【Anker PowerWave 10 Pad レビュー】睡眠時の充電ならこれで充分!なワイヤレスチャージャー

【Anker】PowerWave 10 Pad 外観雑記

どうも、アキラ(@akira_sotoasobi)です。

初めてワイヤレス充電パッドを買いました。

それがとても良かったので紹介します。

これのおかげで「寝るときにスマホを充電ケーブルにつなぐ」というプチストレスから開放されました。

本記事の内容
  • Anker PowerWave 10 Padの外観
  • Anker PowerWave 10 Padのスペックなど
  • Anker PowerWave 10 Padの付属品一覧
    – 【注意】USB充電器(ACアダプター)は付いていません
  • 睡眠時の充電ならこれで充分だった!
  • Anker PowerWave 10 Pad レビューまとめ

PowerWave 10 Padはスマホ/タブレット関連製品の開発/販売会社、「Anker」が販売しているワイヤレス充電器です。

いろいろと紹介したい箇所はありますが、1番のオススメポイントは睡眠時の充電ならこれで充分なところ。

  • 充電時のLED発光が控えめで眩しくない
  • ケースをつけたまま充電できた
  • 充電速度は遅いが許容範囲

Anker PowerWave 10 Padには、主に以上のような特徴があります。

iPhoneXsを0%からマックスまで充電するのには5時間ほどかかる計算ですが、私は寝るときに充電するだけなので充分でした。

アキラ
アキラ

Qi認証も取得しており、安心して使えますよ

そんなわけで「【Anker PowerWave 10 Pad レビュー】睡眠時の充電ならこれで充分!なワイヤレスチャージャー」について書いていきます。

スポンサーリンク

Anker PowerWave 10 Padの外観

PowerWave 10 Padはスマホ/タブレット関連製品の開発/販売会社、「Anker」が販売しているワイヤレス充電器です。

  • 薄さ:約0.7cm
  • 直径:約10cm
  • 本体の重さ:約66g

サイズと重さは上記の通りです。

コンパクトで軽く、携行性も高いですね。

ケーブルを接続する端子にはマイクロUSBが使われています。

接続端子の種類については以下のサイトでわかりやすく説明されてます。

「USB」の違いってなに? Type-C、micro USB、USB3.0など各ケーブルと対応機種は…

Anker PowerWave 10 Padの両面には滑り止めとして、ゴムパッドが貼られています。

アキラ
アキラ

ゴムパッドはちょっとホコリが付きやすいかな?

アキラ
アキラ

iPhoneXsを10°傾けても滑り落ちませんでした

あくまで滑り止めなので、角度のあるところでの使用には適していません。

充電が開始されると、青色のLEDが点灯します。

このLED点灯が控えめでいいです、寝室で充電しても眩しくありません

LEDの点灯には全部で4種類のバリエーションがあります。

LEDインジゲーター
  • 青色に3秒間点灯後に消灯
  • 青色に点灯
  • 青色に点滅
  • 緑色に点滅
意味
  • 電源に接続
  • モバイル機器の充電中
  • 金属製の物体が検出された
  • 互換性のないACアダプター、またはケーブルが接続されている

Anker PowerWave 10 Padのスペックなど

対応機種

10W出力急速充電(QC 2.0 / 3.0対応充電器使用の場合) – Samsung Galaxy S10 / S10+ / S9 / S9+ / S8 / S8+ – Samsung Note 9 / Note 8 5W出力(5V / 2A充電器使用の場合) – iPhone XS / iPhone XS Max / iPhone XR / iPhone X / iPhone 8 / 8 Plus – LG G7 / G7+ / V30+ / V30 / V35 – Sony XZ2 / XZ2 Premium – Pixel 3 / 3 XL

引用元:Anker公式サイト「Anker PowerWave 10 Pad 製品ページ

対応機種については上記の通りです。

私はiPhoneXsを、妻はiPhone11を使っているのですが、どちらも問題なく充電できました。

スマホケースをつけたままでも充電できた

Anker PowerWave 10 Padは一般的なスマホケースなら、ケースをつけたまま充電できます。

Anker PowerWave 10 Padは、ほとんどのスマホケースをつけたままでスマートフォンを充電することが可能です(※5mm以上の厚みがあるケースや金属製や磁気を帯びたケースおよびクレジットカードは、充電前に取り外してください)。

