【5つ紹介】私が登山で遭遇した他の人のトラブルシーン【大から小まで】

お役立ち-登山
「登山って危ない面もあるよね…。道迷いや滑落、クマなどの大まかな危険は知ってるけど、他にはどんな危険があるのかな?実際に登山で起こったトラブルと、そのときどうしたかを知りたいです!」

こんな疑問にお答えします。

私が登山で遭遇した他の人のトラブルシーン
  1. バーナーの点火装置が作動しない
    – ライターをお貸しして解決
  2. 登山靴のソールが剥がれてしまった
    – 下山まで1時間だったので、そのまま下山
  3. トレッキングポールに顔をぶつけ、血が出てしまった
    – 飲料水で拭い応急処置
  4. 高山病にかかり、吐いてしまう
    – 山小屋の方が介抱
  5. 落石を受けてしまう(無事でした)
    – 山岳ガイドさんと居合わせたお医者さんが対応

この記事を書いている私(@akira_sotoasobi)は登山歴5年ほどの愛好家。

これまで日帰り登山から一人でのテント泊、アルパインクライミングと、様々な登山をやってきました。

登山を続けていると、たまに他の登山者が困っている場面に出くわしたりします。

実際、私も何度かそういう場面に遭遇したとこも…。

だいたいは小さなトラブルで、すぐ解決できましたが、1度だけ大きなトラブルシーンもありました。

そんな経験を本記事にまとめます。

本記事は私が遭遇した他の人のエピソードです。

発信することを迷いましたが、「登山愛好家全員がもっと安全/便利に登山ができたら」と思い、書くことにしました。

その点だけご承知おきください。

スポンサーリンク

バーナーの点火装置が作動しない

2016年7月、北アルプスの燕山荘テント場で過ごしていたとき、バーナーの火が点かず、困っている人がいました。

燕山荘の標高は2712m。

標高の高い場所だとバーナーの点火装置では火がつかない場合があります。

ちなみに

私が使っているバーナーも標高が高い場所だと点火装置が正しく作動しません。全ての登山用バーナーは高所だと点火装置が機能しないと考えたほうが無難です。

【プリムス P-153】登山調理器具として王道を行くバーナー
いろいろなバーナーはありますが、P-153はバランスがとれた良いアイテムです。登山以外でもキャンプ/車中泊と、どんな用途にも対応してくれます。

