【Shock Resist Case Pro.】頑強なのに意外と薄いiPhoneケース

ROOT CO GRAVITY Shock Resist Case Pro 外観装備品

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

この記事ではROOT CO.が販売しているiphoneケース【Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXS】を紹介します。

衝撃に強いのに意外と薄く、iphoneの携行性を損なわないケースです。

ワイヤレス充電にも対応。サイドにはストラップを通す穴が開いています。

  • iPhone7/7Plus
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX/XS/XSMax/XR

以上に対応したケースが販売されており、カラーバリエーションも豊富です。

この記事ではiphoneX/Xs用ケースを紹介します!

実際に使ってみたところ、12個のオススメポイントと2個の気になるポイントがあったので書いていきます。

スポンサーリンク

ROOT CO.「Shock Resist Case Pro.」とは?

ROOT CO.はアウトドア向きなモバイルギアの企画・製造をしているメーカー。

「Shock Resist Case Pro.」はROOT CO.が販売しているiPhone用スマホケースです。

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXS製品情報

以下、製品ページから一部抜粋

DETAIL
SHOCK-RESIST(MIL規格準拠)
米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure Ⅳ」の耐衝撃試験に準拠。あなたのスマートフォンを落下等の衝撃から守ります。
※高さ122cmから26方向の製品落下試験をクリア。

DESIGN
機能・耐衝撃・デザインの3点を兼ね備え、アウトドアテイストを取り入れたデザイン。
かつての「アウトドア」のイメージにあった大きい・ゴツい・タフネス過ぎる外見を覆し、パワフルさを感じさせつつもスリムでスタイリッシュな仕上がりに。登山・キャンプ・ハイキング・BBQなどでアクティブなシーンで幅広く活躍します。
また、タウンユースコーディネートにも相性が良く、カジュアルな普段使いにもピッタリです。

引用:Shock Resist Case Pro. for iPhoneX/iPhoneXS製品ページ

カラーは6色展開。
「イエロー」「カーキ」「ブラック」「ブルー」「ホワイト」「レッド」から選べます。

ここがオススメ!

耐衝撃性が高い

四隅をしっかりカバー。背面には剛性があります。

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSはアメリカ軍MIL規格準拠の耐衝撃性を備えています。

高さ122cmから26方向の製品落下試験をクリア。

引用:Shock Resist Case Pro. for iPhoneX/iPhoneXS製品ページ

実際にケースを見ても衝撃に強そうな作りをしていると感じます。

スマホは高価なものなので、落として壊したくありませんよね。

耐衝撃性が高ければスマホ破損のリスクは低くなります。

薄い

iPhoneXSとケースを横に並べています

衝撃に強いケースは分厚くなりがちですが、Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSは薄さもキープしています。

そのままのiPhoneXSと並べてもそこまで厚くないという印象です。

実際にケースに入れて使っていても分厚くてストレスということは有りませんでした。

グリップ感がある

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSの外周素材にはグリップ感のあるものが使われおり、持ちやすいです。

背面も滑りにくい素材なので、誤って落とす心配が少ないと感じました。

指紋が目立たない

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSの背面素材には光沢の少ないものが使われています。

光沢があると指紋が目立ってしまいますが、Shock Resist Case Pro.は指紋が目立にくいです。

指紋が目立たないのは良いですね

Suicaが問題なく使える

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSをつけてもSuicaは問題なく使えました。

カメラが問題なく使える

ケースにカメラ部がぴったりフィットします。

カメラについても良好です。

写真にケースの端が映り込むこともありません。

カメラの出っ張りが気にならなくなった

iPhoneXSはカメラ部が出っ張っているため、そのまま机に置くとレンズが傷つきそうで心配でした。

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSをつけるとカメラ部の出っ張りが解消されるため、安心して置けるようになりました。

スイッチのクリック感がある

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSをつけても電源スイッチ/音量調節スイッチのクリック感を損ないません。

カチッカチッと操作することができます。

ケースの着脱がしやすい

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSの外周はしっかりしつつも柔軟性のある素材なので、ケースの着脱がしやすいです。

用途によってケースを変えたい人にもオススメ!

上部のループが使いやすい

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSの上部にはシリコン製のループがついています。

ループによってiPhoneがより扱いやすくなりました。

上の写真のような使い方もできますし、ループにカラビナをつけてぶら下げるというような使い方もできます。

サイドにストラップホールがついている

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSの右側面底部にはストラップホールがついています。

ストラップをつけることでiPhoneを更に扱いやすくできます。

無いよりもあったほうが嬉しいですね

アマゾン「リング ストラップ」検索結果

ワイヤレス充電に対応している

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSは、ケースをつけたままのワイヤレス充電に対応しています。

ワイヤレス充電のたびにケースを外す必要もありません。

充電マウントの種類やiphoneX/XS以外の機種に対応するShock Resist Case Pro.ケースではワイヤレス充電ができない場合もあります。購入時を検討している人はご注意ください。

