【モンベル クラッシャブル ランタンシェード レビュー】わずか5g。ソロキャンプ/登山向きな照明アイテム

モンベル クラッシャブル ランタンシェード レビュー 手のひらサイズテント泊装備
  • 「テントの中を照らす、軽くてコンパクトな照明器具が欲しい…。なにかオススメありませんか?」
  • 「モンベル クラッシャブル ランタンシェードって実際どうなの?」

そんな疑問にお答えするために、本記事ではモンベル クラッシャブル ランタンシェード(※)のレビューをしています。

※長いのでこれ以降は「ランタンシェード」と呼びます。

ランタンシェードはアウトドアブランド、モンベルが販売しているヘッドライトの光を拡散するアイテムです。

大小2つのサイズがあるのですが、本記事では小サイズについて書きます。

モンベル ランタンシェードは次のようなスペック/特徴を有しています。

スペック
  • 重さ:5g
  • 展開サイズ:直径6cm × 高さ12cm
  • 収納サイズ:8cm × 6cm
  • 対応ヘッドランプサイズ:周囲19.5cm以内
  • 素材:30D リップストップナイロン
  • ゴムバンドで締め付けを調整可能
  • ミニカラビナ付属
  • 大小2サイズ展開(本記事では小サイズを紹介)
特徴
  • とにかく軽い
  • ヘッドライトの光を優しく拡散

ランタンシェードの1番のオススメポイントはとにかく軽くて収納スペースを取らないところ。

  • 多少暗くてもテントの中を照らせればそれでいい
  • 荷物を少なくしたい
  • 荷物を軽量化したい

以上のような人に向いているアイテムです。

リップストップナイロンという引き裂きに強い素材が使われているため、グシャグシャっと扱っても大丈夫なところも魅了のひとつです。

そんなわけで「【モンベル クラッシャブル ランタンシェード レビュー】わずか5g。ソロキャンプ/登山向きな照明アイテム」について書いていきます。

スポンサーリンク

モンベル ランタンシェードのスペック/特徴

ランタンシェードはアウトドアメーカー、モンベルが販売しているヘッドライトの光を拡散するアイテムです。

素材にはリップストップナイロンという、丈夫な生地が使われています。

アキラ
アキラ

グシャっと扱っても大丈夫!

リップストップは直訳すると「裂けを止める」という意味。
格子状に繊維を編み込むことで耐久性を高めています。

わずか5g。とにかく軽い

ランタンシェードの重量は5gです。

「5gってどれくらい?」というと1円玉5枚分

収納も省スペースで済むため、持っていることを感じさせないアイテムです。

ランタンシェードをつけて照らしてみた

ランタンシェードはヘッドライトに取り付けて使います。

ヘッドライトの光って直接見るととてもまぶしいです。

個人的にですが、これはLED式ランタンにも当てはまると感じています。

ランタンシェードはそんな「強い光」を拡散し、「やさしい光」に変えてくれます。

テントの中で過ごす時間って意外と長いもの。

明るさはヘッドライトの出力によって変わりますが、ランタンシェードはテント内全体をやさしく照らしてくれるアイテムです。

サイズ感について

ランタンシェードはサイズの異なる2つがラインナップされています。

  • モンベル クラッシャブル ランタンシェード(本記事で紹介しているモノ)
  • モンベル クラッシャブル ランタンシェード L

以上2つの大きな違いは、照射面積がより広いかどうかです。

Lは照射面積が大きく、広く照らすことができます。

引用元:モンベル クラッシャブル ランタンシェード L 製品ページ

ランタンシェードはゴムバンドで口を締めることができるので、対応ヘッドランプサイズ内であれば、さまざまなサイズのヘッドライトに装着できます。

ランタンシェード
対応ヘッドライトサイズ
  • 周囲:19.5cm以内
私の使っている
ヘッドライト
  • 周囲:約17cm

ただし、ヘッドライトの形状によっては装着できない場合もあるのでご注意ください。

アキラ
アキラ

丸みを帯びたヘッドライトなら大丈夫ですよ。

※ヘッドランプの形状により、サイズ内でも装着できない場合があります。

引用元:モンベル クラッシャブル ランタンシェード L 製品ページ

ちなみにLサイズの対応ヘッドライトサイズは周囲18.5cm以内。
ランタンシェード(無印)よりも対応ヘッドライトサイズは小さいのでご注意ください。

オススメの収納方法

ランタンシェードの中にヘッドライトを収納するというやり方もありますが、私のオススメは照明関係をポーチでまとめて収納する方法です。

  • ヘッドライト
  • ランタンシェード
  • 予備電池

私は以上のモノを一つのポーチにまとめて収納しています。

モンベル ランタンシェードを選んだ理由

私はテント泊登山をやっています。

始めてテント泊にチャレンジしたとき、照明器具はヘッドライトしか持っていませんでした。

ヘッドライトだと光が一点に集まってしまい、テントでの使い勝手が悪かったです。

かといってランタンを持っていくもの「違うなぁ」と感じていました。

そんなとき見つけたのがランタンシェード

ランタンシェードはテント内を全体的に照らしてくれ、テント生活が快適になりました。

ちゃんとしたランタンのほうが光は強いのですが、私にはランタンシェードで拡散された光で充分でした。

導入して以降、ランタンシェードは私にとって欠かせないテント泊アイテムとなりました。

モンベル ランタンシェード レビューまとめ

本記事は「【モンベル クラッシャブル ランタンシェード レビュー】わずか5g。ソロキャンプ/登山向きな照明アイテム」について書きました。

▼モンベル ランタンシェードのスペック/特徴

スペック
  • 重さ:5g
  • 展開サイズ:直径6cm × 高さ12cm
  • 収納サイズ:8cm × 6cm
  • 対応ヘッドランプサイズ:周囲19.5cm以内
  • 素材:30D リップストップナイロン
  • ゴムバンドで締め付けを調整可能
  • ミニカラビナ付属
  • 大小2サイズ展開(本記事では小サイズを紹介)
特徴
  • とにかく軽い
  • ヘッドライトの光を優しく拡散

私がランタンシェードを買ったとき(4年ほど前)には、ミニカラビナは付いていませんでした。

ミニカラビナがあると吊るせて便利ですね、私も次にテント泊するときには取り入れてみようと思います。

道具って軽さも大事な要素ですよね。

ランタンシェードは使用頻度と軽さのバランスがとれた、とても良いアイテムだと思います。

照明器具でお悩みの方「モンベル クラッシャブル ランタンシェード」も検討してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【耐久性/居住性も大事】テント泊登山にオススメの装備品5選
本記事ではテント泊登山にオススメの装備品を5つ紹介しています。内訳は、テント / シュラフ / スリーピングマット / 座布団 / 照明補助小物 です。(どれも筆者が実際に使ってるモノです)軽さが正義な登山ですが、耐久性や居住性も重視しました。本記事は「テント泊登山初心者さん」「テント泊装備を見直している人」にオススメです。
タイトルとURLをコピーしました