ライターをお貸しして解決

私はバーナーの点火装置が使えないときのために、フリント式(発火石式)のライターもバーナーとセットで持っています。

私のライターお貸しすることでその方の問題は解決しました。

「どこから来たんですか?」「どちらまで行くんですか?」

と会話も生まれ、北アルプス登山の一つの思い出にもなりました。

登山靴のソールが剥がれてしまった

会社の同僚と日帰りで山に登っていたとき、同僚の登山靴のソールが剥がれてしまう、というトラブルがありました。

同僚はその登山靴を長い期間履いており「そろそろ換えどきかな?」という思っていたそうです。

ソールと登山靴は完全には分離せず、かかと側の半分だけ剥がれた状態でした。

下山まで1時間だったので、そのまま下山

そのときはあと1時間ほどで下山するような状況だったため、そのまま歩き続けました。

もし登山開始直後、またはテント泊登山の途中にソールが剥がれたら、ひとまず細引きやダクトテープで登山靴の応急修理すると思います。

「ソールが剥がれた」なんてときのために、私はファーストエイドキットの中に、細引きとダクトテープを入れてます。

トレッキングポールに顔をぶつけ、血が出てしまった

前方から歩いてきている方がバランスを崩し、その方が使っていたトレッキングポールに顔をぶつけ、出血してしまうというトラブルにも遭遇したことがあります。

幸い血はそんなに出ていませんでしたが、手当は必要です。

飲料水で拭い応急処置

飲料水で濡らしたタオルで傷口を拭い、そのタオルで傷口を抑えることで応急処置としました。

ケガをされた方はお仲間と登っており、すぐ近くに山小屋もあったため、応急処置後の対応はお仲間にまかせて別れました。

ちょっと切れたくらいだったので、大事にならなくて良かったです。

この時は「傷口を洗うのにも使える”水”を持っていて正解だったな」と感じました。

スポンサーリンク

高山病にかかり、吐いてしまう

夏の富士登山にツアーで参加しているときでした。

宿泊した山小屋の玄関先で、なにやら気分が悪そうな女性が…。

その山小屋は8合目にあり、標高は3000mを超えています。

高山病の恐れもある高さです。

山小屋の方が介抱

女性の調子が悪そうな様子を察知したのか、山小屋のスタッフさんがビニール袋を持って駆けつけてきました。

女性はスタッフさんと一緒に玄関を出ていったので「そのあとどうなったか?」は実はわかりませんが、無事スッキリしたのでしょう。

驚いたのは山小屋スタッフさんの対応のスムーズさ

調子の悪い人を何人も介抱してきたことが伺える、迅速な対応でした。

「富士山を登るときは最悪、吐く」と頭の片隅に覚えておけば、いざというときでも落ち着いて対応できるかと思います。

落石を受けてしまう(無事でした)

富士登山では落石を受けてしまった人にも遭遇しました。

その方は私とは違うツアー登山に参加していた方です。

我々が山頂に向かって歩いてる途中に、そのツアー登山団体はいました。

山岳ガイドさんと居合わせたお医者さんが対応

状況はよく見えなかったのですが、その方は頭に落石を受けてしまい、かなり危ない状況だったようです。

そのときはツアーを率いていた山岳ガイドさんと、たまたま居合わせたお医者さんが治療に当たっていました。

「救助要請も完了したし、これ以上できることはない」との判断から、我々の団体は現場を離れ、元の行程に戻りました。

後日ニュースを確認すると「被災された方は命を取り留めた」とのこと。よかったです…。

以上のことは、私が山で死をもっとも身近に感じた経験でもありました。

私はこのことがトラウマで、落石の恐れのあるコースや山域、特に富士山ではヘルメットを被るようにしています。

荷物になるしカッコ悪いかもしれませんが、安全には変えられません。

この記事を読んでくれているあなたにも、山の危険箇所ではヘルメット着用をオススメします。

アマゾン「登山 ヘルメット」検索結果

スポンサーリンク

私が登山で遭遇した他の人のトラブルシーン まとめ

本記事は「【5つ紹介】私が登山で遭遇した他の人のトラブルシーン【大から小まで】」について書きました。

私が登山で遭遇した他の人のトラブルシーン
  1. バーナーの点火装置が作動しない
    – ライターをお貸しして解決
  2. 登山靴のソールが剥がれてしまった
    – 下山まで1時間だったので、そのまま下山
  3. トレッキングポールに顔をぶつけ、血が出てしまった
    – 飲料水で拭い応急処置
  4. 高山病にかかり、吐いてしまう
    – 山小屋の方が介抱
  5. 落石を受けてしまう(無事でした)
    – 山岳ガイドさんと居合わせたお医者さんが対応

小さいものから大きなトラブルまで5つ紹介しました。

この記事を見てくれた方がもっと安全/便利に登山が楽しめるようなることを願っています。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。

【実体験】私の登山での失敗談を7個まとめました
登山での失敗について、リアルな体験談をお探しですか?本記事では私自身が実際に経験した登山での失敗談を7つ記載しています。小さい失敗からかなり危ない失敗まで様々です。リアルなエピソードとして登山をやっている方の備えとなれば幸いです。
【自作】登山に持っていくファーストエイドキットの中身紹介
登山のエマージェンシーキット/ファーストエイドキットの中身をどうしようかお困りではないですか?本記事では私が登山で携行しているファーストエイドキットの中身を紹介しています。今の装備に至った過程や課題も書いています。本記事は登山の非常時用装備にお悩みの方/新たなアイディアを探している方にオススメです。
タイトルとURLをコピーしました