【スタンレー 真空マグ 0.23L レビュー】質実剛健!一切漏れないコーヒーマグ!

スタンレー 真空マグ 0.23L 手に持ったところキャンプ道具

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

新しいコーヒーマグを購入したのでレビューしていきます。

(3ヶ月くらい使いました)

購入したのはスタンレーの「真空マグ 0.23L」という製品です。

  • マグカップ1杯分くらいの容量。
  • スタンレーらしい質実剛健なデザイン。
  • 密閉性ヨシ!一切漏れない。
  • 保温性は”ほどほど”。猫舌な私にちょうどいい。
  • 普通のスポンジで洗える。
  • コンビニのコーヒーサーバーにも入る。
  • コーヒーがドバっと出るときもあるが、解決済み。

 

真空マグ 0.23Lの大まかな特徴は以上のとおり。

スタンレー 真空マグ 0.23L」は、デザイン/サイズ感/機能面すべてにおいて、私の生活にフィットするコーヒーマグでした。

アキラ
アキラ

職場でもプライベートでもヘビーユースしてます!

そんなわけで本記事では「【スタンレー 真空マグ 0.23L レビュー】質実剛健!一切漏れないコーヒーマグ!」について書いていきます。

スポンサーリンク

スタンレー 真空マグ 0.23Lの外観/スペック

スタンレー 真空マグ 0.23L 外観

真空マグ 0.23L」は、スタンレーが製造/販売しているコーヒーマグです。

大まかなスペックは以下のとおり。

真空マグ 0.23Lのスペック
  • サイズ : 高さ15×本体径7.9cm
  • 重量 : 240g
  • 容量 : 0.23L
  • 材質
    – 内びん / ステンレス鋼
    – 胴部 / ステンレス鋼
    – 上蓋 / ポリプロピレン
    – 中蓋/ ポリプロピレン
    – パッキン / シリコーンゴム
  • 保温効力:48度以上(6時間)
  • 保冷効力:11度以下(6時間)

価格は3,000円くらいでした。

スタンレー 真空マグ 0.23L 手に持ったところ

手に持ってみるとこれくらいのサイズ感になります。

細部を見ていきましょう。

スタンレー 真空マグ 0.23L 上フタ サイド

上蓋

まずは上蓋です。

開閉に使うハンドルがついてます。

上蓋とハンドルはしっかり接合されており、安心です。

スタンレー 真空マグ 0.23L フタ

上蓋

ハンドル上部にはスタンレーのロゴが入ってます。

フラットなため、机に置いてもカタつきません。

地味ですがうれしいポイントです。

スタンレー 真空マグ 0.23L 上蓋 下から

上蓋

下から写すとこんな感じ。

スタンレー 真空マグ 0.23L 飲み口

中蓋

飲み口はこのようになってます。

蓋の使用パターンは二通り。

「上蓋+中蓋」「上蓋のみ」です。

アキラ
アキラ

スープコンテナとしても使えますよ!