引用元:Anker公式サイト「Anker PowerWave 10 Pad 製品ページ

「私が使ってるケースがダメだったらどうしよう」と心配でしたが、問題ありませんでした。

アキラ
アキラ

ケースが分厚かったり、金属製だと充電できない場合があります

Anker PowerWave 10 Padの充電速度を測ってみた

Anker PowerWave 10 Padは充電器なので、充電速度が気になるところ。

正直、ワイヤレス充電は有線充電よりも時間がかかります。

検証した結果、

電池残量が55%のiPhoneXsをフル充電するまでに2時間13分かかりました。

▲充電が55%の状態から計測を開始。

▲フル充電(100%)になるまで2時間13分かかりました。

以上のことから、iPhoneXsを充電0%からフル充電するには、5時間くらいの時間がかかることがわかりました。

アキラ
アキラ

寝るときに充電したい私には充分なスピードです

Anker PowerWave 10 Padの付属品一覧

  • ワイヤレスチャージャー
  • USB-A⇔マイクロUSBケーブル(0.9m)
  • イラスト説明書2種
  • 仕様書
  • サポートデスクへの連絡先

Anker PowerWave 10 Padの付属品は以上の通り。

付属するケーブルが短め(0.9m)なのがちょっと気になるポイントです。

使用する環境によっては、長いケーブルを別で用意する必要があります。

【注意】USB充電器(ACアダプター)は付いていません

Anker PowerWave 10 PadにはUSB充電器(ACアダプター)が付いていません。

使用する際はUSB充電器を別途用意する必要があります。

私はiPhoneXsに付いていたUSB充電器をAnker PowerWave 10 Padに付属していたマイクロUSBケーブルと一緒に使ってます。

スポンサーリンク

睡眠時の充電ならこれで充分だった!

暗闇で充電中の様子。小さい青色の光が出ています。

Anker PowerWave 10 Padを購入するまで、私は有線でスマホの充電をしていました。

居間なら有線で充分ですが、「寝室でケーブルを繋ぐのは面倒」とずっと感じていまして…。

  • 寝る前に充電ケーブルを繋ぐ
  • 起きたら充電ケーブルを外す

以上の2手間がプチストレスでした。

ケーブルを繋がないまま寝落ちしたらスマホは充電されていませんし、ケーブルが繋がっていると寝ながらスマホを見るのにも邪魔になります。

私はガジェットがよく分からなくて、「急速充電器」や「ワット数」って言われてもチンプンカンプンなのですが、Anker PowerWave 10 Padいろいろ考えず接続するだけで使えるようになったのも良かったです。

充電にかかる時間も、寝るときに充電するだけなら気になりません。

アキラ
アキラ

LED発光も控えめで、寝てるときに眩しくないです

こうして私のワイヤレス充電器デビューは、Anker PowerWave 10 Padで無事完了したのでした(笑)

Anker PowerWave 10 Pad レビューまとめ

本記事は「【Anker PowerWave 10 Pad レビュー】睡眠時の充電ならこれで充分!なワイヤレスチャージャー」について書きました。

本記事の要点まとめ

Anker PowerWave 10 Padは…

  • 充電時のLED発光が控えめで眩しくない
  • ケースをつけたまま充電できた
  • 充電速度は遅い
  • USB充電器(ACアダプター)は付属しないので注意

Anker PowerWave 10 Padは軽くて薄く、コンパクトなので、旅先に持っていくのもアリですね。

以上、アキラ(@akira_sotoasobi)でした。


【ROOT CO. GRAVITY Shock Resist Case Pro. レビュー】タフなのに意外と薄いiPhoneケース
本記事ではROOT CO.(ルート)が販売しているiPhoneケース「GRAVITY Shock Resist Case Pro. 」の紹介とレビューをしています。ゴリッとした男ゴコロをくすぐるルックスと、携行性に優れる薄さが魅力的なiPhoneケースです。カラビナループとストラップホールもあり、何かとぶら下げたいアウトドアに重宝します。

タイトルとURLをコピーしました