【リバーズ スタウトエア400 レビュー】まるでミリタリーライン!?日本が生んだウォーターボトル!

リバーズ スタウトエア400 外観キャンプ道具

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事では、リバーズが製造/販売しているウォーターボトル、「スタウトエア400」の紹介とレビューをしてます。

スタウトエアを一言で表すならば、「ナルゲンボトルのミリタリーライン」といったところでしょうか?

シンプルな構造で洗いやすく、持ち運びも楽。

ミリタリーかつ、どこか都会的な印象を受けるのはスタウトエア独自の特徴です。

アキラ
アキラ

性能も全く問題ナシ!今や私の一軍ウォーターボトルです!

そんなわけで「【リバーズ スタウトエア400 レビュー】まるでミリタリーライン!?日本が生んだウォーターボトル!」について書いていきます。

スポンサーリンク

リバーズ スタウトエアとは?

「スタウトエア」は日本のアウトドアメーカー、リバーズが製造/販売しているウォーターボトルです。

サイズやカラー展開は以下の通りとなっています。

サイズ展開
  • 400ml
  • 550ml
  • 1,000ml
カラー展開
  • クリア
  • オリーブ
  • ブラック
アキラ
アキラ

私は400mlのオリーブを選びました。

本記事では、400mlのオリーブカラーのスタウト エアを紹介していきます。

詳しいスペックについては公式サイトをご確認ください。

リバーズ スタウトエア400の紹介とレビュー

軽量である(106g)

リバーズ スタウトエア400 レビュー 重さ

スタウトエア400の重さは、中フタを含めて106g

水を運ぶという最小限の機能に特化しているため、軽量です。

アキラ
アキラ

軽いは正義!

リバーズ スタウトエア400 レビュー 内蓋の重さ

▲ちなみに、中フタの重さは4gです。

飲み物にプラスチック臭がつかない

スタウトエア400は飲み物にプラスチック臭がつきません。

100均とかの安い水筒だとプラ臭がついたりするんですが、スタウトエアは大丈夫でした。

ただ、コーヒーなどのニオイの強い飲み物を入れると、スタウトエアにニオイが移るのでご注意を。

使用上の注意としてご承知おきください。

飲み物を注ぎやすい

リバーズ スタウトエア400 レビュー 口の外観

スタウトエアは口が広いため、飲み物を注ぎやすいです。

大雑把に使えるのって意外と嬉しいもの。

補給がやりやすくて良いですね。

シンプルな構造で洗いやすい

リバーズ スタウトエア400 レビュー おいたところ

スタウトエア400はパーツが少なく、使った後のメンテナンスがとても楽です。

アキラ
アキラ

口が広いので乾きも早いですよ!

密閉性が高い

リバーズ スタウトエア400 レビュー 漏れについて

密閉性も問題ナシ。

シンプルなデザイン

リバーズ スタウトエア400 レビュー 付属品

スタウトエア400は、ご覧の通りシンプルなデザイン。

オリーブというカラーからはミリタリーなテイストを感じます。

それに加え、筆者は、どこか都会的な印象も受けました。

飲み物の残量が一目でわかる

リバーズ スタウトエア400 レビュー ロゴ

容器が透明のため、残量が分かりやすいのもイチオシポイント。

飲む分量のコントロールに役立ちます。

計量ができる

リバーズ スタウトエア400 レビュー 測りアリ

スタウトエア400にはml単位の目盛がついています。

手元に計量カップがない場合でも、スタウトエア400があれば、大体の容量を測ることが可能です。

シリコンバンドが便利

リバーズ スタウトエア400 レビュー シリコンバンド

スタウトエア400にはシリコンバンドがついており、フタをなくす心配がありません。

シリコンバンドに指をかけて扱うこともできます。

アキラ
アキラ

カラビナでぶら下げても良いですね!

耐熱/耐冷性能がある

耐 熱 温 度:100℃(ボトル本体)、140℃(フタ、スプラッシュガード)

耐 冷 温 度:-40℃(ボトル本体、フタ、スプラッシュガード)

引用:スタウトエア商品ページ

スタウトエア400には耐熱耐冷性能があります。

少々熱い飲み物や氷を入れてもOKです。

耐久性が高い

スタウトエアのボトル部分には「トライタン」という素材が使われています。

トライタンはとても丈夫な素材で、車で轢いても割れない強度があります。

アキラ
アキラ

BPAという有害物質が含まれておらず、安全性も高い素材です!

以上でスタウトエア400の紹介とレビューを終わります。

リバーズ スタウトエア400を選んだ理由

リバーズ スタウトエア400 レビュー ナルゲンボトルと比較1

▲ナルゲンボトル(500ml)と並べた写真

私は普段使いの水筒に次の要素を求めます。

普段使いの水筒に求める機能
  • 軽量である
  • 洗いやすい
  • 取り出しやすい
  • 水分補給ができればOK
    (保冷/保温機能は無くてもいい)

スタウトエア400は以上の要素を充分に満たしていました。

「ミリタリーで、どこか都会的なデザイン」にも強く惹かれ、購入を決めたのです。

買ってから10ヶ月ほど使いましたが、大いに満足してます。

今や私の一軍ウォーターボトルです。

これも気になってる

「これもいいなぁ」と思ってます。

1,000mlという、大容量なスタウトエアです。

スタウトエア1,000の良いところは、縦に長い水筒であるということ。

バックパックの隙間に差し込みやすそうで、良さげです。

(ナルゲンの1,000mlは、横にデカくてイマイチなんですよねぇ…)

スポンサーリンク

リバーズ スタウトエア400 レビューまとめ

本記事は「【リバーズ スタウトエア400 レビュー】まるでミリタリーライン!?日本が生んだウォーターボトル!」について書きました。

ミリタリーでシンプルな水筒って、意外とないんですよね。

スタウトエアは、筆者的に”どストライク”なアイテムでした。

  • ミリタリーテイストが好き
  • シンプルな水筒が好き
  • クールなデザインが好き

そんな方は、スタウトエアも検討してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【ナルゲンボトル】ラインナップ豊富でコラボも楽しい水筒の紹介
シンプルな構造のため洗い物が少なく、日常使いにもオススメできます。残念ながら保温/保冷はできませんが、軽量で持ち運びがとても楽です。ナルゲンボトルにはいくつか種類があります。この記事では「広口0.5L」タイプを中心にご紹介します。
アウトドアファッションにオススメなチープカシオ20選
この記事ではアウトドアファッションにオススメなチープカシオを20本紹介してます。「シンプル系」「ミリタリー系」「映え系」と、3カテゴリに分けてまとめました。本記事は「アウトドア用の時計を探してる人」「チプカシが気になってる人」にオススメです。
【クライミング/ボルダリング】2019年、買って良かったもの-8選!
本記事では、リードクライミングからボルダリングまでやっている一般クライマーの私が、2019年に買ってよかったクライミングアイテムを8つ紹介しています。どれもクライミングをより楽しくしてくれるモノばかりでした。本記事はクライマーの方にオススメです。
タイトルとURLをコピーしました