【ブラックダイヤモンド ATC(無印) レビュー】一周回って逆にアリ!繰り出しスムーズなビレイデバイス。

ブラックダイヤモンド ATC(無印) レビュー アイキャッチビレイデバイス

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

リードクライミングを始めてから、なんだかんだで5年以上経ちました。

これまでずっと1つのビレイデバイスを使ってきたのですが、ロープの繰り出しがやりづらいことに今更気づいたので、新調することに。

で、「ATC(無印)」を購入しました。

使用感としては良好です。

ロープの繰り出しがとてもスムーズにできます。

ただ、初心者さんにおすすめできるかっていうと「う〜ん…」って感じです。

詳しくは記事内で解説しますね。

そんなわけで本記事では、「【ブラックダイヤモンド ATC(無印) レビュー】一周回って逆にアリ!繰り出しスムーズなビレイデバイス。」について書いていきます。


スポンサーリンク

ブラックダイヤモンド ATC(無印)の外観、スペック

ブラックダイヤモンド ATC(無印) レビュー アイキャッチ

ATC」はブラックダイヤモンド社が製造/販売しているバケツ型のビレイデバイスです。

ATCとは”Air Traffic Controller”の略称。

日本語に訳すと”航空管制官”という意味になります。

1992年に発売されて以降、ビレイデバイスの定番として愛され続けている製品です。

価格は2,000円くらいです。(2022年2月現在)

ATCのスペック

・重量:60g
・適合ロープ径:7.7〜11.0mm

ブラックダイヤモンド ATC 穴2つ

ロープを通す穴がふたつ開いており、ビレイだけでなく、懸垂下降も行えます。

懸垂下降ってなにかっていうと、ロープを使った下降技術のこと。

ジムでリードクライミングするだけなら特に気にしなくてOKです。

ブラックダイヤモンド ATC 背面

背面はこんな感じ。

BD ATCとペツル アタッシュをセットで使う

筆者は、ペツルの「アタッシュ」という安全環付きカラビナとセットで使っています。

リードクライミングに必要な道具 HMS型安全感付きカラビナ

追記:カンプ社の「アトムビレイロック」という安全環付きカラビナに変えました。

いまはアトムビレイロックとセットで使っています。

ブラックダイヤモンド ATC ロープとの画像 ロープ径

ATC(無印)が対応しているロープ径は7.7〜11.0mmとなっております。

簡単ですが、以上でATC(無印)の外観/スペック紹介をおわります。

ブラックダイヤモンド ATC(無印)を選んだ理由

ここからは、私が「ATC(無印)」を選んだ理由を書いていきます。

いままで使ってたビレイデバイスがイマイチだった

マムートのビレイデバイス 外観

リードクライミングをはじめてからずっと、マムートのビレイデバイスを使ってきました。

ATCと同じくバケツ型に分類されるビレイ器ですが、より多機能で、マルチピッチというクライミングスタイルにも使える製品です。

マムート ビレイデバイス 溝

ただこれ、V字の溝が深すぎて、ロープを繰り出すときにガッてなりやすいんですよ。

アキラ
アキラ

スタックとまではいかないのですが…。

結果、クライマーに迷惑をかけてしまうという場面が少なからずありました。

ロープ繰り出しを改善したくてATC(無印)を導入したというわけです。

ブラックダイヤモンド ATC(無印)の使用レビュー

ロープの繰り出しが超スムーズ

ブラックダイヤモンド ATC 溝がない

ATC(無印)は、溝のないシンプルな作りをしています。

このためロープの流れがスムーズで、繰り出しを素早く行えます。

何回か使いましたが、いい感じです。

「ロープ繰り出しをスムーズにする」という筆者の願いは、ATC(無印)を導入することで叶えられました。

リーズナブル(2,000円くらい)

そして安いです。

だいたい2,000円くらいで買えます。

アキラ
アキラ

導入のハードルが低くて助かります!

※公式サイトにおける2022年現在の価格です。

V字溝がないので制動時には注意

摩擦を増すための溝がないので、制動時には注意が必要です。

クライマーの墜落を止めたり、ロワーダウンさせるときは、より確実な制動が求められます。

ロワーダウンとは

ロープにテンションを張り、ロープを徐々に繰り出すことでクライマーを降下させる技術です。


スポンサーリンク

初心者さんには制動力の高いATC-XPがおすすめ

初心者さんにはATC(無印)よりも制動力の高い「ATC-XP」をおすすめします。

V字溝が掘ってあるので、ロープを止めやすいです。

上下逆さまにすることで、ハイフリクションモードとローフリクションモードを切り替えられるのもポイントとなっています。

ATC
ATC-XP
価格(税込)2,000円くらい2,300円くらい
重量60g64g
適合ロープ径7.7mm-11mm7.7mm-11mm
備考フリクションモードを
切り替えられる

比較表はこんな感じ。

筆者がなぜATC-XPを選ばなかったかというと、差額の300円をケチりたかったからです。

ただ今となっては、「ATC-XPもアリだったな」と、少し後悔しています。

追記:ペツルのルベルソというビレイデバイスもおすすめ

ペツル ルベルソ 5 外観

ATC(無印)を購入したあと、ペツル社の「ルベルソ」というビレイデバイスを購入しました。

多機能で、マルチピッチというクライミングスタイルにも使えます。

「将来的にいろいろなクライミングにチャレンジしてみたい」という方はルベルソのほうがおすすめです。


スポンサーリンク

ブラックダイヤモンド ATC(無印) レビューまとめ

本記事は「【ブラックダイヤモンド ATC(無印) レビュー】一周回って逆にアリ!繰り出しスムーズなビレイデバイス。」について書きました。

ATC(無印)は、「ロープをスムーズに繰り出したい」という人におすすめのビレイデバイスです。

リードクライミング初心者さんには、”V字溝”があるATC-XP、もしくはルベルソがおすすめです。

あわせてチェックしてみてくださいね。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【ペツル ルベルソ レビュー】ビレイデバイスの完成形!これ買っときゃ間違いない。
本記事ではペツル社が製造/販売しているビレイデバイス、「ルベルソ」の紹介とレビューをしています。ロープの繰り出しがスムーズで、軽く、多機能。使ってみたところ、リードクライミング初心者さんから経験者まで、広くおすすめできるビレイデバイスでした。詳しくは記事内で解説しますね。
【ペツル アタッシュ レビュー】手にフィットする持ち心地。軽いことも良いことだ。
本記事ではペツルが販売しているHMS型(洋梨型)安全環付きカラビナ、「アタッシュ」の紹介とレビューをしてます。手にフィットする絶妙なサイズ感を気に入っており、今はビレイデバイスとセットで使っています。本記事は「ロープを使うクライミングをやりたい/やっている人」にオススメです。
【カンプ アトムビレイロック レビュー】ほぼ完璧!97点なビレイ用安全環付きカラビナ
カンプ社から「個人的にはほぼ完璧!点数をつけるとしたら97点!」な安全環付きカラビナが発売されました。それが「アトムビレイロック」です。なめらかなノーズ、セーフティマーク、反転防止機構、サイズ感、デザイン、どれを取ってもほぼ完璧です。この記事では、「アトムビレイロック」の良いところ、イマイチなところを正直にレビューしていきます。
タイトルとURLをコピーしました