E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FWをレビュー!サイズ感も解説します。

E9(イーナイン)のクライミングパンツをレビュー!サイズ感も解説します。 アイキャッチクライミングウェア

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

ちょっと前にE9(イーナイン)のクライミングパンツを買ったので、サクッとレビューしていきます。

購入したのは「シド2 20FW」という製品。

E9(イーナイン)のラインナップの中ではスリムなシルエットが特徴のモデルです。

サイズはSをチョイスしました。

身長178cm、体重67kgです。

クライミングパンツを選ぶとき気になるのって、

  • 生地感
  • 伸縮性
  • サイズ感

だと思ってるので、以上の点にフォーカスして記事を書いていきます。

それではいってみましょう。


スポンサーリンク

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FWの外観

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW 前面

シド2 20FW」はE9(イーナイン)が製造/販売しているクライミングパンツです。

他のラインナップよりもシンプルなデザインに惹かれて購入しました。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW ブラシホルダー

右太もも部にはブランドロゴが入ったブラシホルダーを完備。

(ブラシホルダーは、できるだけシンプルなデザインを求める筆者にとってイマイチポイントでした…)

腰の紐は短いため、穴の中に入らないよう、結んで使ってます。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW 足口のドローコード

裾まわりにはドローコードがついてます。

E9(イーナイン)のドローコードは太くて良いです。

千切れそうな不安感はありません。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW タグ

左足にはちょこっとしたタグがついてます。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW 背部

背面の全体像はこんな感じ。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW 背面アップ

右ヒップのみにポケットがついてます。

以上でシド2 20FWの外観説明をおわります。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FWの生地感、伸縮性

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW 生地感

シド2 20FW」の素材比率は、コットン98%、ポリウレタン2%です。

生地はかなりガッシリしてます。

ヘビーデューティーな生地感です。

摩耗に強く、外岩での防御力にも期待できます。

その分、熱くなりやすいのが少々ネック。

夏場の着用は厳しいです。

伸縮性はこんな具合。

ポリウレタンが2%使われているので、ほどよく伸びてくれます。

以上でシド2 20FWの生地感、伸縮性の説明をおわります。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FWのサイズ感、シルエット

筆者の下半身のサイズ

筆者の身体サイズは以上のとおり。

身長は178cm、体重は67kgです。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW サイズタグ

そんな私は、シド2 20FWのSサイズを着ています。

海外サイジングだけあって、身長178cmの筆者でもSがちょうどでした。

以前履いてた別のパンツもSだったので、筆者的には、E9(イーナイン)のクライミングパンツはSサイズが安定です。

シド2 20FW Sサイズの寸法
  • ウエスト/約62cm
  • 股上/約21cm
  • 股下/約84cm

シド2 20FWの股下サイズは約84cmですが、ダボッとなるため、股下75cmの筆者でも問題ナシ。

E9(イーナイン)のクライミングパンツは、(股下に関しては)表記サイズより大きめを選ぶのが良いかと思います。

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW シルエット

シルエットはこんな感じ。

シド2 20FWを履いて登ってみるとこんな具合です。

(2つ目の動画にはカラーフィルターが入ってます)

以上でシド2 20FWのサイズ感、シルエット説明をおわります。


スポンサーリンク

E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FW レビューまとめ

本記事は「E9(イーナイン)のクライミングパンツ、シド2 20FWをレビュー!サイズ感も解説します。」について書きました。

クライミングパンツって、やっぱりあのダボッとしたシルエットがカッコイイと思うのです。

ただ、いかんせんデザインを攻めすぎる傾向にある(笑)

そんな中、「シド2 20FW」は比較的シンプルで気に入ってます。

あなたのクライミングパンツ探しの参考になれば幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

タイトルとURLをコピーしました