【メトリウス PAS レビュー】強度と応用性が高いセルフビレイコード

メトリウス PAS サムネイルクライミングギア

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事ではメトリウスが製造/販売しているセルフビレイコード、PASパスの紹介とレビューをしてます。

  • すべてのループに22kNの強度がある
  • 水濡れや凍結に強いダイニーマ製
  • 応用性が高い

PASパスは、大まかに以上のような特徴を持つセルフビレイコードです。

本記事は「マルチピッチクライミングをやりたい/やっている人」にオススメですので、マルチピッチに興味がある方は、ぜひ読み進めてみてください。

そんなわけで「【メトリウス PAS レビュー】強度と応用性が高いセルフビレイコード」について書いていきます。

スポンサーリンク

メトリウス PASの外観/特徴

メトリウス PAS 外観

セルフビレイコード メトリウス PAS ループ

PASパスはクライミングギアメーカー、メトリウスが製造/販売しているセルフビレイコードです。

6つのループが連なった構造をしており、コードの長さを6段階に調整できます。

(注)カラビナは別売りです。

セルフビレイコード メトリウス PAS 重さ

メトリウス PAS 全長

重量と全長(実測値)
  • 重量:89g
  • 全長:93cm
アキラ
アキラ

PASの重量と全長は以上の通りです。

メトリウス PAS 先端ループ

メトリウス PAS 改造①

メトリウス PAS 改造②

▲先端のループからはカラビナが外れやすいのでご注意を。

この問題は、電化製品に付いてくるビニールタイを使えば改善できます。

(輪ゴムは岩に擦れて切れるのでイマイチです)

メトリウス PAS 素材

  • 濡れや凍結に強いダイニーマ製(幅11mm)
  • すべてのループに22kNの強度がある

PASパスの素材特性や強度は、大まかに以上の通りです。

私の使ってきた3本のセルフビレイコードの中では最も強度があり、様々な環境に対応できるクライミングギアです。

アキラ
アキラ

沢登りや雪山、アイスクライミングにも向いています!

kN(キロニュートンについて)

だいたい1kN=100kgとお考えください。

PASパスの注意点として、”伸びない”素材で作られているということをご承知おきください。

登攀に使うロープなどは伸びることによって体や支点にかかる衝撃をやわらげるのですが、PASパスは伸びないため、墜落時にかかる衝撃が大きいです。

私はこの墜落時の衝撃をけっこう気にするので、メインのセルフビレイコードには”伸びる”コネクトアジャストを使っています。

アキラ
アキラ

PASはサブとして携行してます!

▼ちなみに

”伸びる”素材でできた「ダイナミックPAS」という製品もあります。

メトリウス PASの使い方

ここからは取扱説明書も参考にしつつ、PASパスの使い方を説明していきます。

準備編

ブラックダイヤモンド ポジトロン スクリューゲート

メトリウス PAS 改造②

▲まず、PASパスに取り付ける安全環付きカラビナを用意します。

次に、安全環付きカラビナをPAS先端のループに通します。

※先端のループからカラビナが外れやすいため、私はビニールタイでループの口を小さくしています。

PASパスを使うと、けっこうカラビナゲートの開け締めがともなうので、私はスクリュータイプの安全環付きカラビナを使っています。

写真の製品名は「ポジトロン・スクリューゲート」です。

(本音を言うと、より安全性の高い「スピリット スクリューロック」に変更したいところ)

このカラビナ、めっちゃイイじゃん!【ペツル スピリット スクリューロック レビュー】
本記事ではペツルが販売している変形D型安全環付きカラビナ「スピリット スクリューロック」の紹介とレビューをしてます。いろいろと良い点はありますが、”赤い警告表示”が私のイチオシです。本記事は「マルチピッチをやりたい/やっている人」「安全環付きカラビナを探している人」にもオススメです。

メトリウス PAS ハーネスへの取り付け

メトリウス PAS ラッキング

▲ハーネスのタイインポイントにガースヒッチでむすんだ後、PASパス先端のループに取り付けた安全環付きカラビナをギアラックにラッキングします。

(足を引っ掛けないように、中間のループも一緒にラッキングします)

使用編

メトリウス PAS 支点へのクリップ

▲ハーネスのギアラックからPASパスに取り付けた安全環付きカラビナを手に取り、支点にクリップします。

メトリウス PAS 長さ調整①

メトリウス PAS 長さ調整②

▲「ちょっと長すぎたかな?」と思ったときは、カラビナのゲートを開け、PASパス中間ループにもカラビナに通すことで位置調整をします。

クリップ後に長さ調整するときは、安全環付きカラビナのゲートを開ける必要があります。

メトリウス PAS 長さ調整後

上の画像は、長さ調整後の様子を写したものです。

以上で、PASパスの使い方の説明を終わります。

応用性の高いセルフビレイコード

マルチピッチでのセルフビレイコード使用例

私は現在、ペツルのコネクトアジャストPASパスの2本で運用しています。

衝撃緩和性と操作性の高さから、今1番のお気に入りはコネクトアジャストですが、PASパスにはPASパスの良いところがあります。

それは応用性が高いところ。工夫次第でいろいろな使い方ができるのがPASパスの魅力です。

メトリウス PAS 懸垂下降 使用例

一例として、懸垂下降のセットが挙げられます。

上の画像は、

  • コネクトアジャストでセルフビレイ(1本目)
  • PASでセルフビレイ(2本目)
  • 同じPASに懸垂下降のセット

を写したモノです。

説明が難しいのですが、PASパスを使うことで、懸垂下降のセット行程を少し削減できているのです。

これは時間短縮につながるため、素早く行動したいときに役立ちます。

他にも「PASパスがあると便利」なシチュエーションがあるため、PASはPAS独自の魅力を持ったクライミングギアです。

事故防止のためにも、PASパスの応用は、マルチピッチの基本行程をしっかりと覚えてから行うことをオススメします。

スポンサーリンク

メトリウス PAS レビューまとめ

本記事は「【メトリウス PAS レビュー】強度と応用性が高いセルフビレイコード」について書きました。

メトリウスのPASパスは、

  • 各ループに22kNの強度がある
  • 水濡れや凍結に強い
  • いろいろな使い方ができる

そんなセルフビレイコードです。

セルフビレイコードをお探しの方は、PASパスも検討してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【各セルフビレイコードの特徴と注意点】スリング/PAS/コネクトアジャストの比較
本記事では私が使ってきた3本のセルフビレイコードの紹介と比較をしています。今1番のオススメはペツルのコネクトアジャストですが、それにも良い点と気になる点があり、難しいところです。本記事では、私がコネクトアジャストをオススメする理由を、3本のコードの紹介を通して説明します。マルチピッチ初心者さんにオススメです。
【ペツル コネクトアジャスト レビュー】マルチピッチでオススメなセルフビレイコード
本記事はペツルが製造/販売しているセルフビレイコード、コネクトアジャストのレビューをしてます。カラビナのゲートを開けずに無段階の長さ調整ができ、とても便利です。本記事はマルチピッチをやりたい/やっている人にオススメです。
このカラビナ、めっちゃイイじゃん!【ペツル スピリット スクリューロック レビュー】
本記事ではペツルが販売している変形D型安全環付きカラビナ「スピリット スクリューロック」の紹介とレビューをしてます。いろいろと良い点はありますが、”赤い警告表示”が私のイチオシです。本記事は「マルチピッチをやりたい/やっている人」「安全環付きカラビナを探している人」にもオススメです。

参考リンク集

タイトルとURLをコピーしました