【リハビリ編】肩の亜脱臼に困って手術した話

脱臼手術 体験談 リハビリ編 アイキャッチお役立ち-Climb
アキラ

肩を脱臼しちゃった…。

手術も考えてるけど、どうしよう…。

  • ちゃんとスポーツに復帰できるのかな?
  • 復帰にかかる期間は?
  • パフォーマンスは落ちるの?

本記事では以上のような疑問をお持ちの方に向けて、私が受けた脱臼手術の体験談(リハビリ編)を書いていきます。

▼本記事の内容

  • 受傷から手術を経て復帰までにかかった期間
  • リハビリ時の腕の可動域について
  • 今はもう大丈夫!

この記事を書いている私は、趣味でボルダリングをやっているサラリーマン。

過去に”関節鏡視下左肩関節唇形成術かんせつきょうしか ひだりかたかんせつしん けいせいじゅつ”という、亜脱臼を治療するための手術を受けたことがあります。

なにかのスポーツを続けていく上で、怪我との付き合いは切っても切れないモノですよね。

脱臼の場合、再発の可能性が高いため「しっかり直したい」と考えている人も多いハズ。

そんな方に向けて私の実体験をまとめました。

脱臼手術体験談は、以下の3部構成です。

  • 費用編
  • 入院と手術編
  • リハビリ編
アキラ
アキラ

本記事では「リハビリ編」を書いてます。

▼関連記事▼

【費用編】肩の亜脱臼に困って手術した話
本記事は、左肩の脱臼/脱臼癖に困っていた私が、”関節鏡視下左肩関節唇形成術”という手術を受けた体験談(費用編)を書いています。過去のスケジューラーや領収書を参考に、なるべく詳しくまとめました。「脱臼手術にかかる費用を調べてる人」の参考になれば幸いです。
【入院と手術編】肩の亜脱臼に困って手術した話
本記事は、肩の脱臼/脱臼癖に困っていた私が、”関節鏡視下左肩関節唇形成術”という手術を受けた体験談を書いています。スケジュールや入院時の様子など、思い出せる限りのことをまとめました。「肩の脱臼手術を受けようか悩んでいる」「全身麻酔の手術を受ける/受けるかもしれない」という人のお役に立てれば幸いです。
スポンサーリンク

受傷から手術を経て復帰までにかかった期間

私が左肩を亜脱臼してから、手術を経て、復帰までにかかった期間は以下の通りです。

  • 2015年11月
    左肩を亜脱臼してしまい、通院を始める。
    検査と日程調整のため、手術当日まである程度の時間(4ヶ月ほど)がかかる。
  • 2016年2月
    手術を受ける。
    手術後しばらくは週3〜4回の頻度でリハビリの日々。
  • 2016年7月
    リハビリが月1回になる。
  • 2016年9月
    リハビリに通いつつ、ボルダリングに復帰。
  • 2016年11月
    リハビリ終了。
  • 2017年3月
    完治。
アキラ
アキラ

手術を受けたのは、私が26歳の時です。

以上のように、手術を受けてからボルダリングに復帰するまでには、約8ヶ月の期間が必要でした。

受傷から完治までの期間を通算すると約1年6ヶ月だったので、やはり時間はかかります。

が、リハビリ通院が終了するくらいの時期には、受傷前とほぼ変わらないパフォーマンスを取り戻すことができていました。


▼左肩を痛める前の動画。


▼手術からリハビリを経て、ボルダリング復帰後”4ヶ月”時点の動画。

アキラ
アキラ

問題なく登れてます!


▼時は流れ、手術から”2年5ヶ月”後の動画。

左肩に負荷が掛かっても、その負荷が想定できる範囲内なら大丈夫です。

フィジカルはだいたい問題ないのですが、メンタル面に怖さが残ってしまいました。

以下のような場面では怖いと感じてしまい、押しきれない時があります。

  • プッシュのような肩で支える動きが必要な場面
  • 予期せぬ形で負荷が掛かる危険性のある場面

メンタル強化とトラウマ払拭が、今でも私の課題です。

アキラ
アキラ

…とは言いつつ、無理はしないようにしてます(笑)

リハビリ時の腕の可動域について

手術後3ヶ月の間、左腕の可動域は狭かったです。

リハビリをしても少しずつしか広がらず、焦っていたのを覚えてます。

「このままボルダリングに復帰できなかったらどうしよう…」

そんなことを考えてしまい、怖くなるときもありました。

左腕は具体的にどんな感じだったの?

脱臼 手術 体験談 腕の可動域1

手術後”約3ヶ月”時点では、これくらいしか開きませんでした。

脱臼 手術 体験談 腕の可動域2

▲上にもこれくらいしか上がらなかったです。

また、普段は三角巾のような装具で左腕を吊るため、日常生活も不便でした。

アキラ
アキラ

寝るときも装具を付けたままです。

リハビリを続けたら少しずつ可動域が広がった

焦る時期もありましたが、淡々とリハビリを続けたところ、左腕の可動域は少しずつ広がっていきました。

左腕を真上に上げられたときは、とても嬉しかったです。

記憶が曖昧で申し訳ないのですが、手術後”約6ヶ月”時点では普通に日常生活を送れていたと思います。

今はもう大丈夫!

脱臼 手術 体験談 腕の可動域3

肩 脱臼 手術 体験談 腕の可動域4

上の写真は、現在(2019年8月)の可動域を写したモノです。

手術から約1年後には、これくらいの可動域があったのを覚えてます。

(左右差はほとんどありませんが、左腕を開くとき、少しだけ突っ張り感が残ってしまいました)

しかし、今はボルダリングをやれているのでオールオッケーです!

おわりに

本記事は「【リハビリ編】肩の亜脱臼に困って手術した話」について書きました。

この記事で特にお伝えしたいことを、以下にまとめます。

  • 手術してから復帰するまで約8ヶ月かかった
  • 手術後3ヶ月は可動域が広がらず怖かった
  • 今はボルダリングをやれているのでオールオッケー!

私の体験談が「脱臼手術を受けようか悩んでいる人」の参考になれば幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【費用編】肩の亜脱臼に困って手術した話
本記事は、左肩の脱臼/脱臼癖に困っていた私が、”関節鏡視下左肩関節唇形成術”という手術を受けた体験談(費用編)を書いています。過去のスケジューラーや領収書を参考に、なるべく詳しくまとめました。「脱臼手術にかかる費用を調べてる人」の参考になれば幸いです。
【入院と手術編】肩の亜脱臼に困って手術した話
本記事は、肩の脱臼/脱臼癖に困っていた私が、”関節鏡視下左肩関節唇形成術”という手術を受けた体験談を書いています。スケジュールや入院時の様子など、思い出せる限りのことをまとめました。「肩の脱臼手術を受けようか悩んでいる」「全身麻酔の手術を受ける/受けるかもしれない」という人のお役に立てれば幸いです。
【amazonプライムビデオ|12選】登山映画を観て、山に思いを馳せよう
本記事では、amazonプライムビデオで観れる登山映画を12本紹介しています。紹介している作品は、エンターテイメント性に富んだモノから本格的な登山モノまでさまざまです。amazonプライム会員なら、12本の内、7本の映画を追加料金なしで観ることができます。登山に行けないときは、映画で山に思いを馳せませんか?
【ボルダリング】使って良かったボディケア用品 6選
本記事ではクライマーにオススメなボディケア用品を6つ紹介しています。どれも筆者が実際に使って、「良い!」と感じたモノ達です。しっかりケアして、より高みを目指しましょう!
タイトルとURLをコピーしました