トレッキングポールのグリップを延長する改造

お役立ち-登山

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

この記事では「トレッキングポールのグリップを延長する改造」についてご紹介します。

高価なトレッキングポールはグリップの持ち替で長さ調節ができるよう、長いグリップがついています。

「長いグリップ、いいなぁ〜」と思っていたある日、思いついた改造方法です。

やり方も簡単ですし、値段も1000円以下で済みました。

記事内で解説していきますね。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 新しいトレッキングポールの購入を考えている人
  • 登山のアイディアを探している人
スポンサーリンク

完成形

ポール部にテニスラケットに使うグリップテープを貼りました。

最初に完成形からご紹介します。

とても簡単です。

グリップを延長したいところにテニス用グリップテープを貼る

以上で終わりです。

改造のしかた

  1. グリップテープの説明書にしたがってポールにテープを巻きます。
  2. 巻き終えたら「エンドテープ」で端を固定します。

簡単ですよ

ちょっとしたポイント

グリップテープは”テニス用”がオススメ!

グリップテープには”野球用”もありますが、テニス用の方がテープ幅が細く、しっかり巻きつけることができます。

グリップテープはテニス用がオススメです。

エンドテープが付属しているか確認

指で指しているのがエンドテープです。

グリップテープを購入するときは「エンドテープ」が付属しているか確認しましょう。

エンドテープがないと、グリップテープを固定することができません。

エンドテープ別売りの商品もあるので注意です

スポンサーリンク

ポール延長改造をしようと思った理由

登山でトレッキングポールを使っていて高い段差を上るときに、トレッキングポールを短く持つシーンがよくありました。

僕が使っているトレッキングポールはグリップが短いので、高い段差を上がるときはポール部分を持って長さ調節する必要がありました。

汗をかいているとポールが滑りそうで怖かったため、グリップ延長改造にいたった訳です。

ちょっと小話:他にもいろいろ改造しました

最初についていたハンドループを切ってしまいました。

ハンドループを切ったことを後悔したので、自分でつけ直しました。

細部はこんな感じ。

今回紹介したトレッキングポールは、他にもいろいろ手を加えています。

購入したときはハンドループがついていたのですが「軽量化」のために切ってしまいました

ハンドループを切ったのは失敗でした…

ハンドループを切るとポールを手にぶら下げられなくなり、とても使い勝手が悪くなってしまいました。

使い勝手をもとに戻すため「自分でハンドループをつけ直す」という改造も行っています。

このとき細引きのストックを活用できたので良かったです。

みなさん、軽量化を求めるあまり使い勝手が悪くならないようご注意ください。

おわりに

以上で「トレッキングポールのグリップを延長する改造」の紹介を終わります。

僕はテント泊縦走登山のときにトレッキングポールを持っていきます。

長い時間使うので使い勝手がよくなるといいですよね。

今回紹介した改造はやり方も簡単なので、気になった人は試してみてはいかがでしょうか?

この記事があなたの役に立ったのなら幸いです。

それではアマゾンでオススメのグリップテープ

トレッキングポール1本につき、小分けのグリップテープ1セットを使うのが無難です。

タイトルとURLをコピーしました