戸塚RISEの魅力をクライマーに向けて発信する!【クライミングジム紹介】

戸塚RISEの魅力をクライマーに向けて発信する!【クライミングジム紹介】 アイキャッチクライミングジム紹介

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

ずっと書きたかったクライミングジム紹介の記事を書かせて頂けることになりました。

本記事で紹介するのは、戸塚駅(横浜市)の近くにあるクライミングジム、「RISE」さんです。

  • 「戸塚RISE、気になってるけど行ったことないんだよね。」
  • 「壁ってどんな感じなの?」
  • 「設備面も詳しく知りたいな。」

そんなあなたに向けて、RISEの魅力を発信します。

(本記事はオーナー了承のもと書かせていただきました。ありがとうございます!)


スポンサーリンク

クライミングジムRISEの概要

クライミングジム RISE 全体像

RISE(ライズ)は、横浜市戸塚区にあるクライミングジムです。

とても広いジムで、壁は全11面。

それにプラスして、

  • ムーンボード”2019”
  • ストレッチスペース
  • トレーニングエリア

なども備わっています。

コロナ禍の対応について

コロナ禍の対応についてはこちらから確認できます。

感染防止対策の一環として店内サンダルが撤去されているので、裸足クライマーの方は、サンダルを持参すると良いですよ。

クライミングジムRISEの壁(全11面)

RISE」の壁を紹介していきます。

クライミングジム RISE 83度壁

まずは83度のスラブ壁。

RISEに入るとき、最初に見えるのがこの壁です。

クライミングジム RISE 壁 86度と水壁

左隣には、高さ控えめな86度と、垂壁があります。

86度は高さがないかわりに、ムーブが難しかったりして面白いです。

クライミングジム RISE 壁 キッズウォール

83度スラブ壁の反対側にはキッズウォールがあります。

クライミングジム RISE 壁 110度

110度はこんな感じ。

クライミングジム RISE 壁 110度と105度 ラインセット

クライミングジム RISE 壁 120度 ラインセット

  • 105度
  • 110度
  • 120度

以上3壁はラインセットです。

大きなホールドがたくさん使われており、”映え”なクライミングができます。

2021年2月時点の情報です。

クライミングジム RISE 壁 120度の一角

こちらは120度の一角の写真。

個人的に、傾斜が変わるところの課題がけっこう好きです。

クライミングジム RISE 壁 80度 スラブ

120度の反対側に行くと、80度スラブ壁がたたずんでます。

高さがあり、痺れますよ。

ピリつくスラブが好きな人にオススメな壁です。

クライミングジム RISE 壁 水壁2

80度スラブ壁の右隣には垂壁。

クライミングジム RISE 壁 135度 まぶし

垂壁の後ろには135度の”まぶし壁”があります。

この壁で登り込めば、強くなること間違いナシです。

クライミングジム RISE ファイル課題

135度にはファイル課題があります。

クライミングジム RISE 壁 160度 どっかぶり

最後に紹介するのは160度の”どっかぶり”。

垂壁への抜けもある、楽しい壁です。

戸塚RISE ライズ バルジ壁

追記:160度壁はバルジ壁にリニューアルされました。

RISEの壁についてまとめると次のとおり。

  • キッズウォール
  • 80度
  • 83度
  • 86度
  • 90度(1つ目)
  • 90度(2つ目)
  • 100度
  • 105度
  • 110度
  • 120度
  • 135度(まぶし)
  • 160度 → バルジ

以上でクライミングジム「RISE」の壁紹介をおわります。

クライミングジムRISEの設備

本項目では、「RISE」の設備について書いていきます。

物販

クライミングジム RISE 物販スペース

まずは物販スペース。

トポやチョークなどの取り扱いがあります。

クライミングジム RISE サウディ−ファーム

RISEでは、サウディファームさんの「どうぶつチョークボール」も取り扱ってます。

とても可愛いらしいチョークボールです。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

サウディファーム

Webショップ

Instagram

Twitter

ムーンボード”2019”

クライミングジム RISE ムーンボード 2019 130度

次に、ムーンボード。

「MoonBoard Masters 2019」です。

RISEにあるムーンボードの内容は、ざっくり下記のとおり。

  • 傾斜130度
  • (アプリ上では40度)
  • LED搭載
  • Hold Set A,B
  • Original S Holds
  • Wooden Holds
  • Wooden Holds B,C
  • screw-on fool holds

ムーンボード用のアイパッドも備わってます。

受付で貸し出してくれるので、アイパッドを使いたい人はスタッフさんに声をかけてみてくださいね。

充実のトレーニングエリア

クライミングジム RISE トレーニングエリア キャンパスボード

RISEのトレーニングエリアを紹介します。

まずはキャンパスボード。

高さがあってイイ感じです。

(タップで拡大できます)

こちらは筋トレ・保持トレ系がメインのスペース。

  • 単管の懸垂棒(2本)
  • 吊り輪
  • ビーストメーカー 2000
  • ビーストメーカー マイクロス(6/8/10mm)
  • メトリウス ロックリングス3D
  • 小山田 大さんがやってたピンチのヤツ

以上のトレーニング器具が備わってます。

クライミングジム rise トレーニングエリア 特徴

キャンパスボードと筋トレ・保持トレスペースの下にはマットが敷かれているので、ギリギリまで追い込んでも大丈夫。

トレーニング時に嬉しいポイントですね。

以上でトレーニングエリアの紹介をおわります。

広々としたストレッチスペース

クライミングジム RISE ストレッチスペース

RISEには、ストレッチスペースが4面あります。

1面の大きさは、身長178cmの筆者が大の字になっても余裕があるくらい。

ストレッチエリアとして独立しているため、通行などを気にせず、ゆったりストレッチできます。

ストレッチスペースを使うときは靴下が必要です。
簡単ですが、以上でストレッチスペースの紹介をおわります。

ホールドがいっぱい。

(タップで拡大できます)

RISEにはホールドがいっぱいあります。

あまり詳しくないのですが、おそらく新しめなホールドも多く、毎回のセットが楽しみです。

(タップで拡大できます)

アキラ
アキラ

触りたいホールドがあったらRISEへGO!

そのほかの設備

そのほかの設備については、だいたいこんな感じとなっております。

RISEの上階にはドラッグストアが入っているので、ちょっとした買い物も便利です。

以上でクライミングジム「RISE」の設備紹介をおわります。


スポンサーリンク

RISEへのアクセス(戸塚駅東口から徒歩5分)

RISEには戸塚駅東口から5分ほど歩けば着きます。

公式サイトでわかりやすく説明されているので、詳しく知りたい人はそちらをご覧ください。

駐車場

RISEはビルの地下に入ってます。

車で来る場合は、ビルに併設されている立体駐車場(有料)が便利です。

住所

RISEの住所は下記のとおりです。

〒 244 – 0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町479-2 東横ビル上倉田 地下1階

まとめ

本記事は「戸塚RISEの魅力をクライマーに向けて発信する!【クライミングジム紹介】」について書きました。

ホームジムとしてはもちろん、遠征ジムとしてもおすすめなRISEで、あなたも一緒に登りませんか?

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

本記事は2021年2月に書きました。
最新の情報はRISEのWebサイト等でご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました