【初心者向け】山でテントを張るときの小技6選【テント泊登山】

テント泊登山 初心者 小技 タイトルお役立ち-登山

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

山岳テント(ダブルウォール型)の設営って、基本的には

  1. アンダーシートを敷く
  2. テント本体を敷く
  3. フレームを入れ、テント本体を立てる
  4. テント本体にフライシートを被せる
  5. ペグダウンする

という手順ですよね。

慣れれば15分ほどで立てられるほど、山岳テントの設営は簡単です。

しかし、いつも最高の環境でテントを設営できるわけではありません。

  • 強風や雨の中で
  • 混雑しているテント場で

テント泊登山では、そんな状況下でテントを張るときもあります。

本記事では、テント泊登山初心者さんに向けて、山岳テント(ダブルウォール型)設営時のちょっとした小技を6つ紹介します。

スポンサーリンク

【初心者向け】山でテントを張るときの小技6選【テント泊登山】

強風のときは先にペグダウンする

テント泊登山 初心者 小技 ペグダウン1

稜線上のテント場などは風が強いときが多々あります。いつも通りテントを立てると飛ばされてしまうことも…。

そんな時はテント本体を先にペグダウンしましょう

仮止めとして2箇所ペグダウンするだけでも、テントが飛ばされるリスクは低くなります。

アキラ
アキラ

風上側をペグダウンするのがポイントです!

テント設営の小技として最初に紹介したのは「強風の時は先にペグダウンする」でした。

テントを設営するときは、風下側が入り口になるように建てるのがポイントです。

その点も踏まえてペグダウンする箇所を決めてみてください。

狭いテント場ではフレームを伸ばしきらない

テント泊登山 初心者 小技 フレームの取り扱い

シーズンによっては、混雑しているテント場もあったりします。

そんなテント場では、お隣さんとの距離も近くなりますよね?

「テントを立てようとフレームを伸ばしたら、他の人のテントに穴を開けてしまった」みたいなトラブルは避けたいところ。

混雑しているテント場では、限られたスペースでテント設営を行う必要があります。

  • フレームを伸ばしきらない

というテクニックを使えば、コンパクトにテント設営ができます。

トラブル回避のためにも、頭の片隅に入れておきたいテクニックです。

▼私の体験談
以前、北アルプスの燕山荘テント場で幕営ばくえいしたことがあります。夏山シーズンで、テント場も混雑してました。そのときは実際に「フレームを伸ばしきらない」という小技を使ってテントを設営しました。

テント場の石を活用する

テント泊登山 初心者 テント場

上は八ヶ岳の赤岳鉱泉というところのテント場の写真です。けっこう大き目な石がゴロゴロしてますよね?

テント場に落ちている石を張り綱に巻きつければ、ペグをあまり使わなくてもテントを設営できます。

アキラ
アキラ

ペグの軽量化にもつながります。

ペグを使わなければ、登山後の後片付けも楽になるのでオススメです。

テント場の石はドンドン活用しましょう。

状況に応じてペグダウンを簡略化

テント泊登山 初心者 テント場

再び赤岳鉱泉テント場の写真です。

赤岳鉱泉テント場は樹林帯の中にあるため、強風の心配があまりありません。

そんなときは「最低限のところだけペグダウンする」というのも小技の一つです。

手を抜けるところは抜いて、テントでの時間を楽しみましょう。

▼ちなみに

「樹林帯だし、強風の心配はないだろう」と思ってたら、ヘリコプターの風でテントが飛ばされてしまったことがありました。

ヘリでの荷揚げが想定されるテント場では、ヘリの風にもご注意ください。

【実体験】私の登山での失敗談を7個まとめました
登山での失敗について、リアルな体験談をお探しですか?本記事では私自身が実際に経験した登山での失敗談を7つ記載しています。小さい失敗からかなり危ない失敗まで様々です。リアルなエピソードとして登山をやっている方の備えとなれば幸いです。

