【各セルフビレイコードの特徴と注意点】スリング/PAS/コネクトアジャストの比較

セルフビレイコード 比較 サムネイルクライミングギア

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

マルチピッチクライミングや、クライミング要素の強い登山をやるときのギアとして、セルフビレイコードがありますよね?

  • セルフビレイ(自己確保)するときの必需品
  • 各メーカーからさまざまな製品が販売されている
  • 自作することも可能

そんなセルフビレイコードですが、製品や素材ごとに異なる特徴があったりします。

中には、その特徴をしっかり理解して使わないと命に関わることも…。

この記事では、私が使ってきた3本のセルフビレイコードの紹介を通して、

  • 各セルフビレイコードの特徴と注意点
  • 結局どれがオススメなの?

ということを説明していきます。

※記事の内容を少し先出しすると、各セルフビレイコードには以下のような特徴があります。

 自作コードPASコネクトアジャスト
重さ(カラビナ除く)93g89g127g
クリップの素早さ
確保支点での作業性
総合的な操作性
応用性
素材伸びない素材伸びない素材伸びる素材

今の1番のオススメは、ペツルのコネクトアジャストです!

【ペツル コネクトアジャスト レビュー】マルチピッチでオススメなセルフビレイコード
本記事はペツルが製造/販売しているセルフビレイコード、コネクトアジャストのレビューをしてます。カラビナのゲートを開けずに無段階の長さ調整ができ、とても便利です。本記事はマルチピッチをやりたい/やっている人にオススメです。
【メトリウス PAS レビュー】強度と応用性が高いセルフビレイコード
本記事ではメトリウスが製造/販売しているセルフビレイコード「PAS」の紹介とレビューをしています。正直な話、私はペツルのコネクトアジャストをメインで使ってはいますが、PASにはPASの魅力があるため、今もサブとして運用しています。本記事はマルチピッチクライミングをやりたい/やっている人にオススメです。
スポンサーリンク

その前に、簡単に私の自己紹介

私って、こんな人
  • 趣味でクライミングをやっている一般人クライマー
  • クライミング歴は5年ほど
  • 晴れた日のマルチピッチクライミングを好む
  • アルパインクライミング(夏)経験は一度だけあり
  • 沢登りや雪山、アイスクライミングは未経験

簡単にですが、以上が私の自己紹介です。

セルフビレイの考え方についてですが、私は可能な限り別々の支点から2本取るようにしています。

登っている時はメインロープとセルフビレイコード1本で事足りますが、懸垂下降時はメインロープを解くので、2本のセルフビレイコードが必要となります。

スリングを活用して2本目のセルフを取るという手段もありますが、私は2本のセルフビレイコード(※今はPASパスとコネクトアジャスト)で運用しています。

伸びない素材と伸びる素材について

セルフビレイコード 素材について

クライミングで使われるロープやコードには、大まかなくくりとして、

  • 伸びないもの(スタティック)
  • 伸びるもの(ダイナミック)

以上の2種類があります。

登攀に使うロープは”伸びるもの”です!

伸びることによって支点や体にかかる衝撃をやわらげるという仕組みです。

”伸びない”素材でできたセルフビレイコードは、墜落時にかかる衝撃が大きいという安全上の注意点があります。

なので私は、”伸びる”素材で作られたセルフビレイコード(ペツルのコネクトアジャスト)を好んで使っています。

前段が長くなりましたが、ここからは「これまで私が使ってきたセルフビレイコード3本の紹介と解説」をしていきます。

墜落時にかかる衝撃力を”衝撃荷重しょうげきかじゅう”というのですが、下手すると命に関わる要素なため、私はかなり気にします。

記事末尾に動画やリンクを貼っているので、詳しく知りたい方は見てみてください。

ナイロンスリングで自作したセルフビレイコード

セルフビレイコード ナイロンスリング 外観

最初に紹介するのは、ナイロンスリングで自作したセルフビレイコードです。

私がマルチピッチを始めたばかりの頃にやっていた方法です。

リーズナブルというメリットはありますが、

  • 操作性が悪い
  • 墜落時にかかる衝撃が大きい

というデメリットがあるため、正直あまりオススメできません。

作り方について

作り方については、上の動画がとても参考になります。

  • 120cmのナイロンスリング
  • 安全環付きカラビナ

の2つがあれば1本のセルフビレイコードの作成が可能です。

セルフビレイコード ナイロンスリング 材料

私が使っていた製品は以下の通り。

この製品の組み合わせなら、2500円ほどの予算で1本のセルフビレイコードを作成できるため、費用面で見ると優れたやり方になります。

セルフビレイコードを自作するときには、ナイロンスリングを使いました。

ダイニーマ製スリングは結び目に弱く、破断する危険性が高いためです。

[参考サイト]:ダイニーマ製スリングの危険性

特徴と注意点

セルフビレイコード ナイロンスリング 重さ

安全環付きカラビナを除いた重量は93gです。

(これは、使用するスリングによって変動します)

特徴と注意点
  • ◯:リーズナブル
  • △:2段階の長さ調節
  • △:墜落衝撃が大きい”伸びない”素材でできている
  • ✕:携行中にねじれてしまう
  • ✕:中間の穴にカラビナを通しにくい
  • ✕:両手で操作する必要がある

ナイロンスリングで自作したセルフビレイコードの特徴と注意点は以上の通りです。

自作のセルフビレイコードは、ハーネスへのラッキングがやりにくい点が特に気になりました。

中間の穴にカラビナを通すのが片手では難しく、両手を使わないとラッキングできないシーンが多かったです。

マルチピッチでは不安定な場所で作業するので、ギアはなるべく片手で操作できるのが望ましいところ。

「マルチピッチを続けるか分からないし、とりあえずこれでいいか」と試した方法でしたが、使い勝手はイマイチでした。

スポンサーリンク

メトリウス PAS(パス)

セルフビレイコード メトリウス PAS 外観

ナイロンスリングで自作したセルフビレイコードは操作性がイマイチだったため、セルフビレイ専用の製品を導入しました。

それが、メトリウスのPASパス

PASパスは「パーソナル・アンカー・システム」の略です!

私がマルチピッチクライミングを始めた頃(2014年)からセルフビレイコードとしての定番商品でした。

PASパスは”ナイロンスリングで自作したセルフビレイコード”に対して感じていた使いづらさを全て解決してくれました。

【イラスト・クライミング レビュー】マルチピッチの予習/復習に適したクライミング技術書
本記事はクライミングの技術書、「イラスト・クライミング」の個人レビューをしています。その名の通りイラストが多い構成になっており、難しいクライミング技術が初心者さんにもわかりやすく解説されています。熟練者も唸るような内容の濃さも魅力です。ざっくりですが、記事内でもう少し詳しく説明します。

特徴と注意点

セルフビレイコード メトリウス PAS 重さ

PASパスの重量は89gです。

本記事で紹介している3本のセルフビレイコードの中では、最も軽量です。

セルフビレイコード メトリウス PAS 特徴

特徴と注意点
  • ◯:6段階の長さ調節が可能
  • ◯:ハーネスへのラッキングがスムーズ
  • ◯:水濡れや凍結に強いダイニーマ製
  • ◯:すべてのループに22kNの強度がある
  • ◯:工夫次第でいろいろな使い方ができる
  • △:カラビナのゲートを開けないと長さ調節ができない
  • △:墜落衝撃が大きい”伸びない”素材でできている

PASパスの特徴と注意点は以上の通りです。

ナイロンスリングで自作したセルフビレイコードに比べると使い勝手が良く、マルチピッチにおける快適性はとても向上しました。

セルフビレイコード メトリウス PAS 特徴2

セルフビレイコード メトリウス PAS 特徴3

しかし、「安全環付きカラビナのゲートを開けないと長さ調節ができない」という点が気になりました。

マルチピッチ始めたての頃って、”ちょうどいい”セルフビレイを取るのが難しく、掛けかえや長さ調節がどうしても発生します。

そのときに「カラビナのゲートを開けて長さ調節する」というのはリスクがあるので、なるべく避けたいと感じました。

今となっては、PASパスマルチピッチに慣れてきた頃に真価を発揮するクライミングギアという印象です。

メトリウス PASパスの詳細レビューはこちら

【メトリウス PAS レビュー】強度と応用性が高いセルフビレイコード
本記事ではメトリウスが製造/販売しているセルフビレイコード「PAS」の紹介とレビューをしています。正直な話、私はペツルのコネクトアジャストをメインで使ってはいますが、PASにはPASの魅力があるため、今もサブとして運用しています。本記事はマルチピッチクライミングをやりたい/やっている人にオススメです。

