【山善 ツインヒートプラス レビュー】体を芯から暖める、ちょっといい電気ストーブ【DBC-J122】

山善 ツインヒートプラス レビュー 外観家電レビュー

どうも、年々寒さに弱くなってるアキラ(@akira_sotoasobi)です。

暖房器具を買う上で気になるのが、暖かいかどうか。

「買ったはいいけどあまり暖かくなかった」なんてことは避けたいところです。

本記事では、ちゃんと暖かい電気ストーブを紹介します。

それが山善の「ツインヒートプラス」です。

山善 ツインヒートプラス 使用シーン

ツインヒートプラスは、即暖性の高いカーボン管と、遠赤外線効果の高いシーズ管を搭載した電気ストーブ。

シーズ管から発せられる遠赤外線は、体を芯から暖めてくれます。

遠赤外線については懐疑的かいぎてきだった筆者ですが、使ってみた結果、その効果を実感しました。

アキラ
アキラ

ポカポカです!

そんなわけで「【山善 ツインヒートプラス レビュー】体を芯から暖める、ちょっといい電気ストーブ【DBC-J122】」について書いていきます。

スポンサーリンク

山善 ツインヒートプラスの外観/機能

山善 ツインヒートプラス レビュー 外観

ツインヒートプラス」は山善が製造/販売している電気ストーブです。

カラーはブラックとホワイトの2種類がラインナップされており、私はブラックを選びました。

選んだ型番

DBC-J122(B)

組み立て方法は、本体と台座をネジで留めるだけ。

妻が組み立てておいてくれたのですが、楽勝だったそうです。

ヨメ
ヨメ

女性でも簡単に組み立てられます。

山善 ツインヒートプラス サイズ感

ストレッチポールと比較すると、これくらいのサイズ感。

山善 ツインヒートプラス横の写真

スリムですっきりしてます。

山善 ツインヒートプラス 背面

背面は以上のとおり。

全体的に出っ張りは少なく、スマートなフォルムです。

寸法/重量

・寸法:幅33×奥行33×高さ68.7cm

・重量:4.1kg

山善 ツインヒートプラス転倒オフスイッチ内蔵

本体には転倒オフスイッチを内蔵。

転倒オフスイッチとは、ツインヒートプラスが倒れたり傾いたときにヒーターの通電を停止する安全装置です。

山善 ツインヒートプラス操作ダイヤル

操作ダイヤルは、

  • 300W(固定/首振り)
  • 900W(固定/首振り)
  • 1200W(固定/首振り)
  • 切×2

の、合計8つ。

これ以外にボタンはなく、操作方法はとてもシンプルです。

コンセントにつなぎ、ダイヤルを回すだけで使えます。

山善 ツインヒートプラス ON

ON

山善 ツインヒートプラス OFF

OFF

ON/OFFランプはこんな感じです。

山善 ツインヒートプラス 首振り角度

首振り角度は70度といったところ。

ゆっくり動きます。

山善 ツインヒートプラス コードの長さは1.8m

電源コードの長さは1.8mです。

山善 ツインヒートプラス 外箱

使わないときは箱に入れて収納してもOK。

その場合、台座を外す必要がありますが、簡単にできるので安心してください。

アキラ
アキラ

蝶ネジを3つ外し、電源コードを抜くだけ!

山善 ツインヒートプラス 外箱サイズ

箱のサイズは以上のとおりですので、参考までにどうぞ。

本項目ではツインヒートプラスの外観/機能について紹介しました。

山善 ツインヒートプラスはカーボン管とシーズ管を搭載

山善 ツインヒートプラス カーボン管とシーズ管

ツインヒートプラス」には1本のカーボン管と2本のシーズ管が搭載されてます。

カーボン管、シーズ管の特徴は以下のとおりです。

  • カーボン管:即暖性が高く、スグ暖かくなる
  • シーズ管:遠赤外線効果に優れ、体を芯から暖める(暖まるまでには少し時間がかかる)

