【EXPED シンマット ウィンターライト レビュー】テント泊登山に適したスリーピングマット【軽量/コンパクト】

EXPED シンマット ウィンターライト 全体像テント泊装備

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

テント泊登山の必需品の一つに、スリーピングマットがありますよね?

その種類を大きく分けると、

  • 折り畳めるクローズドセルマット
  • 空気注入型マット

の2つがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

この記事では、私が使っている空気注入型スリーピングマット、「EXPED(エクスペド) シンマット ウィンターライト」をご紹介します。

  • 軽量
  • コンパクト
  • R値:4.9
  • 対応最低温度域: -17℃

シンマット ウィンターライトには主に以上のような特徴があり、荷物が多いテント泊登山でも使い勝手が良いです。

スリーピングマットを選ぶ上で最も気にしたポイントが、その対応温度。

私はとても寒がりな人間なので、低い気温にも対応したマットを選びました。

シンマット ウィンターライトを気温が0℃前後の山で使ってみたところ、地面からの寒さを感じずに眠れたので、「良い選択だったな」と思っています。

そんなわけで「【EXPED シンマット ウィンターライト レビュー】テント泊登山に適したスリーピングマット【軽量/コンパクト】」について書いていきます。

▼シンマット ウィンターライトは「シンマット HL ウィンター」にモデルチェンジしました。

スポンサーリンク

EXPED シンマット ウィンターライトの外観/スペック

▲シンマット ウィンターライトはアウドドアメーカー、EXPEDが製造/販売していた空気注入型スリーピングマットです。

EXPED シンマット ウィンターライト 生地のアップ

▲生地には20Dポリエステルが使われています。触ってみるとしっかりした質感です。

すぐに破れそうな、「ペラい」印象は受けません。

EXPED シンマット ウィンターライト 横

▲シンマット ウィンターライトの厚さは9cm

マットの中にはマイクロファイバーの中綿が入っており、中綿と空気の層で地面からの寒さを防ぎます。

  • R値:4.9
  • 対応最低温度域: -17℃

参考:シンマット ウィンターライト販売ページ

EXPED シンマット ウィンターライト 空気注入部

こちらはシンマット ウィンターライトの空気注入部の写真です。

空気注入にはEXPED専用の空気入れを使う必要があります。

2019年現行モデルには空気入れも付属しているので安心ですね。

私も以前はEXPED専用の空気入れを使っていたのですが、面倒になり、今では口で空気を入れています。

EXPED シンマット ウィンターライト 逆流防止弁

▲シンマット ウィンターライトの空気注入部には逆流防止弁がついています。

このため、空気を入れている途中で逆流してくることはありません。

EXPED シンマット ウィンターライト 空気の抜き方

▲空気を抜くときは、写真のように逆流防止弁をズラせばOK。

EXPED シンマット ウィンターライト リペアキット

▲シンマット ウィンターライトには穴が空いたとき用にリペアキットが付属しています。

幸いまだ使ったことはありませんが、リペアキットがあるとないとでは、登山での安心感が違います。

EXPED シンマット ウィンターライト リペアキット収納

▲スタッフサックの中にはリペアキット用の収納スペースがあります。

EXPED シンマット ウィンターライト 重さ

  • スリーピングマット本体
  • スタッフサック
  • リペアキット

以上を収納したときの重さは約438g。これは、500mlペットボトルより少し軽いくらいです。

サイズ感について

EXPED シンマット ウィンターライト 寝てみた画像

178cm/61kgの男性(私)がシンマット ウィンターライト Mサイズの上に寝てみるとこんな感じです。

Mサイズの全長:183cm

手がちょっとはみ出してしまいますが、テント泊登山ではそれが気にならないほどヘトヘトになるので、大丈夫でした。

私にとってシンマット ウィンターライトのMサイズは、「意外と大丈夫なサイズ感」です。

私の体のサイズについて
ここでは私の体のサイズを記載しています。 ウェアのサイズ感把握に役立ててもらったらと思います。 素人採寸のため、多少の誤差はご容赦ください。

▲スタッフサックに入れるとこれくらいのサイズになります。

  • 収納時の長さ:21cm
  • 収納時の直径:11cm

以上でEXPED シンマット ウィンターライトの製品紹介を終わります。

登山で使った回数

シンマット ウィンターライトを今までどれくらい使ったのかを数えたところ、7回でした。

全て無雪期のテント泊登山です。

シンマット ウィンターライトを2016年に購入してから3年経ちましたが、「破れそうだなぁ」と思うところもなく、まだまだ使っていけそうです。

今のところ、保管によるダメージも見受けられません。

スポンサーリンク

EXPED シンマット ウィンターライトを導入する前は…

クローズドセルマット

▲最初に使っていたスリーピングマット。

シンマット ウィンターライトを導入する前は、友人から貰った折りたたみ式のスリーピングマットを使っていました。

折りたたみ式は設営/撤収が早いというメリットがありますが、携行が大変というデメリットもあります。

EXPED シンマット ウィンターライトを導入する前

▲私は折りたたみ式のスリーピングマットをザックの外に付けて携行していました。

このやり方だと、折りたたみ式スリーピングマットが木や岩に引っかかるという場面があり、それがストレスでした。

アキラ
アキラ

危険な岩場を歩行中に引っかけたら大変です…!

EXPED シンマット ウィンターライトを導入した後

▲シンマット ウィンターライト導入後のパッキング。

シンマット ウィンターライトにしてからは、スリーピングマットをザックの中に収納できるようになったので、”引っかかる”というストレスが無くなりました。

ちなみに

折りたたみ式と空気注入式のスリーピングマットでは寝心地がだいぶ異なります。スリーピングマットを選ぶ際は、寝心地も考慮するのがオススメです。

アキラ
アキラ

私の妻は折りたたみ式マットの寝心地の方が好みです。

EXPED シンマット ウィンターライト レビューまとめ

本記事は「【EXPED シンマット ウィンターライト レビュー】テント泊登山に適したスリーピングマット【軽量/コンパクト】」について書きました。

▼シンマット ウィンターライトの特徴まとめ

  • 軽量
  • コンパクト
  • R値:4.9
  • 対応最低温度域: – 17℃

シンマット ウィンターライトはオールシーズン使えるので、「雪山にチャレンジする」なんてときにも使えるのが良いですね。

スリーピングマットお探しの方は、EXPEDのシンマットシリーズも検討されてみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

▼シンマット ウィンターライトは「シンマット HL ウィンター」にモデルチェンジしました。

本記事で紹介したモノのスペックとは少し異なるので、ご注意ください。


【耐久性/居住性も大事】テント泊登山にオススメの装備品5選
本記事ではテント泊登山にオススメの装備品を5つ紹介しています。内訳は、テント / シュラフ / スリーピングマット / 座布団 / 照明補助小物 です。(どれも筆者が実際に使ってるモノです)軽さが正義な登山ですが、耐久性や居住性も重視しました。本記事は「テント泊登山初心者さん」「テント泊装備を見直している人」にオススメです。
【アライテント エアライズ2 レビュー】お一人様に強くオススメしたい山岳テント
本記事ではアライテント エアライズ2の個人レビューをしています。一言でいうと一人用として間違いない山岳テントです。気になるポイントもあるのですが、そのほとんどが簡単な方法で解決できます。本記事は「これからテント泊登山をやろうとしている人」「山岳テントを探してる人」「エアライズ2が気になってる人」にオススメです。
【ナンガ オーロラ 450STD 3年使用レビュー】ガシガシ使える3シーズン用ダウンシュラフ
本記事ではナンガが製作したダウンシュラフ、「オーロラ 450STD」の紹介とレビューをしています。オーロラ 450STD最大の魅力は、水に強いオーロラテックスが使われているところ。少し濡れるくらいならへっちゃらです。生地感もしっかりしており、ガシガシ使える点もGood。詳しくは記事内にて写真多めで解説します。
【サーマレスト Zシート レビュー】安定の登山座布団!落ち着いたカラーも格好良い。
本記事では登山用座布団、「サーマレスト Zシート」を写真多めで個人レビューしています。ありそうでなかった渋いカラーリングに惹かれて購入したのですが、水に強かったり、断熱性が高かったりと、登山用座布団としてのスペックも高くて満足しています。本記事は「サーマレスト Zシートについて知りたい人」「登山用座布団を探している人」にオススメです。
【モンベル クラッシャブル ランタンシェード レビュー】わずか5g。ソロキャンプ/登山向きな照明アイテム
本記事では「モンベル クラッシャブル ランタンシェード」の個人レビューをしています。重量わずか5g。ヘッドライトに取り付けることで光を拡散してくれます。本記事は「ソロキャンプやテント泊登山での荷物を減らしたい/軽量化したい」という人、必見です。
タイトルとURLをコピーしました