雨の時はフライシートを先にかぶせる

テント泊登山 初心者 小技 フライシートの取り扱い

ダブルウォール型のテントって、テント本体には防水性がないものが多いです。

雨の中、いつもの手順で設営すると、テント本体が濡れてしまうことも…。

そんなときは、テント本体にフライシートをかぶせてから設営するのがオススメです。

雨が降ってるときって、だいたい風も強いので、最初に紹介した「強風のときは先にペグダウンする」小技と組み合わせてご活用ください。

手を汚さないようにレイングローブを使う

テント泊登山 初心者 小技 レイングローブ テムレス

テント設営時にレイングローブを使えば、土や泥で手を汚さずにテントを立てられます。

私はテムレスというゴム手袋(上の写真のモノ)をレイングローブとして使ってます。

デザインはイマイチですが、性能とコスパは最高ですよ。

おまけ①:雨の日の撤収はゴミ袋を使うと楽

テント 撤収 ゴミ袋

テントに付属している収納袋はサイズがやや小さいので、撤収時は少し使いづらかったりします。

雨の日のテント撤収はなるべく迅速に済ませたいモノ。テント収納袋として大きめのゴミ袋を使えば、撤収をよりスムーズに行えます。

2泊3日とかのテント泊となると、テントをキチンと畳んで収納するのが面倒くさくなることも。

そんなときも「ゴミ袋テント収納法」はオススメです。

おまけ②:抜けないペグは別のペグを使って抜く

テント泊登山 初心者 小技 ペグ活用

撤収のときに「ペグが抜けない!」ということも多々あります。

そんな時は、別のペグを活用してみてください。

テコのように使えば、抜けなかったペグも抜くことができますよ。

スポンサーリンク

【初心者向け】山でテントを張るときの小技6選 まとめ

本記事は「【初心者向け】山でテントを張るときの小技6選【テント泊登山】」について書きました。

テント設営時の小技6選 まとめ
  1. 強風のときは先にペグダウンする
  2. 狭いテント場ではフレームを伸ばしきらない
  3. テント場の石を活用する
  4. 状況に応じてペグダウンを簡略化
  5. 雨の時はフライシートを先にかぶせる
  6. 手を汚さないようにレイングローブを使う

おまけ①:雨の日の撤収はゴミ袋を使うと楽

おまけ②:抜けないペグは別のペグを使って抜く

本記事で紹介した小技は、全て私が実際にやっていることです。

私は今後もテント泊登山を続けていきますので、新しい小技を思いついたら本記事に追記していきます。

この記事が少しでもあなたの役に立ったのなら幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【アライテント エアライズ2 レビュー】お一人様に強くオススメしたい山岳テント
本記事ではアライテント エアライズ2の個人レビューをしています。一言でいうと一人用として間違いない山岳テントです。気になるポイントもあるのですが、そのほとんどが簡単な方法で解決できます。本記事は「これからテント泊登山をやろうとしている人」「山岳テントを探してる人」「エアライズ2が気になってる人」にオススメです。
【テント改造】私がエアライズ2にした”11個”のカスタム
本記事では私が使っているテント「エアライズ2」に施した11個の改造について紹介してます。テントってどこか1箇所は使いにくいトコロがあるもの。そんな使いにくさを解決するヒントになるかもしれません。本記事はテントを持っている全ての方、特にテント泊登山をしてる/したい方にオススメです。
【テント泥棒対策】テントに名前、書いてみた
テント泥棒対策のために、テントに名前を書きました。特に難しいやり方をしたわけではありませんが、ブログ記事として記録に残します。昨今、山のテント場にはテント泥棒なる輩が出没することがあるそうです。SNSで被害にあった方もお見かけしました・・・。本記事はそんな出来事に対するひとつの対策案を紹介しています。
【実体験】私の登山での失敗談を7個まとめました
登山での失敗について、リアルな体験談をお探しですか?本記事では私自身が実際に経験した登山での失敗談を7つ記載しています。小さい失敗からかなり危ない失敗まで様々です。リアルなエピソードとして登山をやっている方の備えとなれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました