湯河原幕岩クライミングレポート|アプローチや周辺情報も掲載

湯河原幕岩 サムネイル岩場レポート

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

本記事では、湯河原幕岩でのクライミングレポートを書いていきます。

  • 湯河原幕岩の特徴や雰囲気を知りたい
  • 湯河原幕岩のアプローチが知りたい
  • 湯河原幕岩の周辺施設が知りたい

この記事は以上の方にオススメです

本記事は2019年12月上旬時点の情報を元に書きました。

アクセス問題や岩場利用上の注意点などについては、日本フリークライミング協会(JFA)のWebページで随時発信されているので、チェックしてから岩場に行くことを推奨します。

スポンサーリンク

湯河原幕岩クライミングレポート

2019年12月上旬、神奈川県 湯河原町にある湯河原幕岩に連れて行ってもらいました。

湯河原幕岩の岩質は安山岩。

私にとって始めての岩質でしたが「花崗岩ほど荒くないが、痛いホールドは痛い」という印象を受けました。

湯河原幕岩は、

  • ルートクライミング
  • ボルダリング

の両方をすることができ、日当たりがよく温かい岩場です。

今回はルートクライミングを楽しみました!

スラブ/垂壁がメインと聞いたので、クライミングシューズはソールが硬めの「スポルティバ ミウラ」をチョイス。

ミウラで正解でした。次回もミウラでいこうと思います。

【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩安定の名作クライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「ミウラ」のレビューをしています。ミウラは、強傾斜やボテ乗りは少し苦手かもしれませんが、それを補って余りあるエッジング&ヒールフック性能を有しています。本記事は「外岩/マルチピッチ/クラック/アルパイン用のシューズを探している」「ミウラが気になってる人」にオススメです。

防寒着はしっかりとしたモノを持参しましたが、太陽が出て温かかったため、もう少しスペックを落としても良かったです。

持参した主な防寒着

トポについて

▼湯河原幕岩のルートクライミングトポは「日本100岩場 2 関東 増補改訂版」に掲載されています。

▼湯河原幕岩(ボルダリング)のトポは「日本ボルダリングエリア上」に掲載されています。

※桜岩の課題の補足事項をまとめた個人ブログを見つけたので、こちらでシェアさせて頂きます。

アクセスやアプローチについて

湯河原幕岩 駐車場 幕山公園

湯河原幕岩に行く場合、まず幕山公園を目指します。

私達は車で行き、駐車は幕山公園にいくつかある駐車場をお借りしました。

駐車についてはCLIMBING-netから注意事項が発信されていますので、引用させて頂きます。

2月上旬~3月上旬の「梅の宴」の期間は幕山公園の駐車場が有料となる。その期間に岩場を利用される場合は、以下の点に注意。

・入場料200円、駐車場代500円を払う
(料金支払時間帯の前に入り、午後5時以降に山を下りて、料金を支払わないクライマーが問題になったこともある)
・クライマーは車を第3駐車場より下に置くこと
(混み合う第1、第2駐車場に一日中停められてしまうと、町収入源である駐車場回転率が落ちるため)
・駐車区画線に沿って駐車すること
・第3駐車場を利用する場合には、大型バスレーンには絶対に駐車しないこと

引用元:CLIMBING-net「湯河原幕岩ページ」

湯河原幕岩 トイレ

湯河原幕岩 自動販売機

幕山公園にはトイレ自動販売機がありました。

私達が遊んだクライミングエリア(茅ヶ崎ロック)からも近いため(徒歩20分ほど)、とても使い勝手が良かったです。

お昼休憩時にはトイレに行くために一旦下山できるほど、茅ヶ崎ロックエリアから近いです。

アプローチ道は上の写真のような感じです。

整備されている&よく踏まれており、歩きやすかったです。

が、エリアチェンジのために通るような道の中には、落ちたら危険なところもあったのでご注意を。

また時期によっては草がボーボーなときもあるそうなので、訪れるタイミングはよく検討することをオススメします。

上下に分かれているようなエリアもあるため、

  • 上部エリアへ行く際の滑落
  • 上部エリアからの落石

などにも注意が必要です。

クライミングレポート

私は神奈川在住なのですが、湯河原幕岩に行くのは初めてでした。

「日当たりがよく、広い」という話の通り、温かく、山すべてがクライミングエリアかと思うほどたくさんのルートがある岩場でした。

私達は茅ヶ崎ロックエリアで過ごすことに。

茅ヶ崎ロックエリアは

  • 取り付きが平ら
  • スケール感が手頃

という理由から人気のエリアのようです。

正面壁エリア(茅ヶ崎ロックとは別のエリア)はいろいろとハードらしいので、慣れてない人はご注意ください。

易しいアプローチをこなし、茅ヶ崎ロックエリアへ到着。

アップとしてダークヘラー(5.9)を登ることに。

ダークヘラーは2ピンの位置が高く、2ピン間近で落ちたらグラウンド必死です。

「アップにしてはシビれるなぁ」みたいな話をしながら、みんなでアップしました。

湯河原幕岩 ゼルダ①

湯河原幕岩 ゼルダ②

その後、私は”お買い得”と言われるゼルダ(5.11a)を終日の目標としてトライすることに。

一手二手のムーブがこなせればOKなのですが、この日はダメでした。

▼ゼルダ(5.11a)所感

核心部の支点が腰の位置にあるため、落下の恐怖をそこまで感じなかったです。

「落ちるかもしれない一手」がなかなか出せない私にとって、とても良いトレーニングにもなりました。

事実、バンバン落ちるクライミングができました。

次は登ります!

この日は外岩リードが初めての仲間もいたのですが、楽しい一日となったようなので良かったです。

仲間の初外岩リードのお祝いとして、帰りに海鮮丼を食べにいきました。

お祝いと称して美味しいものを食べるスタンスです。

訪れたのは「田舎鮨本陣」というお店。

国道134号の「小和田浜公園東側」から少し入ったところにあり、横浜方面へ戻る際の立ち寄りにも適しています。

私は「赤身の鉄火丼」を注文。赤身がとても分厚く、美味しかったです!

おわりに

そんなこんなで「湯河原幕岩のクライミングレポート|アプローチや周辺情報も掲載」を終わります。

  • 日当たりの良い土地
  • いい位置にあるトイレ
  • 易しいアプローチ
  • 350本以上のルート
  • 低グレードも豊富
  • ボルダリングも楽しめる

湯河原幕岩もまた、クライミング天国でした。

次回訪れるときはゼルダ(5.11a)をキッチリやっつけたいです!

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

▼トポはアマゾンで少し立ち読みできます。

本記事は2019年12月上旬時点の情報を元に書きました。

アクセス問題や岩場利用上の注意点などについては、日本フリークライミング協会(JFA)のWebページで随時発信されているので、チェックしてから岩場に行くことを推奨します。


【スポルティバ ミウラ レビュー】外岩安定の名作クライミングシューズ
本記事ではスポルティバが販売しているクライミングシューズ「ミウラ」のレビューをしています。ミウラは、強傾斜やボテ乗りは少し苦手かもしれませんが、それを補って余りあるエッジング&ヒールフック性能を有しています。本記事は「外岩/マルチピッチ/クラック/アルパイン用のシューズを探している」「ミウラが気になってる人」にオススメです。
【ナンガ 焚き火 ダウンジャケット レビュー】納得の質感と耐久性を持つ国内メーカーのダウンジャケット
本記事ではナンガ 焚き火ダウンジャケットの紹介とレビューをしています。シックな質感と耐久性を兼ね揃えたダウンジャケットです。私は購入してから3年になりますが、全然ヘタっておらず、まだまだ着続けられます。本記事はダウンジャケットをお探しの方、焚き火ダウンジャケットが気になっている方、必見です。
タイトルとURLをコピーしました