【レビュー】GoProに三脚用ネジ穴を増設するアクセサリーが超便利!

【レビュー】GoProに三脚用ネジ穴を増設するアクセサリーが超便利! アイキャッチGoPro周辺機器

GoProゴープロには三脚用のネジ穴がありません。

ゆえに、購入したそのままの状態ではGoPro専用のマウント方式しか使えないのです。

しかしやっぱり、三脚用のネジ穴はあったほうが便利は便利。

そこで本記事では、GoProに三脚用ネジ穴を増設するためのアクセサリーをご紹介します。

取り上げるのは「TELESIN デュアルインターフェースベース」という製品。

これをGoPro純正パーツと付け替えることでGoProに三脚用のネジ穴を増設できます。

アキラ
アキラ

GoProにネジ穴を増設することで撮影の幅が広がりますよ!

※筆者が使ってるGoProは「HERO9」です


スポンサーリンク

TELESIN デュアルインターフェースベースの外観、特徴

TELESIN アクションカメラ用 デュアルインターフェースベース 付属品一覧

デュアルインターフェースベース」は、TELESINというメーカーのGoPro用アクセサリーです。

ひとつにパッケージに、

  • 本体(交換用マウント)
  • 星ネジ用ドライバー
  • 星ネジ

が入ってます。

TELESIN アクションカメラ用 デュアルインターフェースベース 本体

本体(交換用マウント)のアップはこんな感じ。

中心部にネジ穴が切ってあり、カメラの雲台などにも取り付けられるようになってます。

ネジ穴サイズは一般的によく使われている1/4インチです。

カメラのネジ穴規格(全2種)について
1/4インチ一般的によく使われている規格。
3/8インチ大きな機材用。本記事ではスルーでOK。

GoProの純正品はこうなっている

GoPro マウントフィンガー 純正品

純正品。中心にネジ穴がないのが分かる。

こちらはGoProの純正品です。

三脚用のネジ穴が切られてないのが見て取れます。

TELESIN デュアルインターフェースベースへの交換方法

TELESIN アクションカメラ用 デュアルインターフェースベース 説明書

TELESIN デュアルインターフェースベース」への交換方法ですが、特に難しい手順はありません。

説明書に沿って作業すればOKです。

ネジが小さいので無くさないように注意してください。

TELESIN アクションカメラ用 デュアルインターフェースベース GoProに取り付け

GoProに「TELESIN デュアルインターフェースベース」を取り付けるとこのようになります。

アキラ
アキラ

GoProに1/4インチサイズのネジ穴が増設されました!

TELESIN デュアルインターフェースベースを使ってみた

着脱ラクラク。使える機材も増えた。

TELESIN デュアルインターフェースベース」を取り付けたGoProを、「PGYTECH エクステンションポール & ミニ三脚」に乗せてみました。

  • ネジなので着脱ラクラク
  • 首周りがスッキリしており、スマート

やはり、三脚用のネジ穴があると便利です。

これでGoPro専用マウントはもちろん、三脚用のネジ穴にも対応できるようになりました。

JOBY ゴリラポッドにもGoproをマウント

JOBY グリップタイトONE GPスタンド」にも乗せてみました。

この三脚は脚部をクネクネと動かせるので、木の枝などに巻きつけて撮影することができます。

GoProに三脚用ネジ穴を増設したことで、使える機材が増え、撮影の幅が広がりました。

気になるポイント①

TELESIN アクションカメラ用 デュアルインターフェースベースの気になるポイント

右が純正品。脚部の厚さが少しことなる。

気になるポイントについて書いていきます。

どうやら、「TELESIN デュアルインターフェースベース」(画像左)はGoPro純正品(画像右)よりもマウント脚部が少し分厚いようです。

バックパックショルダーストラップクリップマウントへの取り付けが少しきつい

取り付けが少しキツかった。

事実、「TELESIN クリップマウント」への取り付けは、GoPro純正品のそれよりもキツく感じました。

TELESIN デュアルインターフェースベースはGoPro純正マウントに取り付けられた

純正のマウントには取り付けられた。

GoPro純正のヘルメットマウントに取り付けられたので、よっぽど大丈夫と思いますが、念の為ここに記載しておきます。

ちなみに、筆者が持っているすべてのGoProマウントには、問題なく取り付けられました。

気になるポイント②

アマゾンレビューによると、「ネジ穴の深さが足りず、しっかりねじ込めない三脚もある」との指摘があるので、その点もご留意ください。

穴の深さ

ほぼ良いが、穴の深さが足りず、しっかりねじ込めないものもある

カスタマーレビュー

私が所有しているマウントや三脚にはしっかりねじ込むことができたので、ご参考までに。

※筆者が所有しているマウント/三脚


スポンサーリンク

GoProに三脚用ネジ穴を増設するアクセサリーが超便利! まとめ

TELESIN アクションカメラ用 デュアルインターフェースベース 装着したところ

本記事は「【レビュー】GoProに三脚用ネジ穴を増設するアクセサリーが超便利!」について書きました。

この記事で紹介した「TELESIN デュアルインターフェースベース」は、GoProに三脚用ネジ穴を増設するためのアクセサリーです。

ネジ穴があると、やっぱり便利です。

三脚を変えたり、カメラの向きを微調整したりするときに重宝します。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


1,000円台で買えるサードパーティ製GoProアクセサリー、おすすめ3選!
この記事では『買ってよかったサードパーティ製GoProアクセサリー』を3つ紹介していきます。どれも1,000円台で買えるので、GoProを買うときの初期費用を抑えたい方や、安くて便利なGoProアクセサリーを探している方はぜひチェックしてみてください。
【TELESIN クリップマウント レビュー】なんだかんだで気に入っているGoProアクセサリー。
この記事では「TELESIN クリップマウント」の紹介とレビューをしてます。本製品は、バックパックの肩ストラップに挟むことで”手ぶら撮影”を可能にするものです。ただ実際に使ってみたところ、アングル設定が少し大変でした。点数を付けるとしたら83点といったところです。記事内にて詳しく解説していきます。
【PGYTECH エクステンションポール&ミニ三脚 レビュー】質感が良く、使っていて心地いい自撮り棒!
この記事では「PGYTECH エクステンションポール&ミニ三脚」のレビューをしてます。結論から言うと、あるひとつの気になるポイントを除けば、ほぼ100点なハンドグリップマウントでした。詳しくは記事内で解説してますので、GoPro用のハンドグリップマウント(自撮り棒)をお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね。
【JOBY グリップタイトONE GPスタンド レビュー】アングル調節、自由自在なスマホ三脚
本記事ではJOBYが販売しているスマホ三脚、「グリップタイトONE GPスタンド 」のレビューを写真多めで行ってます。軽くコンパクト、耐久性も高く、グネグネと動かせる脚はアングル調節の自由度も高いです。グリップタイトONE GPスタンドは、ボルダリング/登山/キャンプといったアウトドアをする方に特におすすめの三脚です。
タイトルとURLをコピーしました