アウトドアをもっとシンプルに。無印良品ミニトートバッグ【ポリエチレンシート使用】

クライミング小物

「アウトドアアイテムって派手なやつが多い…。もっとシンプルなデザインのモノってないの?」

「ピクニックやキャンプで使いやすいバッグを探している」

こんなお悩みをお持ちの方に、オススメのバッグがありますよ。

✓本記事の内容

  • ポリエチレンシート・ミニトートバッグのスペック/特徴
  • どれだけモノが入るかやってみた
  • ポリエチレンシート・トートバッグシリーズの活用アイディア
  • ポリエチレンシート・ミニトートバック レビューまとめ

ポリエチレンシート・ミニトートバッグは無印良品が販売しているバッグです。

次のようなスペックと特徴を持っています。

スペック
  • リーズナブル(399円)
  • 重さ約91g
  • サイズ約45×26×19cm
  • 大小2つの持ち手あり
  • スナップボタンあり
  • レジャーシート素材
  • 別色(ネイビー)もラインナップ
  • 大サイズもラインナップ
特徴
  • シンプルなデザイン
  • 水と汚れに強い
  • 肩掛けできて便利
  • コンパクトに折りたためる
  • 丈夫な素材感
  • [注]購入はネット注文が主

いちばんオススメしたいのはレジャーシート素材で作られていて水や汚れに強いところ。

キャンプなどのアウトドアで使うのに適しています。

デザインもシンプルで良いですね

そんなわけで本記事では「アウトドアをもっとシンプルに。無印良品ミニトートバッグ【ポリエチレンシート使用】」について書いていきます。

スポンサーリンク

無印良品 ポリエチレンシート・ミニトートバッグのスペック/特徴

ポリエチレンシート・ミニトートバッグは無印良品が販売しているバッグです。

重さは約91gと軽量。サイズは約45×26×19cmです。

お値段は税込み399円とリーズナブルなところも嬉しいですね。

ポリエチレンシート・ミニトートバッグには大小2つの持ち手があります。

  • 手さげとして
  • トートバックとして

状況に応じて以上のような使い方ができます。

またスナップボタンもついており、口をパチっと止めることも可能です。

同シリーズとして次のようなアイテムもラインナップされています。

  • 色違い(ネイビーカラー)
  • 大サイズのトートバッグ
  • ミニトートバッグの素材を使ったレジャーシート

大サイズのお値段は税込み499円と、こちらもリーズナブル!

購入はネット注文がメインです。無印良品店舗には置いていないことが多いのでご注意ください。

シンプルなデザイン

ポリエチレンシート・ミニトートバッグは写真の通り、とてもシンプルなデザインをしています。

アウトドアアイテムを揃える上で気になるのは、カラーの統一感。

オシャレキャンパーさんの中には、テーマとなるカラーを決めてキャンプサイトを作る人もいます。

本記事で紹介しているミニトートバッグはどんなカラーにもあわせやすいライトベージュ。

差し色として使うもよし、テーマカラーと使うもよしな落ち着いたカラーとなっています。

テーマカラーとして使えば、ミニマリストのようなキャンプスタイルを楽しめます。

水と汚れに強く、丈夫な素材

ポリエチレンシート・ミニトートバッグはその名の通り、ポリエチレンシートという素材が使われています。

この素材は養生シートやレジャーシートに使われることが多く、水や汚れに強く丈夫という特徴があります。

レジャーシートでできたバッグ、とお考えください。

湿った地面に直接置いても中身を濡らすことがなく、バッグ自体も保水しません。

他の素材だと湿ってしまいますよね

また汚れにも強く、多少土がついても払えばキレイになります。

丈夫なため、折りたたんだりグシャグシャにしたりしても問題ナシな点もオススメです。

どれだけモノが入るかやってみた

  1. ロングパンツ
  2. ロングTシャツ
  3. マウンテンパーカー
  4. ウルトラライトダウンジャケット

以上のモノをポリエチレンシート・ミニトートバッグの中に入れることができました。

「男性が夏に1泊」程度の着替えなら余裕を持って入ります。

コンパクトな割に意外と大容量です。

  • 丈夫な素材が使われている
  • 持ち手がしっかりと縫い付けられている

以上のことから、先に挙げた洋服たちを入れても不安感はありませんでした。

無印良品 ポリエチレンシート・トートバッグシリーズの活用アイディア

ここからはポリエチレンシート・トートバッグシリーズの活用アイディアを紹介します。

本記事で主に取り上げている小サイズだけでなく、大サイズのモノでも考えてみました。

それではいってみましょう。

小サイズ

ピクニックバッグとして

最初にご紹介するのは、ポリエチレンシート・ミニトートバッグをピクニックバッグとして使うアイディアです。

ミニトートバッグはお弁当を入れるのにもちょうど良いサイズですし、地面に直置きもできるのでピクニックに適しています。

ミニトートバッグと同じ素材が使われたレジャーシートも販売されているので、バッグと2つあわせれば小物に統一感のあるピクニックを楽しめます。

クライミングバッグとして

ボルダリングなどのロッククライミングをやる人には、クライミングバッグとして使うのもオススメです。

私はこの使い方をしています

ポリエチレンシート・ミニトートバッグを購入するまではIKEAのバッグを使っていたのですが、あまりカッコよくなくて悩んでいました。

ポリエチレンシート・ミニトートバッグは個人的にとても好きなデザインのため、使っていて楽しいです。

クライミングで使うIKEAのバッグとその中身について個別記事も書いていますので、よかったらどうぞ!

大サイズ

キャンプのゴミ袋隠しとして

オシャレなキャンプサイトを作る上で避けて通れないのが、ゴミ袋をどうやって隠すか

むき出しのゴミ袋はサイトの雰囲気を損ないますよね。

ポリエチレンシート・トートバッグ(大サイズ)の中にゴミ袋を入れれば、良い目隠しとなります。

撤収のときも肩から下げて移動できるので楽です。

水洗いもできるので、中が汚れても大丈夫ですよ

キャンプの薪入れとして

次にご紹介するのは、キャンプの薪入れとして使うアイディア。

薪はそのまま地面においてもカッコイイですが、地面が濡れていると湿気ってしまいます。

ポリエチレンシート・トートバッグ(大サイズ)を薪入れとして使えば、巻を湿り気から守ることができます。

こちらもそのまま持ち運ぶことができるので、設営/撤収も楽になるかと思います。

登山靴入れとして

ポリエチレンシート・トートバッグシリーズは軽くコンパクトに折りたためるため、登山でも役に立ちます。

登山靴入れとして使えば、汚れた登山靴でザックやテントの中を汚す心配がありません。

公共交通機関で山にいく人で、電車やバスではサンダルを履くという人に特にオススメの使い方です。

スポンサーリンク

無印良品 ポリエチレンシート・ミニトートバッグ レビューまとめ

本記事は「アウトドアをもっとシンプルに。無印良品ミニトートバッグ【ポリエチレンシート使用】」について書きました。

ポリエチレンシート・ミニトートバッグのスペック/特徴まとめ

スペック
  • リーズナブル(399円)
  • 重さ約91g
  • サイズ約45×26×19cm
  • 大小2つの持ち手あり
  • スナップボタンあり
  • レジャーシート素材
  • 別色(ネイビー)もラインナップ
  • 大サイズもラインナップ
特徴
  • シンプルなデザイン
  • 水と汚れに強い
  • 肩掛けできて便利
  • コンパクトに折りたためる
  • 丈夫な素材感
  • [注]購入はネット注文が主

「男性が夏に1泊」程度の着替えが余裕を持って入ります。

ポリエチレンシート・トートバッグシリーズ(小/大サイズ)の活用アイディア

  • ピクニックバッグとして
  • クライミングバッグとして
  • キャンプのゴミ袋隠しとして
  • キャンプの薪入れとして
  • 登山靴入れとして

ポリエチレンシート・トートバッグシリーズは値段もリーズナブル(税込み399〜499円)なのでガシガシ使えるところもありがたいですよね。

店舗での取扱が少なく、実物を確認するチャンスが少ない点がネックですが「試しに買ってみるか」というお値段かと思います。

無印良品のネットストアからお近くの店舗受け取りで注文すれば送料無料で購入できるのでオススメですよ。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

タイトルとURLをコピーしました