【ペツル コネクトアジャスト レビュー】筆者的にナンバーワンなセルフビレイコード

ペツル コネクトアジャスト レビュー 装着したところクライミングギア

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事ではペツルから販売されているセルフビレイコード、コネクトアジャストの紹介とレビューをしています。

私はこれまで3本のセルフビレイコードを使ってきたのですが、いま1番のおすすめはコネクトアジャストです。

  • カラビナのゲートを開けずに長さ調整ができる
  • 落下衝撃をやわらげるダイナミックロープで作られている

以上の点が特に気に入っています。

本記事は「マルチピッチクライミングをやりたい/やっている人」にピッタリの内容となってますので、興味がある方はぜひ記事を読み進めてみてください。

そんなわけで「【ペツル コネクトアジャスト レビュー】筆者的にナンバーワンなセルフビレイコード」について書いていきます。


スポンサーリンク

ペツル コネクトアジャストの外観/特徴

ペツル コネクトアジャスト レビュー 装着したところ

コネクトアジャストはクライミングギアメーカー、ペツルが製造/販売しているセルフビレイコードです。

ペツル コネクトアジャスト 付属品

無段階調整が可能なランヤードに加え、カラビナ反転防止用のゴムリングが付属しています。

カラビナは別売りです。

セルフビレイコード ペツル コネクトアジャスト 重さ

重さは実測値で127g。

ペツル コネクトアジャスト 長さ調整

ランヤードは15cm〜95cmの範囲で無段階に調整が可能です。

セルフビレイコード ペツル コネクトアジャスト 使い方

コネクトアジャストの最大の魅力として、カラビナのゲートを開けずに長さ調整ができるという点があります。

マルチピッチクライミングを始めたての頃って、”ちょうどいい”セルフビレイを取るのが難しく、どうしても掛けかえや長さ調整が発生します。

私はコネクトアジャストを導入したおかげで、”ちょうどいい”セルフビレイを取るのがとても簡単になりました。

アキラ
アキラ

「ゲートを開けずに」という点も安全性が高いです。

セルフビレイコード ペツル コネクトアジャスト 素材

コネクトアジャストのもう一つの大きな特徴として、ランヤードに伸びる素材(ダイナミックロープ)が使われているという点があります。

伸びることによって墜落時の衝撃をやわらげるという仕組みです。

ただ、触った感触がシングルロープと似ているため、取り間違えにご注意を。

– 静荷重での破断強度 > 15 kN

– 静荷重でロープが滑り始める値 > 4 kN

– 動荷重試験: 墜落回数5、落下率2、おもり 80 kg、調節型アームの長さは最大長の 80 % に調節 – 衝撃荷重 < 12 kN

引用元:「公式ページ」強度と認証

墜落時に体や支点にかかる衝撃って、場合によってはけっこう大きくなるので、私はかなり気にします。

単純な強度ならメトリウスのPASパスの方が強いですが、衝撃緩和性が高いという面からも、私はコネクトアジャストを愛用しています。

kN(キロニュートン)について

大まかにですが、1kN=100kgとお考えください。

ペツル コネクトアジャスト ラバーリング

カラビナ反転防止用のゴムリングは、カラビナが常に正しい向きで使えるよう補助してくれます。

カラビナが横を向いたまま荷重が掛かると、カラビナの強度を充分に発揮できず、危険です。

ペツル コネクトアジャスト 長さ調整器

長さ調整器「アジャスト」は人間工学に基づいてデザインされています。

アキラ
アキラ

バリがなく、指への”かかり”が良いです!

