【登山/キャンプ】シュラフ選びの時に役に立つ2つのアイディア

お役立ち-CAMP

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

キャンプや登山で使う寝袋選びにお困りではないですか?

  • 「最初は3シーズンのものがオススメ」と言うけど、どうしよう?
  • 対応温度はどれくらいがいいのかなぁ?

といったお悩みがあるかと思います。

特に最初の1枚目だと、冬も使えるようにちょっと暖かいものを購入した結果、夏のキャンプでは暑すぎた、といったことも出てきてしまうかもしれません。

この記事では寝袋選びの助けとなるようなアイディアを2つご紹介します。

この記事はこんな人にオススメ!
  • 最初のシュラフ選びに困っている人
  • 2枚目のシュラフを選んでいる人
【ナンガ オーロラ 450STD 3年使用レビュー】ガシガシ使える3シーズン用ダウンシュラフ
本記事ではナンガが製作したダウンシュラフ、「オーロラ 450STD」の紹介とレビューをしています。オーロラ 450STD最大の魅力は、水に強いオーロラテックスが使われているところ。少し濡れるくらいならへっちゃらです。生地感もしっかりしており、ガシガシ使える点もGood。詳しくは記事内にて写真多めで解説します。
スポンサーリンク

【アイディア①】防寒着を持っていくことを考慮する

キャンプや登山には防寒着を持っていきますよね?

寝袋の対応温度を考えるとき、防寒着も持っていることも踏まえて考えてみてください。

「防寒着なしで寝られるくらいの寝袋を選んで、寒かったら着ればいいや」

「この寝袋はちょっと寒すぎたけど、今度から防寒着を2着持っていけばいいや」

と考えれば気が楽になりませんか?

寝袋の対応温度を防寒着で調節するというのもシュラフのチョイスに役立つ一つの方法です。

【アイディア②】シュラフを2枚重ねて対応温度を広げる

▲2枚重ねてます。

次にご紹介するのは、2枚のシュラフを重ねることで対応温度を広げるというアイディアです。

夏場は夏用のシュラフを1枚で使い、寒いシーズンは2枚重ねて使います。

2枚重ねの良いところ
  • パッキングしやすくなる

大きいもの1枚よりも小さいもの2枚の方がパッキングしやすいです。

  • 初期費用は抑えられる

低い温度に対応する製品は値段も高くなってきますが、それに比べて暖かい時期用のものはリーズナブルです。

2枚重ねのいまいちなところ
  • 費用がかかる

最終的に2枚寝袋が必要となったときは、同スペックのもの1枚よりも費用がかかります。

  • 対応温度の計算ができなくなる

寝袋を2枚重ねているため、メーカーの対応温度が参考にできなくなります。

(1枚よりは暖かくなりますが、具体的に何度まで対応できるか、というのは分からなくなります)

  • 1枚だけに比べて使用感は悪くなる

2枚使うと、どうしても多少窮屈になったり、ジッパーを2つ操作したりと操作感が悪くなってしまいます。

おわりに

▲ウチの寝袋たち。3シーズン用なので大きいです。

ウチは妻もキャンプをやるので、3シーズン用の化繊とダウンのシュラフがあります。

ダウンシュラフは登山用として購入したものです。

今となっては用途を夏に限定し、もう少し軽く小さいダウンシュラフと防寒着を組み合わせるスタイルが良かったかなと思っています。

そのあたりは実際にフィールドで使ってみて、自分の寒さ耐性を知らないと分からないことなので難しいですね。

今回ご紹介したアイディアはアウトドアを始めたい方/ステップアップしていきたい方にオススメです。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【ナンガ オーロラ 450STD 3年使用レビュー】ガシガシ使える3シーズン用ダウンシュラフ
本記事ではナンガが製作したダウンシュラフ、「オーロラ 450STD」の紹介とレビューをしています。オーロラ 450STD最大の魅力は、水に強いオーロラテックスが使われているところ。少し濡れるくらいならへっちゃらです。生地感もしっかりしており、ガシガシ使える点もGood。詳しくは記事内にて写真多めで解説します。
タイトルとURLをコピーしました