【東芝 石窯オーブン ER-T60 レビュー】意外とコンパクト!ちょっと良い電子レンジ。

東芝 ER-T60 レビュー アイキャッチ未分類

(普段はアウトドア道具の記事を書いている私ですが、今回は少し毛色を変えて)

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

電子レンジを新調したので、レビューしていきます。

本記事で紹介するのは、「ER-T60」という、東芝が製造/販売しているスチームオーブンレンジです。

以前の電子レンジが10年くらい使えたことを考え、「ちょっと良いモノ」を購入しました。

購入の決め手となったポイントは以下の通り。

  • 扉が手前開き
  • フラットテーブル
  • 温め/解凍が充分にできる
  • そこそこコンパクト
  • そこそこリーズナブル

そんなに凝った料理をしない我が家にとって、ベターな買い物でした。

そんなわけで「【東芝 石窯オーブン ER-T60 レビュー】意外とコンパクト!ちょっと良い電子レンジ。」について書いていきます。

スポンサーリンク

東芝 石窯オーブン ER-T60を購入した理由

ER-T60のレビューを先に読みたい方は、コチラからジャンプしてください。

まず、電子レンジを新調した理由について書いていきます。

実は私、やらかしました。

前の電子レンジを使っているとき、ボヤの一歩手前騒動を起こしてしまったんですよ。

アキラ
アキラ

危なかったです…!

原因は次の通り。

「電子レンジでパスタを茹でるとき、水を入れずに加熱してしまった」

完全に普段の流れ作業から起こるヒューマンエラーでした。

皆様もお気をつけください。

騒動が落ち着いた後の写真がコチラ。

▼ボヤの一歩手前までいった電子レンジ。

火こそ出なかったものの、煙が立ち込め、かなり危ない状態でした。

天面には茶色い煙の跡が残っています。

庫内こないには煙のニオイが染み付き、使い物にならなくなってしまったため、電子レンジを新調せざるを得ませんでした。

新しい電子レンジに求めた要素

やっちゃったモノは仕方ない。

気持ちを入れ替え、新しい電子レンジを探し始めました。

筆者は妻と二人暮らし。

どちらもあまり凝った料理はしないので、電子レンジは温め/解凍ができればOKです。

ただ今回のボヤ一歩手前騒動と、今まで使ってきた電子レンジの気になるポイントを踏まえ、新しい電子レンジには以下のことを求めました。

▼新しい電子レンジに求めた要素

  • 扉が手前開きなこと
  • フラットテーブルであること
  • 温め/解凍が充分にできること
  • そこそこコンパクトであること
  • そこそこリーズナブルであること

以上の要素を満たす電子レンジが、「ER-T60」だったのです。

アキラ
アキラ

ここからは、ER-T60の紹介とレビューをしていきます。

東芝 石窯オーブン ER-T60の紹介とレビュー

東芝 ER-T60 レビュー 外観

ER-T60」は、東芝が製造/販売しているスチームオーブンレンジです。

東芝のオーブンレンジは「石窯ドーム」というシリーズで有名ですが、ER-T60はそれよりもリーズナブルな、石窯オーブンというカテゴリに属します。

大まかな仕様
  • 外形寸法:480(幅)×390(奥行)×325(高さ)
  • 庫内有効寸法:376(幅)×320(奥行)×173(高さ)
  • 質量(本体のみ):約13kg
  • 総庫内容量:約23L

東芝 ER-T60 レビュー サイズ感4

▲ER-T60の庫内はフラットです。

フラットテーブルは良いですね、コンビニの弁当もシッカリ温められます。

ずっとターンテーブル式の電子レンジを使ってきた我が家にとって、嬉しい仕様です。

ヨメ
ヨメ

掃除も楽です!

東芝 ER-T60 レビュー 扉は水平に開く

▲扉は手前側に開きます。

東芝 ER-T60 レビュー 扉が物置になる

▲扉は水平に開くので、加熱した料理の一次置き場にもなって便利です。

(説明書に記載されてない使い方なので、ほどほどに)

東芝 ER-T60 レビュー サイズ感4

▲庫内の寸法は次の通りです。

376(幅)×320(奥行)×173mm(高さ)

▲パスタを茹でるヤツ(これも新調しました…)が、余裕をもって入ります。

東芝 ER-T60 レビュー 水受け

▲全面底部には水受けがついており、メンテナンス性もGood!

東芝 ER-T60 レビュー スイッチ部2

▲メインボタンはこんな感じ。

東芝 ER-T60 レビュー スイッチ部1

▲サブボタンはこんな感じです。

▲自動メニューはこんな風になっています(画像タップで拡大)

自動メニューは68個あり、幅広い料理が楽しめます。

アキラ
アキラ

個人的には脱臭機能が嬉しい!

▲稼働音とブザー音を録画してみました。

稼働音については、我が家が以前使っていた電子レンジ(シャープRE-S20C)よりも静かです。

ブザー音も大きすぎず、気に入っています。

アキラ
アキラ

前の電子レンジはうるさかったんですよ…。

東芝 ER-T60 レビュー グリル付属

▲ER-T60には、鉄板ホーロー製の角皿かくざらが付属してきます。

ヨメ
ヨメ

グリル料理や、パン作りも楽しめます!

▲角皿のサイズは次の通りです。

38.8(幅)×30(奥行)×2.0cm(深さ)

東芝 ER-T60 レビュー グリルをセットしたところ

▲角皿は、こんな感じでER-T60内部に収まります。

▲2段階に高さ調節も可能。

東芝 ER-T60 レビュー 説明書兼レシピ

ER-T60に付属してくる説明書兼料理本には、角皿を使った料理として、以下のようなレシピが紹介されています。

  • ハンバーグ
  • マカロニグラタン
  • 鮭のホイル焼き
  • 鶏のから揚げ
  • ヒレカツ
  • エビフライ
  • 茶碗蒸し
  • パン
  • ピザ
  • クッキー
  • パウンドケーキ
  • ブラウニー

勘違いしていた、温度センサーについて

ER-T60には温度センサーがついています。

が、この機能は火災を探知するためのものではありません。

温度センサーの主な役割は、庫内こないの温度をチェックし、料理を美味しく仕上げることにあります。

(それに付随して「庫内の温度が高いときには、一部の機能がロックされる」という機能も備わっています)

ボヤ一歩手前騒動があったため、勘違いしてました。

「買ってから気付いたこと」として、コチラに記載します。

以上でER-T60のレビューを終わります。

東芝 石窯オーブン ER-T60 レビューまとめ

本記事は「【東芝 石窯オーブン ER-T60 レビュー】意外とコンパクト!ちょっと良い電子レンジ。」について書きました。

  • 電子レンジは温めと解凍ができればOK!
  • …なんだけど、せっかくならちょっといいヤツが欲しい

そんな我が家にとって、ER-T60はベターな選択でした。

意外と小さめなサイズ感は二人暮らしに良く合いますし、フラットテーブルも楽です。

我が家には多機能過ぎるところはありますが、せっかくなので、角皿を用いた料理にもチャレンジしてみようと思います。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

タイトルとURLをコピーしました