ペツル コネクトアジャスト ラッキング 片手

ハーネスへのラッキング後も、片手で長さ調整可能です。

コネクトアジャストは一貫して片手で扱える点も「良くできているなぁ」と感じます。

ペツル コネクトアジャストの使い方

ここからは取扱説明書も参考にしつつ、コネクトアジャストの使い方を説明します。

準備編

ペツル スピリット スクリューゲート 外観

まず、コネクトアジャストに取り付ける安全環付きカラビナを用意します。

ペツル コネクトアジャスト 安全環付きカラビナ セット

次に、安全環付きカラビナを「アジャスト」に通し、反転防止用のゴムリングを取り付けます。

ハーネスのビレイループへガースヒッチで接続した後、ギアループにラッキングします。

使用編

ペツル コネクトアジャスト クリップ

クリップする際は、安全環付きカラビナと長さ調整器「アジャスト」を一緒に持ち、ランヤードを伸ばしながらクリップします。

クリップ後は安全環を閉め、確実にセルフビレイを取ります。

ランヤードをグググッと伸ばしてやる必要があるため、素早いクリップはPASの方がやりやすいです。

ペツル コネクトアジャスト ランヤード 短くする

コネクトアジャストのランヤードを短くしたいときは、末端を引っ張り、長さ調整します。

コネクトアジャストにテンションが掛かっていても、少し荷重を抜ければランヤードを短くできます。

これってPASなどのセルフビレイコードではとても難しいので、何気にスゴイ機能なのです。

ペツル コネクトアジャスト ロック解除

コネクトアジャストのランヤードを伸ばしたいときには、ゆっくりと体重を掛けながら、長さ調整器「アジャスト」を操作します。

ペツル コネクトアジャスト ランヤード 伸ばし方

ランヤードは最長で95cmまで伸ばすことが可能です。

以上で「コネクトアジャストの使い方」の説明を終わります。

ペツル コネクトアジャスト レビューまとめ

本記事は「【ペツル コネクトアジャスト レビュー】筆者的にナンバーワンなセルフビレイコード」について書きました。

コネクトアジャストは、

  • カラビナのゲートを開けずに長さ調整ができる
  • 落下衝撃を和らげるダイナミックロープで作られている

そんな特徴を持つセルフビレイコードです。

安全性の高さもさることながら、岩壁での操作性も良く、マルチピッチクライミングを楽しむ手助けをしてくれます。

セルフビレイコードをお探しの方は、コネクトアジャストも検討してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


スポンサーリンク

おまけ:ペツル デュアルコネクトアジャストもおすすめ

私はメトリウスのPASを先に購入したので、現在はPASとコネクトアジャストの2本で運用しています。

PASにはPASの魅力があり、けっこう気に入っているスタイルです。

いまからマルチピッチを始める方には、コネクトアジャストの姉妹商品「デュアルコネクトアジャスト」もおすすめです。

デュアルコネクトアジャストが1つあれば、2箇所からセルフビレイを取ることができます。

  • 1本は無段階調整可能なランヤード
  • 1本は固定長のランヤード
  • 各ランヤードは衝撃を和らげるダイナミックロープ製

デュアルコネクトアジャストはそんなセルフビレイコードです。

アキラ
アキラ

あわせて検討してみてくださいね!


「結局どれがいいの?」セルフビレイコード3種比較とおすすめ製品。
本記事では私が使ってきた3本のセルフビレイコードの紹介と比較をしています。今1番のオススメはペツルのコネクトアジャストですが、それにも良い点と気になる点があり、難しいところです。本記事では、私がコネクトアジャストをオススメする理由を、3本のコードの紹介を通して説明します。マルチピッチ初心者さん、必見です。
【メトリウス PAS レビュー】応用性が高いセルフビレイコード【ダイナミックPASとの比較も有り】
本記事ではメトリウスが製造/販売しているセルフビレイコード「PAS」の紹介とレビューをしています。正直な話、私はペツルのコネクトアジャストをメインで使ってはいますが、PASにはPASの魅力があるため、今もサブとして運用しています。関連製品であるダイナミックPASとの比較も記事内に折り込みました。本記事はセルフビレイコードを探している最中の人におすすめです。
このカラビナ、めっちゃイイじゃん!【ペツル スピリット スクリューロック レビュー】
本記事ではペツルが販売している変形D型安全環付きカラビナ「スピリット スクリューロック」の紹介とレビューをしてます。いろいろと良い点はありますが、”赤い警告表示”が私のイチオシです。本記事は「マルチピッチをやりたい/やっている人」「安全環付きカラビナを探している人」にもオススメです。
タイトルとURLをコピーしました