装備を見直している人」にオススメです。
【流用可】私がテントに施した11種目の改造
本記事では私がテントに施した11個の改造について紹介してます。テントってどこか1箇所は使いにくいトコロがあるもの。そんな使いにくさを解決するヒントになるかもしれません。本記事はテントを持っている全ての方、特にテント泊登山をしてる/したい方にオススメです。
【初心者向け】山でテントを張るときの小技6選【テント泊登山】
雨が降ってたり強風が吹いてたり。山では厳しい環境下でテントを設営するときもあります。本記事では、そんなときに役立つテント設営の小技を「6つ」紹介します。テント泊登山初心者さん、必見です。
【テント泥棒対策】テントに名前、書いてみた
テント泥棒対策のために、テントに名前を書きました。特に難しいやり方をしたわけではありませんが、ブログ記事として記録に残します。昨今、山のテント場にはテント泥棒なる輩が出没することがあるそうです。SNSで被害にあった方もお見かけしました・・・。本記事はそんな出来事に対するひとつの対策案を紹介しています。
【実体験】私の登山での失敗談を7個まとめました
登山での失敗について、リアルな体験談をお探しですか?本記事では私自身が実際に経験した登山での失敗談を7つ記載しています。小さい失敗からかなり危ない失敗まで様々です。リアルなエピソードとして登山をやっている方の備えとなれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました