【サーマレスト Zシート レビュー】色が渋くてカッコイイ!水にも強く、温かい登山座布団

サーマレスト Zシート サムネイルテント泊装備

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

登山でちょっと休憩したいときに、

  • ベンチが濡れてる/汚れてる
  • ベンチが冷えてて、お尻が冷たい
  • そもそもベンチがなくて、地面に座らないといけない

なんてことを経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

そんなときは登山用の座布団があると便利です。

本記事では、私が使っている登山用座布団、サーマレスト Zシートをご紹介します。

  • 色が渋くてカッコイイ
  • 保水しないため、水濡れにとても強い
  • 断熱性が高く、座るとほのかに温かい

いろいろと良いところがあるのですが、「サーマレスト Zシートの魅力を3つ挙げよ」と問われたら、以上の3つを挙げます。

色は私の好みですが、「水濡れに強い」「断熱性が高い」という2点はアウトドアに適した特徴です。

私はテント泊登山のサブマットとしても活用してます

そんなわけで「【サーマレスト Zシート レビュー】色が渋くてカッコイイ!水にも強く、温かい登山座布団」について書いていきます。

スポンサーリンク

サーマレスト Zシートの外観/特徴

サーマレスト Zシート 表面

サーマレスト Zシート 裏面

Zシートはアメリカのアウトドアメーカー、サーマレストが製造/販売しているアウトドア用座布団です。

サーマレスト社の製品で有名なのは、折りたたみ式のスリーピングマット。

そのスリーピングマットを取り回しがしやすいように小さく加工したアイテムが、Zシートです。

サーマレスト Zシート アップ

Zシートにはスリーピングマットの素材が使われているため、

  • クッション性が高い
  • 断熱性が高い
  • 擦れに強いタフな作り

という点もオススメポイントです。

私も実際にフィールドで使ってみましたが、固い岩の上や砂利が敷き詰まった地面の上でも快適でした。

断熱性についても納得できるエピソードがあります。

実は今、Zシートに座って本記事を書いているのですが、お尻がほんのり温かいんですよ(笑)

自分の体温が反射されているのでしょうか?思わぬ形でZシートの温かさを実感することになりました。

重さとサイズ

サーマレスト Zシート 重さ

Zシートの重さは実測で60g。これは卵1個とだいたい同じ重量です。

軽量ですが、素材感はしっかりしています

サーマレスト Zシート 展開サイズ

サーマレスト Zシート 収納サイズ

  • 展開時のサイズ:33cm × 41cm
  • 収納時のサイズ:33cm × 6.7cm × 6cm

Zシートのサイズについては以上の通りです。

展開したときの大きさは、A4用紙2枚分くらいでした。

人ひとりが座るのには充分なサイズです。

細部紹介

サーマレスト Zシート ゴムバンドアップ

折りたたんで収納するときに使うゴムバンドは、Zシート本体と一体になっています。

ゴムバンドだけ無くす心配もありません

サーマレスト Zシート フック

写真のように、ゴムバンド末端のループとフックを使って収納するという方式です。

Zシートの中央をバンドでまとめるため、両端がやや広がってしまうことがある点はウィークポイント。

とはいえ、ゴムバンドの操作性は良く、展開/収納がスピーディに行える点はZシートの魅力の一つです。

サーマレスト Zシート 水気を拭いている画像

Zシートには架橋ポリエチレンという、保水しない素材が使われています。

水に濡れても素材に染み込んでいかないため、叩いたり拭いたりしてあげればまた乾いた状態で使うことができます。

  • 雪山でのアクティビティ
  • 海遊びや川遊び

などの水濡れをともなう遊びでもZシートは大いに活躍してくれます。

サーマレスト Zシート カラー

Zシートのカラーは以下の通りです。

  • 表面:コヨーテブラウン
  • 裏面:グレー

個人的にですが、私はこのカラーリングがとても気に入ってます。

なんとも渋くてたまりません。

Zシートに惹かれた理由の一つとして、この渋いカラーリングが挙げられるほど気に入っているポイントです。

そんなこんなで、サーマレスト Zシートの外観/特徴紹介を終わります。

登山における座布団の活用シーン

私はZシートを主に登山で使っています。

休憩のときはモチロンですが、私が最も役に立つと感じる場面は、テント泊登山においてテントの中で過ごしているときです。

私が使っている山岳テントは底面にクッション性がないため、座っているとお尻が痛くなってしまいます。

スリーピングマットをクッションとして代用しても良いのですが、サイズが大きいため、テント内では取り回しにくいです。

そんなときに登山用座布団があると便利。

いろいろな登山便利アイテムを試しては削減してきた私ですが、登山用座布団は必需品と言えるほど便利なアイテムだと感じています。

サーマレスト Zシート レビューまとめ

本記事は「【サーマレスト Zシート レビュー】色が渋くてカッコイイ!水にも強く、温かい登山座布団」について書きました。

サーマレスト Zシートは、

  • 色が渋くてカッコイイ
  • 保水しないため、水濡れにとても強い
  • 断熱性が高く、座るとほのかに温かい

という特徴がある登山用座布団です。

登山での休憩時はモチロン、テントの中で過ごすときにも役立ちます。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


※サーマレスト Zシートには、より断熱性の高い「Zシート ソル」というモデルもあります。


【アライテント エアライズ2 レビュー】お一人様に強くオススメしたい山岳テント
本記事ではアライテント エアライズ2の個人レビューをしています。一言でいうと一人用として間違いない山岳テントです。気になるポイントもあるのですが、そのほとんどが簡単な方法で解決できます。本記事は「これからテント泊登山をやろうとしている人」「山岳テントを探してる人」「エアライズ2が気になってる人」にオススメです。
【ナンガ オーロラ 450 STD 3年使用レビュー】コイツを選んで、良かったー!
本記事では「ナンガ オーロラ 450 STD」について個人レビューをしています。3シーズン用のダウンシュラフです。ナンガ独自のオーロラテックス素材が水を弾くし引き裂きにも強くて良いですね。本記事は「ナンガのシュラフが気になっている人」「3シーズン用の寝袋を探している人」にオススメです。
【EXPED シンマット ウィンターライト レビュー】テント泊登山に適したスリーピングマット【軽量/コンパクト】
本記事では「EXPED シンマット ウィンターライト」の個人レビューをしています。軽量/コンパクトに加え、対応温度が−18℃と、積雪期の登山まで対応できるスペックを持った空気注入式スリーピングマットです。本記事はテント泊登山のスリーピングマットを探している方にオススメです。
【モンベル クラッシャブル ランタンシェード レビュー】わずか5g。ソロキャンプ/登山向きな照明アイテム
本記事では「モンベル クラッシャブル ランタンシェード」の個人レビューをしています。重量わずか5g。ヘッドライトに取り付けることで光を拡散してくれます。本記事は「ソロキャンプやテント泊登山での荷物を減らしたい/軽量化したい」という人、必見です。
タイトルとURLをコピーしました