【ペツル アタッシュ レビュー】手にフィットする持ち心地。軽いことも良いことだ。

ペツル 安全環付きカラビナ アタッシュ 外観クライミングギア

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事ではペツルから販売されているHMS型(洋梨型)の安全環付きカラビナ「アタッシュ」の紹介とレビューをしています。

  • 手にフィットする持ち心地
  • HMS型カラビナの中では軽量
  • 赤い警告表示がついている
  • ノーズがスリムでクリップしやすい
  • 引っかかりが少ない滑らかなデザイン

大まかにですが、アタッシュは以上のような特徴と魅力を持つ安全環付きカラビナです。

私はビレイデバイスとセットで使っているのですが、持ち心地が良いため、「ビレイデバイスを落とすリスクを減らせてるなぁ」と感じています。

コンパクトなので、手が小さい人にもオススメです!

そんなわけで「【ペツル アタッシュ レビュー】手にフィットする持ち心地。軽いことも良いことだ。」について書いていきます。

スポンサーリンク

ペツル アタッシュ 製品情報

ペツル 安全環付きカラビナ アタッシュ 外観

アタッシュはペツルが販売しているHMS型(洋梨型)の安全環付きカラビナです。

▼細かいスペックは公式サイトから引用させて頂きます。

「スクリューロック」システム付きでコンパクトな『アタッシュ』は、ビレイデバイスのハーネスへの取り付け、イタリアンヒッチでのビレイ、ビレイポイントでの使用等に適しています。

肉抜き構造により軽量化を実現し、また操作中の引っかかりを防ぐため、キーロックシステムを採用しています。

カラビナの両端の幅を広くし、ロープの通りを良くすると共に耐久性を高めています。

製品番号 M38A SL
破断強度 縦軸 22 kN
オープンゲート 6 kN
横軸 8 kN
ゲート開口幅 24 mm
重量 56 g

引用:アタッシュ製品ページ

ペツル アタッシュの外観/特徴

手にフィットする持ち心地

ペツル アタッシュ ウィリアム 比較

アタッシュと、ウィリアムという安全環付きカラビナを並べた画像です。

アタッシュの方が一回り小さいことが見て取れます。

【ペツル ウィリアム レビュー】一枚あると便利。大きめサイズの安全環付きカラビナ
本記事はペツルが販売しているHMS型安全環付きカラビナ「ウィリアム スクリューロック」の紹介とレビューをしています。大きめサイズなカラビナで、特にマルチピッチクライミングにおいてその本領を発揮します。本記事は「ウィリアムが気になっている人」「マルチピッチをやりたい/やっている人」にオススメです。

▲アタッシュとウィリアムを重ねると、上の写真くらいのサイズ差があります。

アタッシュ最大の魅力は、このコンパクトなサイズ感。

手にフィットし、使い心地が良いです。

ロープを使うクライミングにおいて、ビレイデバイスは必要不可欠ですよね?

私はアタッシュをビレイデバイスとセットで使うことで、以下の操作がとてもやりやすくなりました。

  • ハーネスからの取り外し
  • ビレイデバイスへロープをセットする
  • ハーネスへのラッキング

ビレイデバイスは使用頻度も高いので助かりました!

アタッシュはコンパクトなため、手の小さい方にもオススメです。

軽量

ペツル アタッシュ 重さ

アタッシュの重量(実測値)は57gと、HMS型(洋梨型)のカラビナの中では軽量な部類に属します。

以下の用途で使用するHMS型カラビナをアタッシュに換えれば、装備の軽量化が可能です。

  • ビレイデバイスとセットで使うHMS型カラビナ
  • マルチピッチで使用するHMS型カラビナ
  • 予備として携行するカラビナ

ペツルに共通する3つの特徴を備えている

ペツル アタッシュ ゲートオープン

ペツル製のスクリュータイプ(ねじ式)安全環付カラビナには、共通する3つの特徴があります。

共通する3つの特徴
  1. 赤い警告表示がついている
  2. ノーズがスリムでクリップしやすい
  3. 引っかかりが少ない滑らかなデザイン

アタッシュも以上3点の特徴を備えているため、カラビナとしての安全性と利便性が高いです。

ペツル アタッシュ レビューまとめ

本記事は「【ペツル アタッシュ レビュー】手にフィットする持ち心地。軽いことも良いことだ。」について書きました。

アタッシュは、

  • 手にフィットする持ち心地
  • HMS型カラビナの中では軽量
  • 赤い警告表示がついている
  • ノーズがスリムでクリップしやすい
  • 引っかかりが少ない滑らかなデザイン

以上のような特徴と魅力を持った安全環付きカラビナです。

初心者/経験者に関わらず、HMS型(洋梨型)の安全環付きカラビナをお探しの方は、アタッシュも検討してみてはいかがでしょうか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


スクリュータイプの安全環付きカラビナにペツルをオススメする3つの理由
本記事ではペツルの安全環付きカラビナ(ねじ式)の紹介と、「なぜペツルがオススメなのか?」という理由を解説してます。マルチピッチクライミング等のロープを使うクライミングをやりたい/やっている人、必見です。
【ペツル ウィリアム レビュー】一枚あると便利。大きめサイズの安全環付きカラビナ
本記事はペツルが販売しているHMS型安全環付きカラビナ「ウィリアム スクリューロック」の紹介とレビューをしています。大きめサイズなカラビナで、特にマルチピッチクライミングにおいてその本領を発揮します。本記事は「ウィリアムが気になっている人」「マルチピッチをやりたい/やっている人」にオススメです。
【各セルフビレイコードの特徴と注意点】スリング/PAS/コネクトアジャストの比較
本記事では私が使ってきた3本のセルフビレイコードの紹介と比較をしています。今1番のオススメはペツルのコネクトアジャストですが、それにも良い点と気になる点があり、難しいところです。本記事では、私がコネクトアジャストをオススメする理由を、3本のコードの紹介を通して説明します。マルチピッチ初心者さんにオススメです。
タイトルとURLをコピーしました