ちなみに、電気ストーブに使われているヒーター管の種類については、上の動画(2分30秒〜)で分かりやすく解説されています。

山善 ツインヒートプラス 300W カーボン管

300W

300Wでは、即暖性の高いカーボン管が起動します。

山善 ツインヒートプラス 900W シーズ管2本

900W

900Wでは、遠赤外線効果に優れたシーズ管が起動します。

山善 ツインヒートプラス 1200W カーボン管とシーズ管が発熱

1200W

1200W(MAX)では、カーボン管とシーズ管の両方が発熱します。

スタートダッシュはカーボン管、持久力はシーズ管という、隙のない布陣です。

筆者は「最初は1200W→シーズ管が暖まったら900W」というように切り替えて使ってます。

山善 ツインヒートプラスの使用レビュー

純粋に暖かいから嬉しい

山善 ツインヒートプラス 使用シーン

ツインヒートプラスは暖かいです。

体を芯から暖めてくれます。

筆者の部屋にはコタツしかなかったので、上半身、特に指先が寒かったのです。

ツインヒートプラスを導入したところ、そういった寒さが解決しました。

アキラ
アキラ

指先が暖まるのが最高!

純粋に暖かい暖房器具は正義ですね。

肌が乾燥しにくい

ツインヒートプラスは離れていても暖かさが伝わります。

ストーブから距離を保てるため、肌が乾燥しにくいです。

リーズナブルな電気ストーブによくある、ジリジリと焼けるような暖かさとはちょっと違います。

スポットで暖かいのが逆に良い

山善 ツインヒートプラス 暗がりで稼働 1200W

私は寒いのが苦手なので、当初は部屋全体が暖まるオイルヒーターを購入しようとしてました。

しかし、決め手となる製品がなく、ある意味”妥協”して電気ストーブを購入したのです。

結果、これが正解でした。

部屋全体が暖かいと、ついウトウトしてしまいます。

スポットで暖めてくれる電気ストーブ(ツインヒートプラス)は、眠くなりにくいので逆に良かったです。

稼働音が静か

ツインヒートプラスは稼働音が静かです。

こちらは1200W(固定)にしたときの稼働音。

こちらは1200W(首振り)にしたときの稼働音。

耳を澄ますと首振り機構の音が少し聞こえますが、個人的には気にならないレベルです。

アキラ
アキラ

とっても静か!

安全装置が充実してたらさらに良かった

暖かさは文句なしのツインヒートプラスですが、電気ストーブなので火事が怖いです。

私はコタツの横で使っているのですが、コタツ布団がツインヒートプラスにかかり、火が出ないか心配になるときがあります。

なので、障害物センサータイマーなどの機能があれば、より安心して使えると感じました。

とはいえ機能が増えれば価格も高くなるため、難しいところですね。

スポンサーリンク

山善 ツインヒートプラスの電気代を試算

公式サイトにツインヒートプラスの電気代目安が載ってました。

1時間あたりの電気代目安

  • 300W:約8円
  • 900W:約24円
  • 1200W:約32円

参考:山善公式サイト(ツインヒートプラス)

1200Wを1日3時間使ったとしたら、ひと月の電気代は約2,880円になる計算です。

ウチは900Wで使うことが多いので、その場合は約2,160円となります。

電気代の参考までにご活用ください。

山善 ツインヒートプラス レビューまとめ

 

本記事は「【山善 ツインヒートプラス レビュー】体を芯から暖める、ちょっといい電気ストーブ【DBC-J122】」について書きました。

ツインヒートプラスは、カーボン管とシーズ管を搭載した電気ストーブです。

シーズ管の遠赤外線効果は確かで、体を芯から暖めてくれます。

アキラ
アキラ

ポカポカです!

電気ストーブの購入を考えている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

タイトルとURLをコピーしました