”伸びる”素材でできた「ダイナミックPASパス」という製品も販売されています。

ペツル コネクトアジャスト

セルフビレイコード ペツル コネクトアジャスト 外観

PASパスを導入することでマルチピッチでの快適性は向上したのですが、「ゲートを開けずに長さ調節ができる製品はないかな?」と考えていました。

そんなときに販売が開始されたのが、ペツルのコネクトアジャスト

「どのセルフビレイコードがオススメ?」と問われたら、私はコネクトアジャストと答えます。

その理由は、コネクトアジャストには、以下2点のオススメポイントがあるからです。

  • カラビナのゲートを開けずに長さ調節が可能
  • 墜落衝撃をやわらげる”伸びる”素材でできている

特徴と注意点

セルフビレイコード ペツル コネクトアジャスト 重さ

コネクトアジャストの重さは127g。

本記事で紹介している3本のセルフビレイコードの中では最も重いです。

特徴と注意点
  • ◯:カラビナのゲートを開けずに無段階の長さ調節が可能
  • ◯:ハーネスへのラッキングがスムーズ
  • ◯:墜落衝撃が和らぐ”伸びる”素材でできている
  • △:コードの繰り出しがやや重い
  • △:シングルロープとの取り間違えに注意

セルフビレイコード ペツル コネクトアジャスト 使い方

コネクトアジャストの最大の魅力は、カラビナのゲートを開けなくても無段階の長さ調節ができること。

支点にクリップしたあと、「やっぱりちょっと長さを変えたいな」というときに便利です。

注意点について補足すると、コネクトアジャストと同じくらいの太さのロープ(シングルロープ)をメインロープとして使う場合、触った感触が似ているため、取り間違えにはご注意を。

また、支点にクリップするときには、グググッと伸ばしてやる必要があるため、素早いクリップはPASパスの方がやりやすいです。

セルフビレイコード ペツル コネクトアジャスト 素材

コネクトアジャストは、本記事で紹介してきたセルフビレイコードの中で唯一、”伸びる”素材で作られています。

足を滑らせ、少し落ちただけでも体に受けるダメージは結構大きいモノ。

”伸びる”素材でできたコネクトアジャストは、落下衝撃が緩和されるので、安全性も高くオススメです。

まとめると、コネクトアジャストは確保支点での作業性と安全性が高いセルフビレイコードという一文になります。

コネクトアジャストの詳細レビューはこちら

【ペツル コネクトアジャスト レビュー】マルチピッチでオススメなセルフビレイコード
本記事はペツルが製造/販売しているセルフビレイコード、コネクトアジャストのレビューをしてます。カラビナのゲートを開けずに無段階の長さ調整ができ、とても便利です。本記事はマルチピッチをやりたい/やっている人にオススメです。

スポンサーリンク

各セルフビレイコードの特徴と注意点 まとめ

本記事は「【各セルフビレイコードの特徴と注意点】スリング/PAS/コネクトアジャストの比較」について書きました。

各セルフビレイコードの特徴を表にまとめると、以下の通りです。

 自作コードPASコネクトアジャスト
重さ(カラビナ除く)93g89g127g
クリップの素早さ
確保支点での作業性
総合的な操作性
応用性
素材伸びない素材伸びない素材伸びる素材

マルチピッチクライミングのギアは命に関わるモノなので、安全性の高いモノを使うことをオススメします。

私にとって安全性の高いギアとは、ペツルのコネクトアジャストでした。

墜落時の衝撃が緩和されるという点もモチロンですが、確保支点での作業性の良さも行動時間の短縮につながり、「いいなぁ」と思っています。

という感じで本記事は以上です。

セルフビレイコード選択の一つの考えとして参考になれば幸いです。

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

【ペツル コネクトアジャスト レビュー】マルチピッチでオススメなセルフビレイコード
本記事はペツルが製造/販売しているセルフビレイコード、コネクトアジャストのレビューをしてます。カラビナのゲートを開けずに無段階の長さ調整ができ、とても便利です。本記事はマルチピッチをやりたい/やっている人にオススメです。
【メトリウス PAS レビュー】強度と応用性が高いセルフビレイコード
本記事ではメトリウスが製造/販売しているセルフビレイコード「PAS」の紹介とレビューをしています。正直な話、私はペツルのコネクトアジャストをメインで使ってはいますが、PASにはPASの魅力があるため、今もサブとして運用しています。本記事はマルチピッチクライミングをやりたい/やっている人にオススメです。
セルフビレイとは何か?シンプルだけど奥が深い登山/クライミング技術
本記事は「セルフビレイとは何か?」について説明しています。一口にセルフビレイと言っても、一般道登山とクライミングでは少し毛色が異なります。本記事では、「セルフビレイについて」「一般道登山とクライミングにおける違い」について説明しています。
【イラスト・クライミング レビュー】マルチピッチの予習/復習に適したクライミング技術書
本記事はクライミングの技術書、「イラスト・クライミング」の個人レビューをしています。その名の通りイラストが多い構成になっており、難しいクライミング技術が初心者さんにもわかりやすく解説されています。熟練者も唸るような内容の濃さも魅力です。ざっくりですが、記事内でもう少し詳しく説明します。

参考リンク集

タイトルとURLをコピーしました