【孤独のグルメでお馴染み】谷口ジローさんのクライミング漫画 3選

【孤独のグルメでお馴染み】谷口ジローさんのクライミング漫画 3選 アイキャッチ画像クライミング書籍、漫画

漫画家、谷口ジローさん。

孤独のグルメ」の作画を担当されたことで有名です。

孤独のグルメ以外にも、冒険、格闘、文芸、SFと、幅広いジャンルの作品を手がけています。

そんな谷口ジローさんの作品の中に、クライミング漫画があることをご存知でしょうか?

この記事では、谷口ジローさんがたずさわったクライミング漫画を3つ紹介します。

王道から、ややマイナーなものまで取り上げましたので、クライミング漫画探しの参考にしていただければ幸いです。

なお、本記事には若干のネタバレを含みます、ご注意ください。


スポンサーリンク

谷口ジローさんのクライミング漫画 3選

神々の山嶺

エヴェレスト初登頂の謎を解く可能性を秘めた古いカメラ。

深町誠は、その行方を追う途中、ネパールで“毒蛇(ビカール・サン)”と呼ばれる日本人男性に会う。

彼がネパールに滞在する理由とは!? そして、彼の正体とは…!?

Amazon:神々の山嶺

最初に紹介するのは「神々の山嶺いただき」です。

神々の山嶺は、羽生丈二という登山家の生きざまを描いた、熱いクライミング漫画になります。

この作品は心理描写がとにかく緻密です。

クライマーなら奮い立つ場面が多々あります。

羽生丈二が自身の思いを吐き出すシーンでは、誰しもが彼の熱にあてられることでしょう。

生きた時間が長いか短いか それはただの結果だ

死ぬだとか生きるだとか そういう結果のために山に行くんじゃない!

― おまえの言うことはわからん

わかれ!わかってくれ!!

― わからん!山で死んでおまえは幸福か!?

いいか 不幸か幸福かだったなども ただの結果だ!

幸福も不幸も関係ない!!

そういう結果を求めて山に登っているんじゃない!!

(中略)

幸福な時にも山に登る 不幸な時だって山に登る!

女がいたって逃げたって山に登っていれば おれは山屋の羽生丈二だ

山に登らない羽生丈二はただのゴミだ

神々の山嶺 4巻 75〜77ページ

クライミングシーンも多く、万人におすすめな作品です。

全5巻、完結。

K(ケイ)

聳え立つ白き神に挑む男の物語。

その男は自分の過去を精算するためだけに登り続ける。

手塚治虫文化賞受賞作家・谷口ジローが描くアルペンロマン。

Amazon:K(ケイ)

次に紹介するのは「K(ケイ)」です。

K(ケイ)は、遭難救助のためにヒマラヤの難ルートを登る男、”K(ケイ)”の姿を描いた山岳アクションドラマ。

1話完結の物語が5本収録されています。

K(ケイ)は、神々の山嶺よりもフィクション色が強めです。

そのため、普通ではありえないようなトンデモ登攀シーンが見られます。

個人的には、第3話の逆層ハング登攀が好きです。

な……なんだ、この壁は!!

みんな逆層だあ〜!!

手がかりのホールドも足がかりのスタンスも、みんな下を向いてやがる!!

K(ケイ) 137ページ

そんな逆層の壁を、K(ケイ)はどのように攻略するのでしょうか?

ぜひ本編を読んで確かめてみてください。

全1巻、完結。

捜索者

南アルプスの山小屋の主・志賀は、山岳パートナーだった今は亡き親友の娘・恵美が失踪したことを知る。

親友とその妻・縒子への思いから山を下りて15歳の少女を捜す志賀。

その目の前に広がる大都会は、一瞬にして険しい山岳と化した。

山で鍛え上げた意志と技術、それが少女を救う力となるのか?

雄大なエンターテインメントが胸を打つ!

Amazon:捜索者

最後に紹介するのは「捜索者」です。

山小屋の主・志賀が、親友の娘・恵美を探すために山を下り、大都会へ繰り出します。

先々でトラブルに巻き込まれながらも、なんとかそれに対処し、一歩ずつ真相に迫ります。

ふとしたシーンが胸に残る、谷口節の利いた作品です。

クライマックスでは高層ビルをフリーで登ります。

ビレイ描写に違和感はあるものの、一風変わったクライミングシーンが楽しめます。

全1巻、完結。

関連記事 ボルダリング・クライミング系の漫画 31選

ボルダリング・クライミング系の漫画のまとめ記事も書いています。

よかったら読んでみてくださいね。

谷口ジローさんのクライミング漫画 3選 まとめ

本記事は「【孤独のグルメでお馴染み】谷口ジローさんのクライミング漫画 3選」について書きました。

谷口ジローさんのクライミング漫画で一番のおすすめは「神々の山嶺」です。

次点で「K(ケイ)」、その次に「捜索者」が続きます。

K(ケイ)と捜索者は若干マイナーですので、「マニアックなクライミング漫画が読みたい」という方におすすめです。

ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

以上、アキラでした。


タイトルとURLをコピーしました