ちょっと気になる点

やや重い

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSの重さは約54gです。

iPhoneXsももともと177gの重さがあります。

私の場合、ケース/iPhone/画面保護フィルムを合わせると合計239g。

手に持ってみるとズシッとくる重さです

Shock Resist Case Pro.には耐久性がある分、どうしても重くなってしまいます。

マナースイッチがやや操作しにくい

マナースイッチが奥まってしまいます。

Shock Resist Case Pro.for iPhoneX/iPhoneXSをつけると、iPhoneXSのマナースイッチが操作しづらくなってしまいます。

ケースをつけるとマナースイッチがケースの奥に隠れてしまい、指でスイッチを操作するのは難しいです。

しかし、爪を使えば充分マナースイッチを操作できるのでご安心ください。

「マナースイッチを爪で操作するようになってしまう」という気になるポイントでした。

スポンサーリンク

Shock Resist Case Pro.を選んだ理由

アウトドアをやるのに防水性と耐衝撃性は大切な要素です。

iPhoneXSにはもとから適度な防水性が備わっているため、衝撃に強いケースを探していました。

探していく中で目に止まったのが「Shock Resist Case Pro.」でした。

衝撃に強いことを第一優先で選んでいましたが、他にも次のような機能をスマホケースには求めていました。

スマホケースに求めていた機能
  • 薄いこと
  • ストラップホールがあること
  • ワイヤレス充電ができること
  • 持ちやすいこと
  • 以上を満たせば、多少重くてもOK

Shock Resist Case Pro.はちょっと重いですが私の求める機能を持っていました。

あとミリタリーテイストのあるグッズも好きなので、最終的にShock Resist Case Pro.のカーキを選びました。

【スタウト エア400】軽量/頑丈/シンプルなボトル
本記事ではリバーズという会社が作った、スタウト エア 400という水筒のレビューをしています。スタウト エアを一言で表すならば、ナルゲンボトルのミリタリー版といったところでしょうか。スペックはよく似ているのですが、ミリタリーなテイストかつどこか都会的な雰囲気を感じるのはスタウト エア独自の特徴です。
【サーマレスト Zシート レビュー】色が渋くてカッコイイ!水にも強く、温かい登山座布団
本記事では登山用座布団、「サーマレスト Zシート」を写真多めで個人レビューしています。ありそうでなかった渋いカラーリングに惹かれて購入したのですが、水に強かったり、断熱性が高かったりと、登山用座布団としてのスペックも高くて満足しています。本記事は「サーマレスト Zシートについて知りたい人」「登山用座布団を探している人」にオススメです。

おわりに

本記事は「【Shock Resist Case Pro.】頑強なのに意外と薄いiPhoneケース」について書きました。

Shock Resist Case Pro.」のオススメ点と気になる点のまとめは以下の通りです。

オススメ点
  1. 耐衝撃性が高い
  2. 薄い
  3. グリップ感がある
  4. 指紋が目立たない
  5. Suicaが問題なく使える
  6. カメラが問題なく使える
  7. カメラの出っ張りが気にならなくなった
  8. スイッチのクリック感がある
  9. ケースの着脱がしやすい
  10. 上部のループが使いやすい
  11. サイドにストラップホールがついている
  12. ワイヤレス充電に対応している
気になる点
  1. やや重い
  2. マナースイッチがやや操作しにくい

Shock Resist Case Pro.を実際に手にとって驚いたのが「意外と薄いところ」

スマホケースが分厚いとポケットに入れたときに気になります。

耐衝撃性が高いのに薄いところが私が考える「Shock Resist Case Pro.」一番のオススメポイントです。

無骨だけどスタイリッシュなデザインも持っていてトキメキます!

iPhoneケースを探している方、Shock Resist Case Pro.も検討してみてはいかがでしょうか?

この記事があなたにとって役立つものであったなら幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【Anker PowerWave 10 Pad レビュー】睡眠時の充電ならこれで充分!なワイヤレスチャージャー
本記事では「Anker PowerWave 10 Pad」の個人レビューをしています。充電にちょっと時間はかかってしまいますが、寝るときに使いたかった私にとって、充電速度はあまり重要な要素ではありませんでした。リーズナブルでワイヤレス充電入門にピッタリのアイテムでしたよ。
【スタウト エア400】軽量/頑丈/シンプルなボトル
本記事ではリバーズという会社が作った、スタウト エア 400という水筒のレビューをしています。スタウト エアを一言で表すならば、ナルゲンボトルのミリタリー版といったところでしょうか。スペックはよく似ているのですが、ミリタリーなテイストかつどこか都会的な雰囲気を感じるのはスタウト エア独自の特徴です。
【サーマレスト Zシート レビュー】色が渋くてカッコイイ!水にも強く、温かい登山座布団
本記事では登山用座布団、「サーマレスト Zシート」を写真多めで個人レビューしています。ありそうでなかった渋いカラーリングに惹かれて購入したのですが、水に強かったり、断熱性が高かったりと、登山用座布団としてのスペックも高くて満足しています。本記事は「サーマレスト Zシートについて知りたい人」「登山用座布団を探している人」にオススメです。
タイトルとURLをコピーしました