スタンレー 真空マグ 0.23L 本体上から

本体部のフチは緩やかに丸みを帯びています。

バリもなく、口当たり良好です。

スタンレー 真空マグ 0.23L 内径

径を測ってみたところ、約7.7cmでした。

スタンレー 真空マグ 0.23L ひとり用ドリッパーがジャスト

1~2人用コーヒードリッパー、「カリタの101-D」がジャストで乗せれます。

スタンレー 真空マグ 0.23L 底部

底部には容量や製品情報が記載されてます。

滑り止めゴムなんてものはついておらず、どこまでも鋼鉄です。

スタンレーらしい質実剛健なデザインですね。

滑り止めゴムがなくても特に問題ありませんでした。

真空マグ本体+コーヒーの重量で充分安定します。

スノーピークの「チタンシングルマグ300」は強風で倒れたりするので、その点が心配だったのですが、杞憂でした。

よく考えてみたら、滑り止めゴムがあると砂やホコリが付くので微妙ですね。

スタンレー 真空マグ 0.23L 実測値

重量は実測値で245gでした。

これは、”半分残った500mlペットボトル飲料”と同じくらいの重さです。

以上で「スタンレー 真空マグ 0.23L」の外観/スペック紹介をおわります。

スタンレー 真空マグ 0.23Lの使用レビュー

ここからは「真空マグ 0.23L」を使ってみた感想を書いていきます。

密閉性ヨシ!一切漏れない。

スタンレー 真空マグ 0.23L 質感2

真空マグ 0.23L」は一切漏れません。

リュックの中で上下逆さまになっても大丈夫です。

アキラ
アキラ

漏れを気にせず使えます!

保温性は”ほどほど”。猫舌の私にはちょうどいい。

保温性は”ほどほど”です。

そう聞くとネガティブに聞こえますが、この”ほどほど”がイイ感じなのです。

筆者はいつも、6時15分にコーヒーを入れ、9時から始まる仕事に持っていくのですが、飲むころ(9時)には適温になっています。

で、そのあと正午くらいまでは適温が続きます。

保温性が高すぎると、猫舌人間は一生飲めません。

「真空マグ 0.23L」の”ほどほど”な保温性は、猫舌の私にぴったりでした。

普通のスポンジで洗える(メンテが楽)

スタンレー 真空マグ 0.23L 本体上から

あと、メンテが楽です。

普通のスポンジで洗えます。

柄付きスポンジは使わなくてOKです。

コンビニのコーヒーサーバーにも入る。

スタンレー 真空マグ 0.23L コンビニ

ファミマにて

試してみたところ、ほとんどのコンビニのコーヒーサーバーで使えました。

使えたコンビニ/製品
  • ファミマ:ブレンド(S) ※
  • ローソン:コーヒー(S) ※

※容量的にMサイズは厳しいです。

ただ、セブンイレブンのコーヒーサーバーだけは、扉が閉まりきらず使えませんでした。

そんなときは、紙コップに注いだコーヒーを「真空マグ 0.23L」に移し替えてあげればOKです。

ちなみに

デロンギの全自動コーヒーメーカーでも使えました。

コーヒーがドバッと出るときがある(解決済)

唯一の気になるポイントは、コーヒーがドバッと出るときがあること。

詳しく説明します。

スタンレー 真空マグ 0.23L 気になるポイント

赤丸で囲ったところが空気穴なのですが、写真のように、空気穴に膜ができてしまうときがあります。

膜ができる(空気穴が塞がる)とコーヒーの出が悪くなります。

コーヒーを飲もうとしてマグを傾けると、ある一定のところでドバッと出てきてしまうのです。

そんなとき私は、息をフッと吹きかけ、膜を破くことで対処してます。

以上が真空マグ 0.23Lの気になるポイントと、その対処方法でした。

参考になれば幸いです。

スタンレー 真空マグ 0.23Lのカラーラインナップ

スタンレー 真空マグ 0.23L カラー

スタンレー 真空マグ 0.23L」のカラーは、以上4種類がラインナップされています。

スポンサーリンク

スタンレー 真空マグ 0.23L レビューまとめ

スタンレー 真空マグ 0.23L 手に持ったところ

本記事は「【スタンレー 真空マグ 0.23L レビュー】質実剛健!一切漏れないコーヒーマグ!」について書きました。

  • マグカップ1杯分くらいの容量。
  • スタンレーらしい質実剛健なデザイン。
  • 密閉性ヨシ!一切漏れない。
  • 保温性は”ほどほど”。猫舌な私にちょうどいい。
  • 普通のスポンジで洗える。
  • コンビニのコーヒーサーバーにも入る。
  • コーヒーがドバっと出るときもあるが、解決済み。

 

スタンレーはやっぱり格好良いです。

職場で使っていると、とても癒やされます。

なんというか、アウトドアを思い出させてくれるんですよね。

デザインもさることながら、ギアとしても秀逸なコーヒーマグ、「スタンレー 真空マグ 0.23L

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました